海外輸入

急速に伸びるアマゾン市場での稼ぎ方

この記事は約 3 分で読めます。
1,041 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オリジナルインポートビジネスは自身に見合うプラットフォームを活用できるので、誰でも簡単に始めることが可能です。
例えば、会社員をしていて、副業の時間をつくるのが精一杯という人ならアマゾン(Amazon)で稼ぐのも一つの方法です。

アマゾンは誰でも一度は聞いたことがあると思います。
在宅で買い物ができて送料無料というメリットから、そのユーザーは世界的に拡大していますが、アマゾンの利点は買い手に限ったことではありません。

アマゾンは面倒な作業を節約できるので、つかえる時間が少ない会社員の副業に向いているかもしれません。
まずはアマゾンで稼ぐ方法をを知るために、アマゾンの全体像を知っていただければと思います。

アマゾンで稼ぐために知っておくべき用語

FBA

アマゾンを語る上で一番有名な用語は、何といってもFBAと言えます。
FBAはフルフィルメント by Amazonの略で、アマゾンが出品者に代わり注文を受け商品を出荷するプログラムです。

フルフィルメントは通販やECサイトで商品の発注から決済やピッキング、さらには配送までの一連の流れを指して使われることが多い言葉です。
出品する側にしてみれば販売に関わるほとんどの業務を代行してくれるわけですから、かなり便利なサービスですよね。

SKU

前述のFBAから横文字が続きますが、こちらはstock keeping unitの略で、商品管理のIDのことです。
SKUは13文字以内で自由に設定することが可能で、出品者専用の管理番号として利用できます。

ASIN

またまた横文字ですが、これはAmazon Standard Identification Numberの略
書籍以外の商品を識別するための番号で、商品の詳細ページに記載されています。

アマゾンで出品するメリット

あなたがもしビジネス初心者なら、アマゾンで出品するメリットは大きいです。
なぜなら、ビジネス経験のない人がいきなりネットショップを開業したところで、サイトへのアクセスが集まる可能性は決して高くありません。

一方でアマゾンならネームヴァリューがあるので、仕入れたその日に販売して売れる場合も少なくありません。
こうした安心感がアマゾンでの出品意欲を助長していると言えます。

アマゾンでの商品販売の流れ

アマゾンでは出品したいと思ったその日から販売することが可能です。
出品はまず出品用のアカウント登録をします。

またアカウント登録のとき大口出品をする場合は、月額4900円の利用料と販売手数料が発生します。
これを安いと考えるか高いと考えるかは人それぞれですが、販売手数料は注文がなければ課金されませんし、月額4900円も回収できないようではビジネスとして成立しません。

そう考えれば決して高いコストではないはずです。
それで、アカウント登録したらすぐに出品できますから、注文が入ったら、あとはFBAを利用することでほったらかしで代金が入ってきます。

このようにアマゾンはビジネス初心者でも簡単に始めることができて、なおかつ成果を出しやすいプラットフォームと言えます。
特に忙しくて時間がないという人は、まずはアマゾンで経験を積むことがビジネスを成功させる第一歩かもしれません。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*