お金と資産構築

お金を引き寄せる財布

この記事は約 4 分で読めます。
2,060 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お金に愛される財布を目指そう

 

財布を変える。
たったそれだけで人生が変わることもあります。

そんな財布ごときで。と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、そもそも財布を選ぶのって楽しいですよね。

デザインや価格、使いやすさなど、財布を選ぶときって、ウキウキするものです。
ここでみなさんにお伝えしたいのは、そうして選んだ「財布」と「お金」を大事にしてあげてください、ということです。

想像してみてください。
ボロボロの財布にレシートやクーポンなどがはちきれそうになっている状態を見て、財布とお金を大切にしていると思えますか?

それに比べると、きちんと手入れがされた財布に、スマートにお金を収納しているのを見ると、とてもお金を大切にしているのだなと伝わってきます。

 

実は「年収200倍の法則」というものがあります。

 

1万円の財布を使っている人の年収は、せいぜい200万円、5万円の財布を使っている人の年収は1000万円、というものです。
もちろんこれは科学的な根拠などもありませんし、むやみやたらに高い財布を買えば年収が上がるというものでもありません。

しかし、こだわり抜いて選んで高いお金を出して買った財布ならば愛着を持ちますし、大切に扱いますよね。
ここで伝えたいのはそういうことなのです。

 

しっかりと財布の中身を把握しよう

 

財布とお金を大切にする、といっても、具体的にはどうすればいいのでしょうか?
それを考える前にみなさんに質問があります。

ご自分の財布の中に入っている小銭の金額、把握していますか?
お会計のおつりとして渡される小銭やレシート、ポイントカードなどを無造作にザラザラと財布に入れているようでは、お金を大事にしているとは言えません。

入ってくるお金に無頓着であるということは、出ていくお金に対しても無頓着だといえます。
ここで提案したいのは、「お財布整理の習慣」を付けるということです。

毎日家に帰ったら、財布の中身を整理しながら小銭を数え、レシートを整理し、常に財布の中が整理整頓された状態にする。
簡単なことのようですが、これをキチンと行うことによって常に自分の財布の中身を把握することができます。

小銭を定期的に貯金することを習慣づけるのもオススメですよ。

 

良家のお嬢様ほど王道を好む

 

お金持ちの家の子、と一口に言っても大きく二つに分けられます。
一つ目が、代々資産家で、不動産や証券など、先祖から受け継いだストック資産がある場合。

二つ目が、その代でたまたま稼ぎが良く、フローとしての年収が多い場合です。
悪い言い方をすれば、後者の方は「成金」と言えますね。

成金の方は、自分がお金を持っていることがとても特別なものと感じており、これまで自分が苦労してきた代わりと言わんばかりに派手なお金の使い方をしがちなものです。
奇抜なデザインのブランド品や、見せびらかすことを目的としているような物を買いがちなのです。

本人からすれば自慢げでしょうが、他人から見ると「下品」と思われがちですよね。
ところが、前者のような代々資産家の家の子は、ことさらに金持ちをひけらかすようなことはしません。

それどころかお金を持っている状態が当たり前すぎて自慢をしようという気にもならないんですね。
そのため、質素なお金の使い方をしていてもどことなく品があり、嫌な印象を与えません。

そんな方々が愛用しているのが、ヴィトンの財布のようなまさに「王道」ともいえるブランドなのです。
奇をてらわず、そのブランドを愛用してきた人、

メーカー、職人の思いがこもった歴史を大事にする。
そんな伝統や「受け継ぐもの」を大事にしていく姿勢がある人だからこそ、逆説的に「お金に好かれる」人になるのかもしれませんね。

 

 

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*