美・健康

歯のクリーニングってどんなことをするの?効果・金額・徹底解明!!

この記事は約 4 分で読めます。
2,204 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
歯のクリーニングってどんなことをするの?効果・金額・徹底解明!!

歯医者に行くと歯のクリーニングを進められることがあります。
実際、歯のクリーニングとはどういうことをするのでしょうか?疑問を徹底解明してみました。

歯のクリーニングとは

自分で行う普段の歯磨きでは取り除くことができない歯の汚れを取り除くことです。
落としきれなかった汚れはプラーク(歯垢)になり、放置すると歯石になります。

歯石になってしまいますと歯ブラシでは落とせなくなります。
歯石をそのままにしていると歯周病や虫歯の原因になります。

歯のクリーニングの効果

プラーク(歯垢)、歯石、着色を取り除き、歯周病を予防します。
タバコや茶渋などの着色は自分ではなかなか落とすこと難しい着色も落とすことができます。

歯医者でのクリーニングの方法

歯石除去

歯ブラシでは取れない歯石の除去は、スケーラーという器具を使ってお掃除をしていきます。
口の中がすっきりし、歯周病予防になります。

定期的に受けることで効果が増します。

着色除去

歯の表面の汚れを落とす場合は専用の機械で落としていきます。
タバコや、お茶、コーヒーなどで歯の表面についた色は茶色くなりますが、着色除去することで歯の白さを取り戻し、汚れが付きにくくなります。

クリーニングとホワイトニングは違うの?

歯の着色除去と言えばホワイトニングとは違うのでしょうか。
これはまた別物です。

クリーニングにより歯の白さが戻るのは本来の色に戻るということです。
一方、ホワイトニングは表面の汚れを落とすのではなく、歯の色を漂白して白く変えることができます。

口元が明るくなりますので、清潔感が増します。
ホワイトニングも歯のクリーニングをして歯の表面をきれいにしてから行うとより高い効果が得られます。

クリーニングの料金

歯の健康予防に大切なクリーニングですが気になるのは料金。
保険適用、保険適用外で変わりますが、歯周病治療目的のクリーニングですと、保険適用になり、着色除去が目的だと保険適用外となります。

・保険適用の金額
2,000円〜3,000円

・保険適用外
5,000円~10,000円(医院によって差がある)

・クリーニングにかかる時間
1回につき1時間ほど

定期的に受けたほうがいい?

歯石除去は3か月に一度程度は行うと効果が高くなります。
日常の歯磨きではどうしても取り切れない歯石が付着するので、歯周病予防のためにも年に数回はクリーニングが必要です。

保険治療の場合は一度にすべての歯をクリーニングできませんので、最低2回以上通う必要があります。

クリーニングの際に痛みはある?

歯石を取る際は痛みを感じる場合があります。歯茎の状態が悪いと、弱い刺激でも出血してしまします。
痛みが強い場合は相談しながら進めていきましょう。

定期的にクリーニングをし、歯茎が悪い状態を作らないようにしていくと、クリーニングの際の痛みも少なくなります。

自宅でできる着色除去はある?

電動歯ブラシの使用

電動歯ブラシを使うと手磨きよりも効率的に汚れを落とせます。
電動歯ブラシの中には着色除去モードの設定があるものもあります。

美白用歯磨きを使う

着色除去の効果のある歯磨き粉の利用が効果的です。
これだけで全て落とすことが難しい場合は、歯医者でのクリーニングの後の維持として使用するとより効果的です。

自宅での歯の着色の予防

① 丁寧な歯みがき
一日一回は隅々まで丁寧に磨きましょう。

② 着色除去効果のある歯磨き粉の使用
定期的に着色除去効果のある歯磨き粉で磨くと白い歯を保てます。

③ デンタルフロス、歯間ブラシを使う
歯と歯の間には汚れが溜まりやすくなり、着色しやすくなります。デンタルフロスはプラーク(歯垢)予防にも効果的です。

④ こまめなうがい
着色しやすいものを摂取した後には、水うがいをすると着色物質が減少します。

⑤ 喫煙をやめる
タバコに含まれるタールがヤニの原因となります。喫煙をやめると、ヤニによる着色がなくなります。

まとめ

歯のクリーニングは年に数回は歯医者で行いながら、自宅で予防を行うのが効果的です。
歯周病や、虫歯予防のみならず、着色除去で顔の印象まで良くなる歯のクリーニング。

しっかりと効果的に行い、白い歯を保ちましょう。

\ InfinitusValue新製品予約受付開始!! 新感覚の電動歯ブラシ /

CTA

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*