お金と資産構築

お金を増やすために実践して欲しいこと

この記事は約 4 分で読めます。
1,299 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ネガティブな考えがポジティブな理想を呼ぶ

成功者の体験談では「何事もポジティブに考えよう」と教えられることが多いですが、あまりにも夢見がちに状況を楽観視してしまうと、最悪の事態が起こったとき対抗策を実践するタイミングが遅くなり取り返しがつかなくなってしまう危険性があります。

そうならないためにも、将来「こうなっ て欲しくない」と思うことを把握しその対抗策を考えておく必要があります。
そうすることでリスクは減らせますし、もし状況が悪くなった場合でも落ち着いて行動できます。

後ろ向きに物事を考えることは、ポジティブな理想を叶えるためにある意味必要なことなのです。

 

輝いている株は彗星のように消えていく

「みんなが褒めていて、いま急激に成長中のきらきらして見える株」と「なんだかパッとしないけど長年の実績から安心感を感じ、これから先もずっと続いていくだろう会社の株」では、どちらの方が魅力的に映るでしょうか。

なかには前者の株を魅力的だと感じる人もいるでしょうが、自分の感覚だけで投資先を選んでいくのはほとんどギャンブルと同じことです。
何事においても成功する人は、地道に信頼を積み重ねてきたようなものを好み「確率が低くても稼ぐことのできる金額が高い方」ではなく「金額が少なくても、稼ぐことのできる確率が高い方」を選びます。

彗星のように輝いてみえる株は、また流れ星のようにすぐ消えてしまうことが多いです。

 

相談するときは人を選ぶ

コンサルタントなどにお金の相談をするときは、その人がどのような人か
しっかり調査した上で頼んだ方がいいでしょう。

具体的な確認方法としては、そのコンサルタントがどんな大学を出てどのような会社に勤めてきてどんな実績があるか、学歴詐称をしているなどの悪い噂がないかをインターネットなどで調べます。

名門と呼ばれるような大学出身で金融機関へ勤めた経験がある方が「良いコンサルタント」である可能性が高いですが、もちろんその人本人の印象も大切です。

第一印象があまりよくない場合、その後の長い付き合いのなかで更に悪くなっていくことが多くあります。
よく分からないというときは、何人か他の人を当たってみましょう。

どんな人に信頼が置けて、どんな人が怪しいか分かってくるはずです。

 

「仕事」で自分の価値を高める

自分の仕事の成果は、自分自身の価値を高めてくれる持ち株でもあります。
ただこなしていくだけでなくいまやるべきことを確実にやっていくこと、丁寧な仕事で成果を上げていくことで、長い目で見たときにより多くのお金を稼げるようになります 。

その理由は、ひとつの仕事で十分に成果を発揮できれば、また次の仕事にも繋がり継続的に利益が生まれてくることが多いからです。
反対に、仕事を雑な気持ちでやっていたり「ただお金が欲しいからやっている」というような熱意の感じられないやり方でしていると、人は離れていき、同時に仕事もなくなってお金も稼ぐことはできなくなります。

 

意気込まなくても成功する?

成功している人は、みんながみんな「成功してやるぞ!」と思って成功したわけではありません。
ふと気づいたら周りに信頼できる人がたくさんいて、仕事も多く依頼されてお金も溜まっていた…そんな方がいます。

「やってやるぞ!」というような意気込みを抱くのもいいですが、自分に向いていないことを消耗しながらやるのは大変なことです。
自分が自然にできてしまうこと、他の人よりも少ない努力で大きな成果を上げられるものを見つけることが「自分の才能を見つけること」になります。

才能がある分野で活躍できれば、仕事をしている時間が非常に有意義なものになりますし、知らず知らずのうちにお金は溜まっていくでしょう。

 

 

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*