お金と資産構築

クレジットカードで貯めたポイントの有効な使い方

この記事は約 4 分で読めます。
1,971 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

クレカで貯めたポイントの有効活用

 


 

 

 

 

 

 

 

仕入れにクレジットカードを利用すると、今までの普段利用ではたまり得なかったような膨大な量のポイントがみるみる溜まっていきます。

一方、物販を行っている人の中にはこうして溜まったポイントを意識せず仕入れを続けている方が多くいらっしゃるのも事実。

せっかくであればポイントを有効活用して、仕入れに役立てましょう。
今回は、仕入れで溜まったクレジットカードのポイントを有効活用する方法をご紹介します。

 

賢くポイントを溜めてそのまま仕入れに利用

仕入れにおけるポイント活用としてもっとも一般的なのは、そのまま仕入れの割引に利用する方法です。
せどりを行う方にとって代表的な仕入れ元である楽天市場とヤフオクとYahoo! ショッピングはそれぞれ楽天ポイント、Tポイントが買い物の度に付与され、買い物の際には1ポイント1円相当として利用できます。

通常の買い物であれば「溜まっていれば嬉しい」という程度のポイントですが、ビジネスとして大量の取引を行う場合は利益を大きく左右する要素です。

仕入れの利益を最大化するためにはいかにしてポイントの還元率を上げるかが重要となります。
上述した楽天市場、ヤフオク、Yahoo! ショッピングの買い物はそれぞれに対応した

「楽天カード」

「Yahoo! JAPANカード」

の利用でポイントの還元率が上がります。

そのため、物販を行う人の間では、これらのカードを利用して仕入れを行うのがほぼ常識となっているのです。

対応カードの利用以外にも、還元率を大きく上げる方法がいくつかあります。
Yahoo! ショッピングであれば、プレミアム会員になることで、

  • 5の付く日の買い物
  • 対応アプリの利用
  • ホークスの勝利時

などの買い物などがその例です。
こうした条件をすべて揃えれば、還元率は20%を超えることもあります。
ポイントの還元率に意識を払うことが、物販の利益を大きく変えるという事実がおわかりいただけるのではないでしょうか?

 

ショッピングサイトのポイント活用ではポイントの目減りに注意

上述したショッピングサイトでのポイント活用では、ポイントの目減りに注意しなければなりません。
10,000円の商品に1,000円分のポイントで割引購入する場合を想定してみましょう。

10,000円から1,000円割り引かれ、購入金額は9,000円となります。
問題はこのときに付与されるポイントです。

ショッピングサイトによっては、ポイントによって割引された後の金額に還元率が適応されるため、付与ポイントの目減りが生じてしまうのです。

還元率が10%の場合、この差は100ポイントほどの違いとなります。
割引額にポイントが付かない場合、ポイントは還元率が低いものに使うとこうした目減りを抑えることができます。
小さな違いのように感じるかもしれませんが、物販による利益を最大にするためには常套手段ともいえるテクニックです。

 

プライベートにポイントを利用してもOK

ここまではショッピングサイトでの仕入れに直接ポイントを活用するケースを想定してお話してきましたが、溜まったポイントをプライベートに利用しても全く問題ありません。

むしろ僕なんかはこれを楽しみにポイントはすべてプライベートに回してますw
別記事でも話しますが、私の場合毎月クレカの支払いが1000〜1500万ほどあるので、大体10〜20万ポイントが入ってきます。

これらをいろんなポイントに変えて日々ニヤニヤしながら使ってます。
その一例はマイルですね。マイルに変えて3ヶ月に一回は海外にタダで行けたりします。

クレジットカードのポイントには、さまざまな使い方があります。
期間限定のポイントのみを仕入れに利用し、通常のポイントは金券に変えプライベートで使う、といった活用もひとつの方法です。

旅行好きであれば、私のように飛行機のマイルに変換してもいいかもしれません。
また、カード会社のポイントプログラムを利用して、商品に交換するのも一般的な活用方法です。

 

ポイントを使わない手はない!

クレジットカードを仕入れに利用するのであれば、ポイントを有効活用しない手はありません。
仕入れに使わないポイントは。
プライベートに活用してしまえばいいのです。

みなさんも自分に適したポイントの活用方法を見つけ出して、物販による利益を最大化しましょう。
そしてこのポイントが貯まる嬉しさをぜひ体感して、物販ビジネスを楽しく行っていきましょう!

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*