Amazon物販

【Amazon物販】FBAの納品方法を詳しく解説!

この記事は約 5 分で読めます。
95 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転売やせどりに使えるサイトは多数ありますが、そのなかでも特に人気があるのがAmazonです。Amazon物販で稼いでいくなら、FBAを利用して効率化を図ってみてはいかがでしょうか。

今回の記事では、「そもそもFBAって何?」という方のために、FBAの概要を解説します。FBAを利用する場合の納品方法についても説明していきますので、導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

Amazonの便利な出品サービス「FBA」とは?

FBA(Fulfillment By Amazon)とは、Amazonで出品する際に利用できる、物流業務代行サービスです。Amazon物販で稼ぐなら、商品数を増やして利益を拡大していきたいところですが、個人で発送作業をすべて行なうには時間的な限界があるでしょう。

しかし、FBAを利用すれば、商品の保管から注文処理、梱包作業、配送、顧客対応まで、Amazonが代わりに行なってくれます。出品者はAmazonの倉庫に商品を送るだけで済むため、業務負担の大幅な軽減が可能です。

外注化で対応することもできますが、必要な人員を集めるのは大変です。また、作業の手順を教えたり、情報を共有したりする手間もかかります。業務効率化の観点から考えるなら、FBAを利用するメリットは大きいでしょう。

なお、FBAを利用するためには、「配送代行手数料」と「在庫保管手数料」の負担が必要です。手数料分は利益が減ってしまう計算になりますが、作業量が格段に減ることを考えると、決して損ではありません。

さらに、FBAを利用することでAmazonプライム対象商品となるため、顧客へのアプローチ力が高まります。Amazonプライム会員であれば、当日お急ぎ便やお届け日時指定便を無料で利用できるため、選ばれやすくなり売上アップにつながるのです。

作業時間の短縮という目的はもちろんですが、売上アップを狙うという意味でも、FBAは大いに利用する価値があるといえるでしょう。

【Amazon物販】FBAの納品方法

AmazonでFBAを利用する場合、商品が一度Amazon倉庫を経由するため、自己発送の場合とはプロセスが異なります。そこで本章では、Amazon倉庫に商品を送る際の手順を見ていきましょう。

納品する商品を登録する

まずは、Amazonの検索窓から納品したい商品を検索します。商品名や関連するキーワードで探すこともできますが、商品パッケージに記載されている「JANコード」を入力するとスムーズです。JANコードを正しく入力すれば、該当する商品をすぐに見つけられるでしょう。

商品を見つけたら、商品ページと納品予定の商品が同一のものであるか、しっかりと確認してください。確認を終えたら、商品の情報を入力していきます。販売価格やコンディションなど、購入者の判断材料となる重要な情報を入力していくことになりますので、間違いがないように注意しましょう。

参考記事:Amazon物販ではコンディション説明が重要!記載のポイント、テンプレを紹介

商品ラベルを印刷して貼り付ける

商品登録を終えたら、商品ラベルを貼り付ける作業へと進みましょう。商品のバーコードの上に、印刷したラベルを貼り付けます。印刷する際には、普通紙ではなくラベルシールを使用してください。

ラベルの貼り付けが難しくデリケートな商品の場合は、商品を緩衝材で包んで、その上からラベルを貼り付ければ問題ありません。

なお、商品ラベルの貼り付け作業はAmazonに代行してもらうことも可能です。ただし、バーコードの付いていない商品は、代行が難しい場合もあります。

商品の梱包を行なう

続いては、商品の梱包作業です。購入者に直接発送するわけではないので、梱包に使用するのは使い古しの段ボールでもかまいません。緩衝材などをうまく使いながら、商品を丁寧に梱包します。

ただし、複数の段ボールを組み合わせて使用したり、Amazonで使ってはならないもの(バラ状発泡スチロール、シュレッダー済みペーパーなど)を梱包資材として使用したりすることはできません。商品を受け取ってもらえず、そのまま返送されてしまう恐れがあるため気を付けましょう。

商品をAmazonの倉庫に発送する

Amazon倉庫に発送する場合、2021年1月時点で「FBAパートナーキャリア(日本郵便)」のほかに、以下の配送業者を利用できます。

ヤマト運輸
佐川急便
日本通運
郵便事業
福山通運
西濃運輸
名鉄運輸
カトーレック
フットワークエクスプレス
エコ配

なお、Amazon倉庫に納品する場合の配送料は出品者負担です。FBAパートナーキャリアの場合、配送料金の支払いが後日引き落としとなるため便利に使えます。

まとめ

商品をインターネットで販売する際には、商品の登録作業から発送に至るまで、それなりの作業時間を要します。慣れていないうちは一つひとつに時間がかかってしまい、「時給換算にすると割に合わない」と感じてしまう方もいるかもしれません。

しかし、商品の販売にかかわる作業は、工夫次第で大幅な効率化が可能です。
AmazonであればFBAを利用できますので、便利なサービスを最大限利用し実践を積みながら、コツコツと売上拡大を目指してみてください。

スキマ時間で始める副業Amazonビジネス

無料オンライン講座

副業初心者を応援する、
Amazonビジネスの
無料オンライン講座を開催中です。

スキマ時間を活用して副業が始められるとご好評をいただいています。

先着300名様限定 特別特典付き

ご登録いただいた方先着300名様に「複業
1年生が月10万収入を増やすためにまず読む本」
をプレゼント中です。

簡単登録!LINE友達追加で受講可能です。PC・スマホからお気軽にご参加ください。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*