お金と資産構築

お金持ちから学ぶ資産構築の考え方

この記事は約 3 分で読めます。
2,846 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

道を歩いていると、見るからにお金に余裕があってファッションも着こなし、人生を楽しんでいるような人もいます。
そういう人は特別高い給料をもらって仕事をしている人か、あるいは元々資産家の人なんだろうとか思ってしまいますよね。

でも、同じような給料を得ている同じ会社の中でも、余裕があるように見える人もいます。
もし自分がお金に困りながら暮らしているとしたら、どこに違いがあるのでしょうか?
お金持ちになる人とそうでない人のお金に対する考え方の違いはどこにあるのでしょうか?

金銭感覚は相対的なものと自覚しておく

人によって「金銭感覚」は違います。
子どものころは1万円でさえ非常に大きい金額でした。

しかし新入社員になって20万円ほどの初任給を貰うと、1万円の価値は相対的に下がります。
ある程度の年齢になって年収が500万円程度になると、20万円すらそんなに大きな金額には思えなくなるでしょう。

今の日本社会では、年齢が上がるごとに年収は上がっていきます。
年収が上がると生活レベルが上がりますし、付き合いも変わります。

そんな状況に次第に慣れていくうちに金銭感覚もだんだんと上に上がってきてしまい、これまで通りのお金の使い方にとどめ、余った分は貯金に回す、ということができなくなってしまうのです。

そのようなことがないようにするためには、自分が生活していくためにいくら必要で、いくら貯金できるのか、ということを正確に把握することが必要です。
ですから、日頃からあまり無駄遣いはせずに、お金の感覚を身につけることが大切です。

 

消費を抑えて、増やすことを心がける

例えば、突然宝くじにあたって、100万円の臨時収入があったとしましょう。
お金に困るような暮らしをしている人は、そんな臨時収入を使い道はなんにせよ「消費」してしまいます。

ファッションなのか、食事なのか、旅行なのか、いずれにせよお金は使ったらなくなってしまいます。
それではいくらお金があっても足りませんよね。
ちょっとお金のことを気にしている一般人ならば多少は消費して、あとは「貯金」することでしょう。

確かにお金に困る人よりかは安定するかもしれませんが、貯金したお金もいつかは将来使ってしまいます。
ですから、遅かれ早かれ消費することには変わりないのです。

お金持ちはこのお金を「投資」に回そうとします。
投資に回し、そこから得られた利益をようやく消費し楽しみに使うのです。

 

はじめが一番大変だと知ることが大事

自転車を例にするならば、お金に困る人はひとこぎごとに必死に足を踏ん張っている人。
まさに自転車操業で、休む暇がありません。

貯金をする程度の人は、精一杯必死にこいで加速をつけてそれを利用している状態です。
たしかに貯めたエネルギーの分は楽に進めますが、それもいつか終わってしまいます。

お金持ちは、足でも自転車をこぎながら少しずつ電動の補助モーターを買い足していきます。
最初は自分の足の比重が高いかもしれません。

しかしだんだんとこいだ余力で進めるようになっていきます。
この例えでの「こいだ余力」とはすなわち「投資による利益」であり、最終的にこがなくても走れるようになるということは、投資の利回りだけで生活できる、経済的自由を実現できる、ということになるのです。

毎月好きにお金を使って、「余ったら」貯金しようという考えではまず貯金はできません。
自分が新入社員だったときの金銭感覚を思い出し、投資に回すための貯金をためていきましょう。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*