マイル 節約

一度は経験したい上級クラスのサービス

この記事は約 4 分で読めます。
1,143 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

これまで、国内線の上級クラスについて触れてきましたが、国際線についても有益な情報をお届けしたいと思います。
「いずれはビジネスクラスを常用したい」「いつかはファーストクラスに乗ってみたい」思
う人は少なくないでしょう。

ビジネスクラスやファーストクラスといった上級クラスのサービスは高品質の代名詞です。
それは、各設備もさることながら、キャビンアテンダントの対応も高級ホテル並みだからで
す。

とはいえ、上級クラスはどうしても経済的に余裕がないと簡単には利用することができませ
ん。
もちろん、マイルを貯めて上級クラスを利用することも可能ですが、今回は格安で上級クラスを利用する方法をご紹介します。

LCCにもある上質なサービス

もしかすると、あなたはLCCなんて座席の狭いエコノミーしかないのでは?と思うかもしれま
せん。
確かに、設備やサービスよりも価格重視というのが格安航空のセールスポイントです。

しかし、そんなLCCにもジェットスター、エアアジアX、ヴァージン・オーストラリア、
ヴァージン・アメリカ、エアベルリンなど、上級クラスや新しいサービスを提供する会社も出てきました。
では一体、それらはどのようなものなのか?そのあたりを探っていきましょう。

例えば、ジェットスターの上級クラスは、スタークラスと呼ばれています。
スタークラスの利用者は、優先的にチェックインしたり、搭乗することができます。

また、通常は追加料金がかかりますが、それが無料で30キロまでの荷物を預けることができ
ます。
さらに、搭乗までのカンタス航空のビジネスクラス用ラウンジを利用することができるメリットがあります。

機内環境も充実しております。
座席はレザーシートで前後の間隔も96センチ、座席幅も49センチと奥行きも魅力がありま
す。

足元にはレッグレスト、腰回りはランバーサポートが整備されており、十分なゆったり感を味わうことができます。
機内環境の魅力はそれに留まりません。

座席には電源が完備されており、ノートパソコンや音楽プレイヤーの充電ができます。
機内のエンタテイメントはiPadの無料利用、最新の映画や話題のテレビ番組、ミュージックビデオに子ども用番組など、そのラインアップは豊富です。

機内では食事・軽食・アルコールを含めたドリンクすべてが運賃に含まれており、スナック
バーの利用も自由です。
アメニティも充実していて、ブランケットやピロー以外にも、アイマスクや耳栓、靴下などをまとめたコンフォートバックが提供されます。

ヴァージン・アメリカのファーストクラス

先述した通り、上級クラスはジェットスターに限りません。
ヴァージン・アメリカにはファーストクラスがあります。

ヴァージン・アメリカは質の高いサービスで有名なヴァージングループの1社で、ファーストクラスはたくさんの利用者から支持を受けています。
ファーストクラスの座席は白いレザーシートが特徴で、前後の間隔は150センチとその広さ
はまるで高級ソファに座っているような感覚と言われています。

また、エコノミークラスだと有料となる機内食もコース料理が無料でコーヒーもマグカップで提供される魅力があります。
さらに、LCCはマイレージサービスがないのが一般的ですが、ヴァージン・アメリカはマイルを貯めることができます。

このように、現代はLCCでも上級クラスが存在し、その質は想像以上に高いと言えます。
ビジネスクラスを常用したい、ファーストクラスに乗ってみたいという想いがあるなら、まずはLCCで体験してみるのも良いかもしれません。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*