お金と資産構築

買う?買わない?もう買い物で悩まない!

この記事は約 4 分で読めます。
2,397 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「使い切るもの」「後に残るもの」

服飾品を買うとき、心がけたいことがあります。
それは、「使い切って消費してしまうもの」か「後に残って長く使い続けるもの」か区別をつけるべき、ということです。

下着や夏物の衣類などは前者にあたります。
これらはやたら高いブランドものを使用する必要はありません。

大昔に買ったブランド物の下着などをボロボロになるまで着るのはかえってみっともないですよね。
それらは安価に購入できるもので、常に新しいものをそろえるようにしましょう。

逆に、ジャケットやコートなど長く着るものや時計などは、将来への投資と考えられます。
質の高いものを使用するようにして、安物買いの銭失いにならないよう長く使えるものを購入しましょう。

 

いつもニコニコ現金払いの本当の意味

最近はクレジットカードを持つ人も増え、一人で複数枚のカードを持つ人も珍しくありません。
しかし、ブランド品を購入するためにリボルビング払いや分割払いを使用していませんか?

言い方は違ってもそれは「借金」と同じこと。
金銭感覚がマヒしてしまっては、将来的な破滅につながりかねません。

質の高いものを身に着けようとする気持ちはいいですが、無理に背伸びをすることがないよう現金一括で支払えるものの中から購入することを心がけたいですね。

 

後悔しないお金の使い方

人間だれしも「衝動買い」というものをしてしまうものです。
ぱっと見てお得そうだから買ったけど、結局使わずに後悔する。

自分の手持ちのお金もよく考えずに無計画に浪費をして後悔する。
こういう経験をした方も多いのではないでしょうか?

それは、まさに「いいお金の使い方をしていない」ということ。
本当に自分のためになる、ワクワクするようなお金の使い方だったら罪悪感を覚えることはありません。

何か買い物をしようと思ったときには、一呼吸おいて、本当にそのお金の使い道がワクワクするものなのか考えましょう。

 

直感で響かないものはやめておいた方がいい

今日は服を買おう、アクセサリーを買おうと思ったけれども、お店でいろいろ比較してもあまり響くものがない。
でも店員さんが丁寧に説明してくれたし、せっかく休みの日にお店に来たから何も買わずに帰ると損をする気がする。

そんな気持ちからついつい買ってしまったことありませんか?
そうした買い物はだいたい後で悔やむもの。

悩むような買い物ならば、きっぱりとその日は買わないことも正しい選択です。

 

お金のかけどころ 美容の力の入れどころ

女性の方であれば、年齢を重ねるにつれてお肌の悩みも出てくるでしょう。
美容にはある程度お金をかけなきゃと思うのは仕方ありませんが、どんなところにお金をかけるのか考えてみませんか?

表面を磨くために高級化粧品ばかりを買っていては、いくらお金があっても足りません。
しかし、素肌を健康に内側から美しくするスキンケアのための美顔器は、初期投資は高いですが効果的に使えば絶大な効果をもたらします。

これは全てのことに共通して、その場しのぎのお金の消費で表面をつくろうのか時間はかかっても自分を高める投資をするのか、この視点が重要になってきます。

 

健康こそ最大の資産

人間にとって一番重要なのが健康とも言えます。
どんなにお金を持っていても健康でなければ使うことはできません。

激しいスポーツをする必要はないですが、日ごろから健康な習慣をつけるようにしましょう。
きっとそうした習慣は自分自身に対する最大の投資になるはずです。

 

自分の考え方は絶対じゃない

自分はこういう人間だから。
あの人はこういう考えを持てるからすごいな、自分とは違うな。

そんな言い訳が自分の考えや行動を縛っているとしたら、これほどばかげたことはないと思います。
人間の考え方、価値観に絶対というものはありません。

人間は環境や習慣に流される生き物です。
自分の価値観に基づいて環境に身を置いているわけでも、習慣を行っているわけでもないです。

むしろ逆で、環境や習慣が染みついた”結果”が性格であり価値観です。
もし自分が目標とする人がいるならば、その人のお金に対する習慣を真似てみてはどうでしょうか?

そこから何かが変わるかもしれませんよ。

 

 

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*