1. TOP
  2. ビジネスノウハウ
  3. ビジネスマインド
  4. あらかじめ転職を前提にしたライフプラン

あらかじめ転職を前提にしたライフプラン

ビジネスマインド 転職
この記事は約 4 分で読めます。 281 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする

自分自身を会社にする

自分自身を個人では無く法人化してみましょう。
そう思えば転職と言うのは取引先の変更と捉えられます。

より成長をさせ収益をアップさせるメリットある取引先に変更するのは法人とすれば当然の対応です。
技能の研究開発、営業戦略などから税務も会計も出来れば、収支の把握も容易になります。

英会話も出来れば海外への展開も視野に入れられるでしょう。
会社のように10年、20年と先の事業展開プランまで視野に入れるのも大切です。

そこに定年などはありません。
そして自分のどういうスキルに対しお金を払ってくれる人はどういう人なのか、それをはっきりさせておくべきです。

それがぶれてしまっては、経営もぶれてしまいます。
ターゲットをしっかり持っていれば、経営のマネジメントも集中出来ると言うものです。

もしも起業するのであれば、転職するのと違って多大な労力や周囲への負担もかかります。
しかしながら時代は起業を推し進める方向でもあります。

フリーランスを取り巻く環境も好転していて、大企業の副業さえも認められたりと自由を尊重する傾向もあるのです。

仕事との適度な距離感

若い頃、持っていた将来の夢に向かって真っすぐ突き進んでその道で生きていられればそれは理想的な話ではあります。
ですが、それはかなり非現実的な話である人が多いのも事実です。

そもそも確固たる夢などしっかり持っていた若者などどれだけいるものか疑問があります。
あらゆる道が自由に開けているだけに自分が何者かも把握しきっていない若者にとっては暗中模索の話であってもごく普通なのです。

そして時期が来て漠然と掴んでいる自分の希望と仕入れられた情報だけで判断して就職しているのです。
それから実際にはどうもフィットしていない自分にやっと気が付きます。

たまたま首尾よく最初からフィットしていれば結構ですが、そうでなくても当たり前なのです。
その時に自分がしたい仕事を見つけ出そうとする努力が無くては、そのままずるずると過ごしてしまう事になります。

それでも「仕事は粘りが大切、頑張っていればいい事もある」などと大人はそそのかすものです。
これに正直に真面目に乗ってしまって損をする例も多々あります。

必ずしも自分にぴったりな仕事につける訳でもありませんし、自分は何が好きなのかもわかっていない場合だってあります。
特に面白くなくても割り切って仕事に取り組んでいるのをとやかく人に言われる筋合いも無いでしょう。

仕事を新卒で決めてしまうのは早過ぎ

少ない情報源で短時間で決めてしまうのが新卒における就職です。
それは試金石としての就職先でしかありません。

そのままはまってしまうのももちろん結構ですが、そうでない場合に転職となる訳です。
そこで会社の人間が気に入らないからなどと会社を変えればいいと思ってはいけません。

まずは適性のある職種を考え直す事です。
その職種に特化した人物である方が圧倒的に社会は評価してくれるのです。

28歳までに職を決する

新卒では仕事は決められないからと言って、転職を繰り返していれば年も取ります。
いつまでたっても転々としていては何のスキルも上がりません。

そこで一応の目途として28歳を念頭に置いておきましょう。
一般に20代の内であれば仕事の吸収力もある程度は高く維持しているものです。

それでもなるべく早い内に決めるのに越した事はありません。
慌ててもいけませんが、のんびりしているほどいつまでも転職を受け入れてはくれないのです。

・35歳までに売り物を決める

一般に平均的な採用上限年齢は35歳とされています。
35歳を超えると若い人に比べて伸びる余地も限られます。

だから35歳を超えていたら転職出来ないと決めつける事もありません。
しかし概ね35歳までには自分が何を売り物にして仕事をしていくのかは決めてしまうべきです。

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Life|InfinitusValueが運営するサラリーマン、主婦向けの情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Life|InfinitusValueが運営するサラリーマン、主婦向けの情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ぴろし

ぴろし

1986年生まれ。福岡出身。大学卒業と同時に2009年に上京。大手ITメーカーで営業をしながら、2015年2月から副業で物販ビジネスを始める。同年4月には第一子も生まれ1児の父となる。これからは自分が大黒柱として家計を支えばければならないという思いに感化されつつ、大学卒業当時から目標として掲げていた「30歳までに独立起業」を意識し始める。その後必死に独立起業の夢の実現に向けて副業として物販事業を拡大。2015年7月には初めて副業収入で月収100万円を達成し、物販ビジネスを始めて丸1年後の2016年2月に初めて副業収入として月収200万円を達成する。そして晴れて2016年12月に退社。2017年1月に法人設立を果たす。この経験を活かしサラリーマンや主婦が副業で稼ぐ力を身につけるための情報を得る場所として当サイトの運営を開始し、様々な副業情報や、普段の生活をお得にする情報を発信中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【説明会参加者限定】スマートトラッキング電動歯ブラシを無料プレゼント

  • スマートトラッキング電動歯ブラシがモノ・マガジン等、各雑誌で紹介されました

  • Hanone(ハノネ)~毎日キレイ 歯の本音メディア~に掲載されました

  • スマートトラッキング電動歯ブラシが[moovoo]さんで紹介されました

関連記事

  • 夢を叶えるために、目標をきちんと決めよう

  • 目標を達成するために「習慣化」を身に着けよう

  • 仕事に恋する自分のつくり方 前編

  • ビジネスで光る★自分になる ~企業編~

  • 「なるべく努力をしない」という考え方を身に着けよう

  • 物販(転売)ビジネスはコンスタントに稼ぐことはできるのか?