美・健康

歯周病って治るの?症状と治療方法・予防のまとめ

この記事は約 4 分で読めます。
1,938 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
歯周病って治るの

実は身近な歯の病気、歯周病。
30歳以上の成人の約8割の人が罹っていると言われています。

放置している人や、もしかして歯周病?と思っている方も多いのではないでしょうか。
歯周病は国民病とも呼ばれています。

初期の症状では気づかない人も多く、知らないうちに進行してしまうのが怖いところです。
しかし、初期症状で対処すれば進行を止められる病気でもあります。

今回はその歯周病についてまとめました。

歯周病とは

歯周病は細菌の感染によって起こる炎症性の疾患です。
歯茎や骨が炎症によって破壊され、最終的には歯が抜け落ちる場合もあります。日本人が歯を失う原因の1位は歯周病なのです。

歯周病の原因

  • プラーク(歯垢)
  • 喫煙
  • ストレス
  • 食習慣
  • 磨き残し
  • 不適合な義歯
  • 家族間感染
  • 全身疾患(糖尿病・骨粗鬆症・ホルモン異常など)
  • 歯ぎしり
  • 悪いかみ合わせ

健康な歯茎と歯周病の歯茎の特徴

健康な歯茎の特徴

  • 薄いピンク色の歯茎
  • 歯と歯の間の歯肉はきれいな三角形
  • ブラッシングで出血しない
  • 歯肉が歯と歯の間に入り込んで弾力がある。

歯周病の症状

  • 歯磨き時の出血
  • 歯茎が赤く腫れる
  • 口臭
  • 歯石
  • 歯茎が下がる
  • 歯がしみる
  • 噛むと痛い
  • 歯並びが悪くなる
  • 歯と歯の間に隙間ができた

これらの症状が多くあてはまると歯周病が進んでいる可能性があります。

歯周病の治し方

プラークコントロールでセルフケア

初期のものはセルフケアで進行を抑えることができます。
効果的にケアするにはプラークコントロールが大事です。

プラークコントロールとは歯ブラシやフロスなどでプラーク(歯垢)が付かないようにすることです。
適切なコントロールができれば歯周病の大きな原因のプラーク(歯垢)を取り除くことができます。

磨き方のポイント

歯間ブラシ、デンタルフロスの使用

歯ブラシだけでは歯と歯の間のお掃除は不可能です。
必ず、歯間ブラシかフロスなどを使って歯と歯の間のお掃除を行ってください。

歯ブラシよりも歯間のお掃除の方が大切です。

電動歯ブラシの使用

電動歯ブラシは細かい振動で歯磨きをするので、溝などもきれいに磨けます。
ただ、弱った歯茎などは圧が強いと傷ついてしまう可能性もあるので注意が必要です。

電動歯ブラシで磨く際も、デンタルフロスや歯間ブラシで仕上げることがいいようです。

ホームケアでは、朝昼の歯磨きは短時間でいいので、夜寝る前に10~15分かけて歯磨きを行うと効果的です。

食習慣・生活習慣の改善

プラーク以外にもストレスや喫煙など、間接的な要因も歯周病を進行させる原因なります。
歯周病になりやすい人の中には、歯磨きを日常的にしない。間食が多いなど生活習慣から改善点がある人も少なくありません。

歯のケア同様、食習慣や生活習慣の改善も必要です。

歯医者での治療

歯周病の原因となるプラーク(歯垢)の除去、歯石の除去を機械的に行いメンテナンスしていきます。
歯周病の重症度にもよりますが、自分ではケアできない歯の隙間のケアや、また歯周病の確認をするためにも、年に数回は歯医者でメンテナンスを受けることをおすすめします。

歯周病はきちんとケアをすれば、不治の病ではありません。
100%改善は出来なくても、今の状態より改善し、進行を食い止めることは可能な病気です。

歯磨き、そして歯間のケアがとても大切だということがわかります。
進行すると、大切な歯を失うことにもなりかねないので、正しいケアでしっかり対処をしていきたいですね。

\ 正しいケアが気になる方へ・弊社開発の新感覚の電動歯ブラシはいかがですか? /

CTA

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*