1. TOP
  2. ビジネスノウハウ
  3. せどりと転売の違い

せどりと転売の違い

ビジネスノウハウ 国内物販
この記事は約 6 分で読めます。 919 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする

突然ですがネットビジネスで利益を上げている人は

たくさんいます。

ならば自分も!という方こそ今この記事を読まれている

のではないかと思いますが、

今回は

“せどりと転売の違い”

について考えてみます。

せどりとは何か?

せどりとは、古書業界における業者間の「競り(せり)」

からきた言葉で、漢字では「競取り」と書きます。

古書店で安く売られている本を買って

別の古書店に高く売り、“利ざや”を稼ぐ行為、

またはそれをする人のことを呼びます。

いわゆる転売との違いを表現するのは、

少々難しい部分があるかもしれませんね。

すご〜く簡単にまとめると

 

せどり

安く仕入れて、高く売り利益を得る

(※商品は古本に限らない)

 

転売

希少価値があるものまたは売れ筋の商品を買い占め、

必要な人に高額で売り捌いて利益を得る。

 

このように言い表せそうです。

せどりの場合、売る側にも在庫が減るなどの

メリットがあるため、必ずしも悪い商売と言い切れません。

むしろ場合によっては「ありがたい」

と感謝される側面もあるでしょう。

一方の転売は、組織ぐるみで商品を買い占め、

違法に商売している場合もあります。

そのため“転売=悪”というイメージが

あるのではないでしょうか。

ちなみに、チケットを転売目的で買うのは

違法とされていますw

しかしながら私が伝えているAmazonを使った

国内物販(転売)ではインターネット(Amazon)を介して、

その商品を適正な価格で買いたいと思う購入者に対して、

私達が商品を安く探してきて

その人たちに対して(利益が取れる形で)

Amazonで販売するというものですから、

お客様は場所、時間を問わず注文して

翌日までに求めていた商品を受取れるわけですから、

何ら悪のイメージはありませんね。

むしろ評価と言うかたちで感謝される

せどりに近い転売ということになりますね。

Amazonを使った物販に関しては

せどり≒転売

と言っていいかかもしれませんね。

 

“儲かる”感覚は人それぞれ


初めに考えておきたいのは、

“利益を上げるレベル”をどこに設定しているかです。

副業として5~10万円稼ぎたいのか、

それとも、本業として生きていくために

数十万から100万単位で稼ぎたいのか……。

まずは自分がどのようなレベルの

利益を出したいのか考え、

目標へ向けて実際に行動していきましょう。

 

副業としての“せどり”

 

副業として成功させるには、

何を売るのかをある程度ターゲットを

絞った方がいいかもしれません。

あれもこれもとなると限られた時間で

成果を上げる必要がある副業では、

なにも手につかず結果にならないパターンがほとんどです。

例えば私も副業としてAmazonで物販(転売、せどり)を

始めた身なので少しお話をすると、

私の場合は最初に絞ったカテゴリは

家電、PC、カメラでした。

なかでも比較的小さいものから始めました。

(FBAの納品作業が大型やるより圧倒的に楽だからですw)

よく売っていたものとしては、

iPad、ミラーレスカメラ、デジカメ、レンズなどなど。

このようにある程度商品のジャンルを絞り込めたら、

とにかく空いた時間を利用して目標とする

売上、粗利に向けて仕入れを行ってください。

私がこのメディアでお伝えしている、

Amazonを使った国内転売については、

基本的には在庫を抱えるビジネスですので、

そのリスクをしっかり理解することも重要です。

例えばクレカで仕入れをするなら、

その支払がいつくるから、

いつまでに販売して、現金化する必要があるなど。

とにかく副業として成功させるポイントは、

いかにマーケットを熟知し、

需要の高い商品を効率的に安く仕入れられるかです。

※実際この辺りの需要に関しては

 モノレートを使えばいくらでも把握できます。

モノレートの使い方については別途説明しますね。

最初から儲けるという感覚ではなく、

まずは家の不用品をオークション(ヤフオクやメルカリなど)で

売ってみるなどしながら、

徐々に目標値を上げるのが手堅い方法ですね。

 

本業としての“せどり”


副業で始めて、ある程度稼げるようになれば、

ゆくゆくは物販一本で独立してやっていくということも

視野に入ってきます。

私自身、副業としてビジネスを始め、

月収が100万を超えてくると、

本業(大手メーカーの営業)収入の数倍ですから

当然独立も視野に入れて行動するようになりました。

結局初めて月収100万を達成した翌年には独立を決意し、

その年の年末には物販を本業にしました。

せどりを本業化する目安は人それぞれですが、

基本的には本業+副業で稼いでいた額以上を

副業の本業化で稼げるなら私は副業から本業化しても

いいのかなと思います。

まあこれは副業を本業化しても

それまでの生活レベルをキープできるなら

と言う考え方に基づいて言っているわけですが、

サラリーマンのように時間に拘束されたり、

満員電車に乗らずに好きなときに好きな場所で働いて、

それまでと同じ生活レベルが

キープまたはそれ以上にできるなら、

ゆくゆくは本業化を見据えてこの物販のビジネスに

取り組みたいと今強く感じたサラリーマンは

多いのではないでしょうか?w

本業としてやるメリットとしては、

何と言っても限られた時間でビジネスを行う

副業とは違い、しっかりこの物販ビジネスに

時間をかけることができ、資金(クレカ枠+キャッシュ)が

あればある分だけ行動して売上(それにつながる利益)を

伸ばすことができることですね。

それから上記で述べたように時間や場所を問わずに、

自分の裁量でビジネスを進めていくことができるので、

とにかく自由度が高まるという点ですね。

ただしデメリットとしては、サラリーマンのように

毎月安定して給料としてお金を貰える

わけではないので、

やらなきゃお金も入らないという点ですね。

おわりに

今回は、

“せどりと転売の違い”

についてお伝えしました。

結論としては、国内Amazon物販においては

どちらも意味はほとんど同じということで、

副業、本業に於いての側面においても、

基本的には副業で始めて本業化していくというのが

王道ということで、とにかくまずは副業からしっかり

実績をこれから積んでいきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Life|InfinitusValueが運営するサラリーマン、主婦向けの情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Life|InfinitusValueが運営するサラリーマン、主婦向けの情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ぴろし

ぴろし

1986年生まれ。福岡出身。大学卒業と同時に2009年に上京。大手ITメーカーで営業をしながら、2015年2月から副業で物販ビジネスを始める。同年4月には第一子も生まれ1児の父となる。これからは自分が大黒柱として家計を支えばければならないという思いに感化されつつ、大学卒業当時から目標として掲げていた「30歳までに独立起業」を意識し始める。その後必死に独立起業の夢の実現に向けて副業として物販事業を拡大。2015年7月には初めて副業収入で月収100万円を達成し、物販ビジネスを始めて丸1年後の2016年2月に初めて副業収入として月収200万円を達成する。そして晴れて2016年12月に退社。2017年1月に法人設立を果たす。この経験を活かしサラリーマンや主婦が副業で稼ぐ力を身につけるための情報を得る場所として当サイトの運営を開始し、様々な副業情報や、普段の生活をお得にする情報を発信中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • Hanone(ハノネ)~毎日キレイ 歯の本音メディア~に掲載されました

  • スマートトラッキング電動歯ブラシが[moovoo]さんで紹介されました

  • 『スマートトラッキング電動歯ブラシ』東京インターナショナルギフトショー2018に出展

  • 1日1時間からの副業、何をする?何からすべき?

関連記事

  • 起業することを決めたあなたへ[起業前に解決すべき問題]

  • 輸入転売には付きもの!?ニセモノをつかまされない心得!!

  • 稼げる体質になり収入を増やすために

  • なぜすぐ行動に移せない?原因を把握し、気分をコントロールする方法

  • 起業することを決めたあなたへ[集客とビジネスパートナー編]

  • サラリーマンでもできる!在宅でできる副業について