マイル 節約

空港サービスへの期待と満足度その1

この記事は約 4 分で読めます。
786 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

エアラインサービスは、航空運賃の割引やマイルの活用だけではありません。
空港におけるサービスも重要な役割のひとつです。

フライトの始まりと終わりを担う空港は、空の旅を心地よいものにするために利用しやすい方が良いですよね。
そして、フライトの無事を祈る意味でも、安全な空港であることが満足度の高い空港と言えるでしょう。

そこで、空港サービスに対する期待とその満足度について解説していきます。

空港サービスもIT化?最新のチェックイン事情

インターネットの普及により、空の旅はその手続きが簡略化されています。
チェックイン手続きもその一つです。

最近は、オンラインでチェックインができる航空会社が増えています。
出発時刻の何時間も前に空港へ行き、長い列に並んで手続きするといったスタイルはもう古いかもしれませんね。

オンラインでチェックインできる一番のメリットは、事前に座席の指定ができることではないでしょうか。
格安航空券やパッケージツアーなど、低価格の航空券は出発当日にならないと座席が決まらないケースは少なくありません。

でもオンラインチェックインを利用すると、座席番号まで指定が可能です。
さらに、オンラインチェックインは登場の24時間前からというように、かなり早い段階でチェックインできます。

そのため、希望する席を選べる可能性が高いと言えます。

オンラインチェックインの条件

オンラインチェックインを利用するには、eチケットが必要という場合が大半です。
eチケットはチケットレスみたいなもので、航空会社のコンピューターに予約情報が記録されているので、空港では本人確認ができれば、それで搭乗券を受け取ることができるシステムです。

本人確認も海外へ行くならパスポートが必要ですから、よもや確認できないなんてことはないでしょう。
ただ、万が一のために予約内容をプリントアウトしておく必要はありそうです。

このeチケットにより、オンラインチェックインが可能となり、航空会社によってはお手持ちのクレジットカードやマイレージカードで、搭乗口を通過することもできるのです。

誰でも簡単にできるセルフチェックイン

空港でのチェックインは年々進化しています。
オンラインチェックインと並んでますます便利になっているのがセルフチェックインです。

これは、空港で長い列に並ぶストレスを軽減することにつながります。
実を言うと、海外の方が日本よりも早く自動チェックイン機を導入していて、ロンドンのヒースロー空港やスウェーデンのストッックホルム空港などでは、オンラインチェックインと同じように、座席番号の指定やマイルの加算登録が以前からできるのが当たり前でした。

また手荷物を機内に持ち込まずに預ける場合、自動チェックイン機でチェックインを済ませたあと、専用カウンターで簡単に預けることができるのが一般的ですが、欧米ではこの手荷物のチェックインも自身でできる機械が設置されていることが多いのです。

通常は、自動チェックイン機の横に荷物を預けるスペースがあるので、機械でパッケージタグを発券することができます。
もしかすると、あなたは「自分は機械音痴だから」とか「ITは苦手だから」とオンラインチェックインやセルフチェックインに不安を感じているかもしれません。

でも、操作画面には、あなたが質問したいことがきちんと書かれていますし、航空会社によってはスタッフが機械の近くで待機し、必要に応じて案内してくれます。
ですから、誰でも簡単にチェックインを済ませることができるのです。

このように、現代は空港も民営化が進んで商業施設のようになっている空港もあります。
そのため、チェックインひとつをとってみてもサービスに力を入れていることがわかります。

快適な空の旅を楽しむために、搭乗前のストレスを少しでもなくすことはとても大切なことなのです。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*