お金と資産構築

お金を稼いでいる人からお金とどう向き合っているかを読み解こう

この記事は約 4 分で読めます。
1,518 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お金を稼ぎたい、もっと収入を増やしたい。
そう思っている人は多いと思いますが、そうして稼いだお金をどう使いたいですか?
では、お金持ちの人たちがどのような生活を心がけているか少し考えてみましょう。

 

お金持ちの住まいを想像してみよう

ブランド品を購入する、自分のコレクションとなるものを購入する。
家の中を自分の好きなものでいっぱいにしたい、と思っている人は残念ながらお金持ちになれないかもしれません。

テレビなどで紹介されるお金持ちの家を想像してみてください。
物であふれていますか?
ごちゃごちゃしていますか?

だいたいのお金持ちの部屋はむしろスッキリしている印象を受けると思います。
もちろん貧乏な方の部屋に比べると部屋そのものの面積も広いですから、その空間の広さもあるでしょう。
しかし、それを抜きにしてもお金持ちの家の方が、貧乏な人よりもスッキリしているのです。

先ほど金銭感覚の話をしましたが、お金持ちは生活にかかるお金の金銭感覚がしっかりしているため、無駄なお金を使いません。
通販番組やデパートなどで衝動買いをするということもありませんから、そもそも余計なものが集まることがないのです。

上手に少しずつ資産を構築していこう

そんなお金持ちの家ですが、実は目に見えないモノがどっさりあります。
それは「金融商品」です。
最近はペーパーレス化が進んでいますから、株券や権利書などは電子データ化され、現物として家の中にあるわけではありません。

しかし、余計なものにお金を使わない分、お金持ちの家には目に見えない資産として金融商品がたくさんあるのです。
ブランド物のカバンも、コレクショングッズも、買ってしまえばただの中古品にすぎません。
なるだけ「目に見えない」資産をためるよう心がけましょう。

また、今のご時世ブランドバッグや時計などの高級品でさえレンタルできるという素晴らしいサービスがあるので、衝動買いはせずにまずはそういったサービスを利用してみて、本当に欲しければその後購入してみるという段階を踏んだ方が経済的にも精神的にも優しいですよ。

意外と気づかない神棚の効果

お金持ち、とりわけ自営業などの方は仕事場や自宅に神棚を設けている割合が多いです。
最近は昔と比べると核家族化も進んでいますから、家庭に神棚がないという家も多いことでしょう。

しかし、神棚をきちんとおまつりすることによって、よりお金持ちに近づけるというメリットがあるんです。
もちろん神頼みだけでは成功するわけではありませんし、別に宗教論をするわけではありません。

神棚は榊やお米、お塩、お酒をお供えし、とくに榊の水は毎日変えることになります。
そこで神様にお願いごとをするわけですが、毎日きちんとおまつりすることによって、ただ漠然とした「お金持ちになりたい」という願望が、明確で具体的な目標をもった「計画」になるのです。

ここまでやったから、次はこれをやらねば、ここに力を入れて頑張ろう。
このように毎朝神棚に向かって自分自身を振り返るわけですから、これは効果がありそうですよね。

もちろん神道ではない方は神棚ではなく祭壇や仏壇でもかまいません。
重要なのは「毎朝定期的に目標を振り返り、感謝する場」を設けること。

こうした当たり前の習慣をひたすら続けられる人が結果として運が向いてくるのです。

やっぱり基本は整理整頓

部屋をすっきりさせる、神棚を清潔におまつりする、これらに共通することは「整理整頓」です。
散らかっている状態は無意識的にストレスを与えますし、思考がとっ散らかってしまいます。

もし自分が掃除が苦手、という自覚がある人ならば、机をきれいにすることを気にしてみてはいかがでしょうか。
つまり、毎日夜寝る前に机の上にものが乗っていない状態をめざすということです。

これは自宅のテーブルなどでも一緒です。
いわばこれは毎日自分の荷物の「棚卸」をしていることと同じになります。

自分にとって必要なものはなにか、何を捨てるべきなのか、常に頭の中の整理をすることによって、自分が進むべき道も見えてきます。
こうした生活習慣から、お金持ちに近づいてみてはいかがでしょうか。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*