旅行 旅行×仕入れ 特集

旅行好きにおすすめのばれない副業“ハンドキャリー”とはどんな仕事?

この記事は約 7 分で読めます。
5,538 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近は、仕事の合間に副業をする人が増えつつあります。
“ハンドキャリー”は、まさにその類の副業として、かなりオイシイ仕事と言えそうです。

今回は、そんな旅行好きにおすすめの副業“ハンドキャリー”についてご紹介します。
よく旅行に行く方なら、知っておいて損はないはずです!

でもハンドキャリーって会社にバレない?

オイシイ仕事で収入アップは良いとして、ハンドキャリーという副業が会社にバレるんじゃないかと思われる人もいるでしょう。

働き方改革がスタートし、企業側にもWワーク容認の兆しが見え始めていますが、実際の現場においては、まだまだというのが現状です。

雇用契約を結んでいるわけですから、会社員は会社の規定を守る義務があります。しかし、収入を増やしたい、生活費の足しにしたいというのが人情というものでしょう。

また、仮に新たなガイドラインとして副業がOKになったとしても、「本業を差し置いていると思われるのでは?」「何らかのペナルティがあるのでは?」と頭をよぎる方が多数を占めるのではないでしょうか。

ハンドキャリーに限らず、願わくは会社にバレることなく副業を行える、そんなうまい方法があるのでしょうか。

なぜ会社に副業がばれるのか

そもそも、なぜ会社側に副業がばれるのでしょうか?

主な原因として挙げられるのが住民税の増額です。副収入を得ることで翌年の住民税が増額し、源泉徴収票を作成する年末調整時に会社側が「おや、変だぞ」と気づくのです。

役所は会社や企業から「給与支払報告書」を受け取り、従業員やスタッフが貰っているすべての給与から住民税を算出します。すべての給与ですから、本業と副業を問わずの合算です。

算出した住民税を「住民税決定通知書」として会社に通知するわけですが、基本的にこの通知で副業をしていることがばれます。

本業先に通知書が届く

住民税決定通知書は、本業の勤め先に届きます。給与総額の最も高い会社に送付することになっているからです。
副業の稼ぎが本業よりも多いということは、とても稀なケースといって良いでしょう。

会社は支払っている給料を当然把握しています。給料に対して住民税の額が変に高いと、ピンとくるのです。
副業していることをできる限りばれなくする方法はあります。ただし、基本的な考え方が間違っている人もいると思うので、一度整理しておきましょう。

副業がばれない方法

「副収入を得ていることが分からなければいいのだから」とイメージされる人もいるでしょう。
その場合、副業の報酬を手渡しで受け取りますか?それとも確定申告をしない方法をとりますか?

確かに、本業以外の収入を年間20万円以下に抑えれば、確定申告自体必要がありません。しかしながら、手渡しも確定申告をしない手法も、副業がばれない方法にはならないのです。

口座への報酬振り込みを手渡しで受け取った場合、確かに口座へ記録が残ることはありません。ただ、この方法は全く意味をなさないといって良いでしょう。支払形式に関係なく、会社は支払った給与情報を役所に提出するからです。

副業の収入を年間20万円以下に抑え、確定申告をしない方法。一見いけるかもと思いがちですが、この方法もばれないことにはなりません。

確定申告は所得に対する税額を決めるもので、住民税の算出とは関係ないのです。20万円未満の副収入であっても、住民税の申告は必要となります。

ばれないためのおすすめ普通徴収

普通徴収への切り替え、これが副業がばれないおすすめの方法です。
住民税の額の変化で会社に副業がばれるわけですから、住民税の増額を通知させなければ良いのです。

普通徴収とは、自分で直接住民税を納付する支払方法。特別むずかしい内容ではありません。
確定申告や住民税を申告するときに、住民税の徴収方法を「自分で納付」にすれば良いだけです。

確定申告の場合は、「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」という欄の「自分で納付」にチェック。住民税だけを申告のときは、住民税の納付方法選択欄にある「自分で納付」にチェックです。

これで住民税の納付書は自宅に届きます。通知がこないのですから、会社に副業がばれないといって良いでしょう。

完全にばれないとは言い切れない?

自宅に納付書が届く普通徴収をもってしても、副業が完全にばれないとは言い切れない場合があります。
自治体によっては普通徴収をおこなっていないケースもあり、また自治体の多くが住民税を給料から天引きする「特別徴収」を勧めているからです。

申告する自治体の対応を確認しておくべきでしょう。万が一の対応策は確定申告です。
面倒だなと思う人もいるでしょうが、給与ではなく事業所得や雑所得として副業の収入を申告することで、普通徴収にすることができます。

自分の口にも要注意

副業がばれないために忘れてならないのが、自分でサイドビジネスの内容を話してしまうこと。そんなことあるはずがないと思われがちですが、人間とは不思議な生き物。オイシイ話で上手くいくと人に話したくなるのです。

プライベートな仲間であれば、会社にばれる可能性は低いといえるでしょう。ただし、同僚や後輩にとなると、噂が噂を呼びということにもなりかねません。

会社に副業がばれないためにも、「自分の口にも要注意」を心掛けておきましょう。

「ハンドキャリー」って何?

ここからはいよいよ、ハンドキャリーについて分かりやすくご紹介していきます。

言葉通りの意味なのですが、「Hand(手)」と「Carry(運ぶ・輸送・持っていく)」で、“荷物を運ぶ人”という意味です。
何らかの手段によって、荷物を相手に確実かつスピーディーに届けるのがその業務内容。

業者によっては新幹線などが移動手段となりますが、ほとんどの場合が海外向けのビジネスです。
なぜこういった仕事に需要があるのかと言えば、海外へ荷物を運ぶにはコストがかかり、また到着までにかなりの日数を要します。

実際私も輸出ビジネスをやっていますが、海外へ商品を運ぶのは時間とコストがかなりかかります。(もちろんその分リターンもありますが)

したがって、すぐに先方へ届けたいものがある場合は、このようなサービスを使った方が確実なのです。
往復をする際のタイムロスを考えた場合に分があります。

1分1秒でも時間が惜しいビジネスシーンでは、契約書の取り交わしにサービスを利用すれば、かなりのコストダウンが見込めるというわけです。

ハンドキャリーになる条件は?

実際に仕事にしたい人に、どのような条件が求められるかご紹介します。
当然ながら条件は雇う側によって多少は異なるものの、下記と大きな違いはないでしょう。

  • 社会人経験あり?
  • 22歳以上~50歳未満?
  • 語学力に自信がある?(TOEIC800点以上、英検1級以上、日常会話として英語ができる人)
  • 健康に自信がある ?

“語学力”の時点で、かなりの人が諦めてしまうかもしれません。
とはいえ、普段から海外旅行に頻繁に出かけるような人は、ある程度の会話力を身につけていることでしょう。

仕事を引き受けられるレベルを目指して、更に語学力を磨くのも良いかもしれません。
それから、1人で荷物を海外まで運ぶとなると、さまざまなシーンで柔軟性が求められます。

何かトラブルがあったとき、臨機応変に対応できる人の方が好ましいのは当然でしょう。
海外旅行には、思いもよらないトラブルがつきものです。

そんな時、「どうしよう……」とアタフタしてしまう人よりも、先を見て行動ができる人の方が望ましいものです。
仕事を通して人間力を磨く、良い機会と言えるかもしれません。

このような対応力は、今後に独立を目指す方が身につけておくべきスキルでもあるのではないでしょうか。

ハンドキャリーの報酬とリスク

最後に、報酬とリスクについてお話しておきましょう。
報酬は地域により異なり、中国などのアジア圏で15,000~20,000円前後、ヨーロッパ方面になると40,000~60,000円と幅があります。

当然ながら、往復の航空運賃やその他の移動費用に個人負担はありません。
つまり、運んで届ける以外は自由な時間を楽しめるビジネスです。

日本から海外へ旅行となると、ヨーロッパまでの交通費だと何十万円もかかります。
そう考えると、仕事と絡めて海外旅行を楽しめるというのは、何より嬉しいオマケと言えるでしょう。

ただし、報酬が良いからには、それなりのリスクがあると考えておくべきです。
信頼できる企業の仕事であれば問題ないとしても、中身が分からない違法な荷物の“運び屋”として利用される危険も少なくありません。

気がつけば密売組織に利用されていたなんて、洒落にもなりません。
そうしたリスクを踏まえたうえで、きちんとしたスタンスの企業と契約できれば、メリットが大きい仕事です。

おわりに

今回は、副業がばれない方法を踏まえたうえで、あまり耳慣れない“ハンドキャリービジネス”についてお伝えしました。旅行好きで、ハングリー精神に溢れた人に向く仕事だと思います。

チャンスがきたら思い切って挑戦してみると、意外な自分の可能性が拓くかもしれません。
旅行好きで、かつ語学力を生かしたい方なら、ぜひ参考にしてみてください。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*