お金と資産構築

お金を稼ぐ人は色々なところで影響を与える

この記事は約 4 分で読めます。
1,847 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

さて、お金持ちは自分の立ち位置を有利にするために身だしなみにも気を遣うと説明してきました。
相手よりもきちんとした格好をすることによって相手の記憶にも残りやすいですし、自分の自信にもつながるからです。
ここではお金持ちの人が与える印象について考えてみましょう。

言葉使いや相手に接する時の態度こそお金持ちを見習おう

表面上だけ取り繕ったとしても、言葉遣いで相手に与える印象は大きく異なります。
丁寧な言葉遣いをすれば「お金持ちなだけじゃなく立派な人だなあ」と思われるでしょう。

逆にあまりにざっくばらんな言葉使いでは「せいぜい成金で下品で高慢だな」と思われることでしょう。
相手から尊敬されたりすることにはメリットがありますが、単純に嫌われるだけでは何もメリットはありません。

ですから、常日頃から丁寧な言葉遣いを心がけるようにしましょう。
また、同時にこれまで説明してきたような身だしなみについても並行して注意する必要があります。

ここで、①身だしなみがだらしない人、②身だしなみがびしっとしている人の2人いたとして、それぞれ丁寧な言葉とざっくばらんで乱暴な言葉を使ったとしましょう。
相手に与える印象の順位からすると、概ね以下の通りになると思います。

1位 きちんとした身だしなみで丁寧語
2位 だらしない身だしなみでざっくばらん
3位 だらしない身だしなみで丁寧語 そしてずーっと下がって
4位に きちんとした身だしなみでざっくばらん

だらしない身だしなみでざっくばらんであれば「話しやすい人だなあ」と思われるかもしれませんが、あまりに丁寧な場合は「卑屈」と思われるかもしれません。

要はバランスが非常に重要なのです。
テレビの釣りバカ日誌の主人公を見れば、彼は非常に良い位置にいることがわかります。
自分だけではなく、相手からどう見られるのかまでしっかりと考えることこそ、お金持ちに必要な素質です。

お金持ちは見えないところでもきちんとしている

今まで何度かお金持ちの身だしなみについて説明してきました。
明日からきちんとした格好を心がけよう、という人にお勧めの方法があります。

それは、家の中の普段着をきちんとしたものに変える、ということです。
あなたは普段家の中でどんな格好をしていますか?

もしヨレヨレのTシャツやスウェットを着ているならば、すぐに変えるべきです。
外で着られなくなったような服を「室内着」にしよう、という考えではいけません。

お金持ち、あるいはお金持ちになろうとする人は、来客にも備えて室内着でもある程度の服は着用するのです。
そんなきちんとした室内着なんてないよ!という人もいるかもしれません。

ですが、そういう人に聞きたいのが、「ではあなたはどのくらい服をもっていますか?」ということです。
意外とそういう人こそタンスや引き出しのなかに大量の服があったりするものです。

でも、それらの服をちゃんとすべて着ていますか?
買ったままろくに着ていないものもあるのではないでしょうか?

そんな無駄の多い服の買い方をしていては、必然的に一着当たりにかけるお金は安くなってしまいますし、服に対する意識も低いものとなります。

これではいつまでたってもきちんとした室内着を買うことなんてできませんよね。
むしろ、普段着ない服を改めてすべて出し、売りに出してしまいましょう。

自分が本当に必要なもの以外はすべていったん手放してしまうのです。
その上で、しっかりとお金を貯め、きちんと大切にできる上質な洋服を少しずつ買い足していくのです。

そうすれば、買いっぱなしで着ないというような無駄遣いをすることはありませんし、良質なものであれば長い間着用することもできます。

「安物買いの銭失い」をしている人ほど、お金持ちから一番遠い存在です。
服装に気を付けることによって、ちょっとしたところから変わっていきますよ。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*