美・健康

高カロリー食がそのまま肥満に繋がるのではない

この記事は約 4 分で読めます。
2,127 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脂肪とタンパク質をあらためて見直す

「熱力学の第一法則」は物理学上の理論であって、生物学上では化学反応を無視していますので通用しません。
人間の身体は代謝により体重が維持調整をされていて、それを実現しやすくせる食物が脂肪やたんぱく質なのです。

炭水化物はインスリンを分泌させることにより脂肪を蓄積し分解を抑制し、さらには肝臓で糖分からも脂肪を生成させてしまうのです。
脂肪はインスリンを分泌させませんので、その真逆の成果が期待出来ます。

タンパク質もインスリンを分泌させますが、同時にグルカゴンを分泌させることにより脂肪の生成を抑制しています。
また摂取する過程において炭水化物や脂肪に比べて熱を発生しますし、ブドウ糖に変換することでエネルギーも消化します。

実際に人間やマウスを使った実験によってもこの事実は証明されています。
ダイエットに効果のある食材はまず脂肪、次にタンパク質となることが明らかになっているのです。

炭水化物は満腹になりにくい

炭水化物とタンパク質とで同じカロリーを摂取した場合、明らかにタンパク質の方が満腹感を得られやすいものです。
タンパク質を積極的に摂取していると一回の食事で食べる総量も抑えられるため、カロリー摂取量も抑えられます。

それでもタンパク質は摂り過ぎると心臓や腎臓などに負担をかけると心配する人もいますが、健康な人であればその影響はありません。
あるいはタンパク質は骨を弱くするなどとも言われますが、むしろ逆に骨を強くもしているのです。

炭水化物ではなかなか満腹感を得られない理由は、血糖値が関係しています。
血糖値が急に上がりやすいのでインスリンも急に分泌され、結果としては血糖値は摂取した以上に低く抑えられがちとなるのです。

脂肪にはインスリンの分泌を抑制する効果があるだけではありません。
コレシストキニンを分泌させ消化を遅らせてもくれるのです。

脂肪中心のインスリンを分泌させない食事を続けていると、脂肪が増えるのではなく脂肪は分解されて体重が減るのです。
さらに分解された脂肪はエネルギーとなりますので、身体が摂取したくなるカロリーも減ってくれるのです。

脳を混乱させては肥満に拍車もかかる

このような肥満に関わるホルモンを分泌しているのは脳です。
ですから脳の健常な働きを妨げれば、それも肥満の原因になります。

身体には肥満の原因となるインスリンが過度に分泌されているとそれに抵抗する仕組みもあります。
この抵抗力は脂肪が蓄積され過ぎていると脂肪組織に発生する炎症により低下する傾向にあります。

炭水化物は血糖値を急に上げますのでインスリンを急に増やすことから抵抗力が発生し、さらなるインスリンを分泌させるケースもあります。
血糖値を下げるはずのインスリンが結果的に肝臓から糖分を血中に流し込んだりもしますので、事態は悪化する一方と成り得るのです。

またインスリンの抵抗力が強くなると糖分が脳など身体の組織に行き渡らず重だるさを誘発することも考えられます。
空腹も感じやすくなりますので過食になってさらに肥満を引き起こすと言う悪循環にもなるのです。

そもそも脳からはレプチンが分泌されていてこれにより体重と代謝をコントロールしてくれています。
体重が増えればレプチンが増えて代謝量を増やして上手に調節してくれているのです。

炭水化物はレプチンの運搬を妨げる働きのあるトリグリセルドを増やすこともわかっています。
血糖値の急上昇によって脳に炎症が起こるとこのレプチンの働きをも低下させてしまいます。

以上については比較的長期に渡る実験データもあります。
これによるとカロリーを気にして脂肪を避けた食事をするよりも、カロリーを気にせず炭水化物さえ避けている食事をしていれば肥満は抑えられるとされています。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*