1. TOP
  2. ビジネスノウハウ
  3. ビジネスマインド
  4. 人生でかけがえのないもの~時間を有意義に使おう~

人生でかけがえのないもの~時間を有意義に使おう~

ビジネスマインド ライフスタイル
この記事は約 9 分で読めます。 776 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする

今回はいかに時間が大切なものであるかということをお伝えしようと思います。
それでは、どうぞ!

時間という有限な資産

みなさんはこんな経験ありませんか?
しなきゃいけないことがあるけど、どうしても腰が重い。

あるいはしなければならないことを後回しにして、どうでもいいことについつい手を伸ばしてしまう。
僕もこんな経験は過去何度もあります。

ではなぜこういう状態に陥るのか。
簡単です。

時間という概念は私たちに存在を感じさせない程、当たり前に今ここにあるからです。
しかし、時間はご存知の通り無限ではありません。

日々を生きる中で忘れがちな[時間は有限な資産]という概念。
当たり前にあるからこそ、大切にしなければなりません。

これを頭の片隅に置いて生活することを心掛ければ、今までよりも、より有意義でより生産的な時間を過ごすことができるでしょう。

 

終わりから逆算してみましょう

今、自分が死ぬとしたら現世に残したい言葉は何ですか?
何を大切にして生きてきたのか思い出してみましょう。

逆にあの時もっとこうしていればと後悔していることも思い出してみましょう。
それぞれについてそれはなぜなのか、またどうしていれば改善できていたのか、しっかり理由を明らかにしてみましょう。

そうすることで、過去に上手くいったこと、逆に上手くいかなかったことから未来の自分へのアドバイスが出来るようになるのです。
まさに自分自身が自分の先生になることで、時間の使い方を学ぶことも出来るのです。

 

お金にこだわるより時間にこだわりましょう

私たち人間の歩んできた道は、ある意味でいかに時間を節約し、いかに効率化出来るかという進化を遂げてきたとも言えます。
僕自身が取り組んでいる物販ビジネスなどが、その最たる例です。

昔は船でしか運べなかったものが、今では飛行機で運ぶことができる。
移動手段が発達するということは、人と物の流れが、より頻繁に起こるということです。

遠くのものが手軽に買える。
つまり私たちは便利さと時間をお金で買っていると言い換えることもできます。

自分の中では時間がないと感じていることも、もしかしたらお金と少しの工夫で、どうにかなるかもしれません。
時間を意識することによって、はじめは1分だったものが5分、10分とそうして自由になる時間が増えたら、今度はその時間を使い、自分が本当にしたいことに充ててみるのもいいかもしれません。

 

知っていますか?80対20の法則

簡単に言ってしまうと、人が出す成果の80%は実は20%の労力しか使っていないという法則です。
逆に言うと、80%の労力は20%の結果しか生み出さないということも言えます。

いわゆるパレートの法則と言われるものです。
具体例を出してみましょう。

  • あなたの悩みの8割は忘れてしまっても全く持って問題ありません。(だから悩む必要がないことでクヨクヨしている時間があるなら、今自分ができることだけに全力を注力してあげましょう。)
  • あなたの会社の業績の8割は2割の商品あるいは2割の社員が出しています。
  • あなたの部屋にある服や本の8割はもう着ないし読まないどうでもいい服と本です。(さっさと捨てましょう)
  • あなたのスマホに入っている8割はいらない連絡先です。(携帯の連絡先が8割消えてもあなたは困りません。)→今あなたが大切にしている2割の人間関係が今後もあなたの人生において幸福をもたらしますので、ぜひ大切にしてください。
  • 会社の嫌いな上司の飲み会に8割の時間を取られるようなら、2割の時間しか過ごせない家族や恋人へとぜひ時間を使ってあげてください。

具体例をあげればキリがありませんが、世の中のあらゆることにこの法則は当てはまります。
一見いろんなものを増やすことで幸せが訪れそうですが、違います。

逆です。
私がお伝えしたいことは減らすことで幸せは訪れる・減らさないと幸せは訪れないということです。

ぜひもう一度自分の人生を振り返ってみて、あなた自身を大切にしてあげてください。

人生はたった1度きり

「何を当たり前のことを。」
「そんなことわかっとるわ!」

聞こえてきますね。
ですが、本当にそうでしょうか?

人は年を重ねていくにつれて体も動かなくなり、それに伴い精神的にも貧しくなっていきます。
また、考え方も凝り固まってきます。

子供の頃を思い出してみましょう。
自転車に乗って自分の行きたいところがあれば、すぐに行ってませんでしたか?

読みたい本があればすぐに買いに行ったり、図書館で借りたりしませんでしたか?
ですが、大人になった今はどうでしょう?

何か行動を起こす前に、頭で考えてしまって結局行かずじまい。
なんてことありませんか?

どこそこに行ったら、こんだけ時間がかかる。
そしたら疲れてしまう。

そしたら明日の会社に影響があるかもしれない。
身に覚えありませんか?

私はがっつりあります(笑)
アメリカで80歳以上の人たちを対象にしたおもしろい調査があります。

「あなたが人生で最も後悔していることは何ですか?」
すると、実に70%の人が同じ答えを出したのです。

チャレンジしなかったこと
だそうです。

すごいですね。
何も会社を無理やり変える必要も学校を休む必要もありません。

ただ、5万円が入った財布を無くしてしまうことも、5万円使って旅行するのも同じ。
機会損失という点では同じということです。

ぜひ、今まで思いとどまっていたことや、やろうとしていたのに躊躇していたこと。
そういったことに挑戦していってみましょう。

そうすれば、素晴らしい人や場所に巡りあうかもしれません。
そうして新しく手に入れたものの次は、先ほど述べた80対20の法則を使って整理してみましょう。

人生が体だとしたら、出会いや手に入れるものは血液です。
ぜひあなたの人生の血液を循環させてください。

人生は今という時間の積み重ね。
今日という日を大切に過ごしていきたいですね。

永遠に生きられるものだと思っている!?

またまたツッコミから入りそうですが。
あなたはあとどれくらい自分の人生が残されているか知っていますか?

答えはおそらく「NO」だと思います。
今の日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳だそうです。

80年を時間に換算してみましょう。
日で表すと約29200日です。

しかも一般的に人は人生の時間の1/3を睡眠に費やすので、実際に活動している時間は約19466日です。
いかがでしょう?

意外と短いと思う方もいれば、反対に意外と多いと思う方がいるかもしれません。
ですが、日ごろ自分がどう過ごしているか振り返ってみましょう。

どうですか?時間を有意義に過ごせていますか?
悲しいかな人は切羽詰まらないと何事も始めようとしません。

題名に書かせていただいたことはそういう意味です。
だから、せめてこれを読んでいる皆さんには、もう一度自分を振り返ってみて、どう過ごしているかを考えてみてほしいのです。

朝起きる時間を30分だけ早めて、いつもはバタバタしている時間を、少しだけゆったりと過ごしてみてください。
また、いつもはご飯を二杯食べる人は一杯半にしてみてください。

そうすれば、ダイエットに繋がるかもしれません。
いつも降りる駅の一つ前の駅で降りて、歩いて帰ってみてください。

そうすればいつもより運動する時間が増えて、眠りが深くなるかもしれません。
そうやって自分で変えられることから少しずつでも変えていってみましょう。

いつもの風景が少しだけ違った見え方になるかもしれませんよ。

パーキンソンの法則

知っている人も多いかもしれませんが、解説していきますね。
これは元はイギリスの歴史学者であり政治学者のシリル・ノーコスト・パーキンソンが提唱した法則です。

当時のイギリス帝国の官僚制について提唱したものを、今日ではビジネスや人生の考え方に適用したものです。

第1法則 仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

まず第一法則。
これはわかりやすく言えば人はやらなければならないことは期限ギリギリまでやらないということです。

夏休みの宿題なんかがその最たる例ですね。

第2法則 支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

次に第二法則。
これは、読んで字の如くです。

人は稼いだぶんだけ使ってしまう
ということ。
「宵越しの銭は持たない」という言葉はまさにこの法則を顕しています。

あと、最もわかりやすい例では、高額宝くじに当たった人で、当選金をすべて使ってしまった、なんて事もありますね。

パーキンソンの法則に当てはまらないようにするにはどうすればいいか。

できれば、これを読んでる皆さんはこの法則に当てはまらない人になってほしいのです。
その方法は意外と簡単です。

何をするにも受け身にならず、常に能動的でいるということを意識するのです。
先ほどの時間に関する話も全てここに繋がってきます。

常に能動的でいるということは常に自分で何かを探し、何かにアンテナを張って行動するチャンスを伺っていれば、その効果があなたに及ぼす影響は莫大です。
実は人間自分の頭で考えて能動的に行動している方が疲れにくいのです。

あなたの周りにもいませんか?
とても行動的に活動している人ほど、元気はつらつとしていますね。

また、能動的に活動している人ほど、実はモチベーションが下がりにくいのです。
そして能動的に活動している人ほど充実した時間を過ごしているのです。

稼いだぶん、自分を幸せにするために自分に投資してください。
資格の勉強をするのもいいでしょう。

旅行をしていろんな経験を自分にさせてあげるのもいいでしょう。
たまの自分へのご褒美ぐらいはいいかもしれませんが、浪費にばかり費やさないようにしてください。

ちょっと前のauのコマーシャルで菅田将暉さんがいいことを言っていました。
子役の福くんに、菅田さんはこう言います。

学んだことは誰にも奪われないから
この考え方最高です。

人生で自分に投資することほど最強なことはないのです。
どんどん強くなっていきます。

ぜひ皆さんも自分に投資しまくって強い自分を作っていって、どんどん稼げる体質になってください。

終わりに

今回は副業の話でも物販の話でもなかったですが、いかがだったでしょうか?
人生レベルで幸せになるには、いろんなノウハウやツールよりも、こういったものの考え方・マインドの方が意外と重要だったりするのです。

今後もこういった考えた方の情報は出していきますので、ぜひ楽しみにしておいてください。
コメント欄にこういった特集をやってほしい!とか、この記事面白かった!など書いていただけると、今後記事を作る際の参考にさせていただきます。

あなたの提案が今後の記事になるかも♪
ではでは、今日はこの辺で。

「優良」な情報を「無料」で受け取る方法

今後日本では企業や政府による正社員の「副業促進」の動きがますます加速するといわれています。
「HappyLife」では、サラリーマン・主婦向けの副業・起業情報の他、
ライフハックなど、生活を豊かにする情報をどんどん掲載していきます。

メルマガ先行の連載記事もあるのでお見逃しなく!

無料の「HappyLife」メールマガジン、ぜひご登録ください!

お申し込みはコチラから

 

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Life|InfinitusValueが運営するサラリーマン、主婦向けの情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Life|InfinitusValueが運営するサラリーマン、主婦向けの情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ぴろし

ぴろし

1986年生まれ。福岡出身。大学卒業と同時に2009年に上京。大手ITメーカーで営業をしながら、2015年2月から副業で物販ビジネスを始める。同年4月には第一子も生まれ1児の父となる。これからは自分が大黒柱として家計を支えばければならないという思いに感化されつつ、大学卒業当時から目標として掲げていた「30歳までに独立起業」を意識し始める。その後必死に独立起業の夢の実現に向けて副業として物販事業を拡大。2015年7月には初めて副業収入で月収100万円を達成し、物販ビジネスを始めて丸1年後の2016年2月に初めて副業収入として月収200万円を達成する。そして晴れて2016年12月に退社。2017年1月に法人設立を果たす。この経験を活かしサラリーマンや主婦が副業で稼ぐ力を身につけるための情報を得る場所として当サイトの運営を開始し、様々な副業情報や、普段の生活をお得にする情報を発信中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • Hanone(ハノネ)~毎日キレイ 歯の本音メディア~に掲載されました

  • スマートトラッキング電動歯ブラシが[moovoo]さんで紹介されました

  • 『スマートトラッキング電動歯ブラシ』東京インターナショナルギフトショー2018に出展

  • 1日1時間からの副業、何をする?何からすべき?

関連記事

  • お金が稼げるようになる「言葉の力」

  • サラリーマンが副業しながら最速で10万マイルを貯めた方法を大公開

  • お得な格安航空券を手に入れる方法とは

  • 起業することを決めたあなたへ[成功マインドとリスクヘッジ編]

  • 仕事に恋する自分のつくり方 前編

  • 週末起業を軌道にのせるテクニックとは