副業

副業のおすすめは在宅ビジネス!購入が難しい商品でライバルに差をつけよう!

この記事は約 7 分で読めます。
1,621 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

サラリーマンやOLの給料だけではやりくりが難しいと感じたことはありませんか。
少しでも収入が増えれば、生活にも余裕ができるのにと。

転職という選択肢もありますが、現在の生活をベースに捉えるのならば、やはり副業がおすすめと言えるでしょう。
短期バイトや単発バイトなど稼ぐスタイルは様々で、その中の一つが在宅で行う副業です。

在宅副業には物販がおすすめ

在宅で行う副業のハードルは決して高いものではありません。
お小遣い稼ぎ程度が目標額であれば、ポイントサイトやアンケートサイトの利用で十分でしょう。

特別なスキルを必要としないため、ストレスを感じることなく報酬を得ることができます。もちろん、在宅で行う仕事が向かない方がいることも確かでしょう。
ただ、在宅副業のメリットは、土日祝日だけなど自分のペースで仕事を進めることができる点です。

他者に気兼ねすることなくルーティンワークを自分で決定できることは大きなメリットと言えます。

今までにもお伝えしたことですが、しっかりと稼ぐためには物販のカテゴリーは欠かせません。
在宅とはいえプライベートタイムを消費して副業を行うわけですから、相応の収入は得たいところ。
ここで大きく稼ぐポイントとなるのが、購入が難しい商品を手に入れられるかどうかです。

購入が難しい商品を狙う理由

物販ビジネスにおいて簡単に購入できる商品、つまり仕入れがしやすい品では、大きく稼ぐことは難しいでしょう。
仕入れが簡単な商品は安定供給できるというメリットがありますが、それはすなわち誰もが手に入れやすいという意味も持ちます。

オークションに同一商品が溢れかえっていれば、価格勝負の戦いへと繋がるのは明らか。この点が、購入の難しい商品を狙う理由です。競合相手が少ない商品を扱うことで、値引き合戦のリスクを回避します。

日本のマーケットで購入が難しい商品を見つけ出すことは厳しいでしょう。仮に見つけられたとしても、極僅かしかありません。そこで目を向けたいのが、海外のマーケットからの仕入れです。

インターネットが普及して以降、海外はとても身近な存在となり、個人での輸入もしやすい時代になりました。海外にはeBayやタオバオなど世界規模のマーケットがあり、それらから商品を仕入れて国内で販売する物販ビジネスは個人の副業などで人気がある分野です。

世界には仕入れのできない商品も

海外市場を対象とした新規参入者の場合、スムーズな仕入れが自分にできるか不安を感じるのではないでしょうか。
外国語は全くダメという方は少ないと思いますが、そのような方も翻訳サイトの活用でほぼ解決されると言えるでしょう。

ただ、問題となるのが、世界には日本から通常仕入れることができない商品がたくさんあることです。
eBayを利用している人なら「May not ship to Japan(日本へは発送できません)」という表示を見かけたことがあると思います。

ここで戦意を喪失していては、大きく稼げるチャンスを逃していると言えるでしょう。国内のネットショップやオークションサイトで本来日本に発送できない商品が出品されているのを見たことはありませんか。
出品されている商品は、もちろん違法な手段を使って仕入れたものではありません。

では一体、こうした商品はどのように仕入れているのでしょうか?
そのあたりを詳しく解説していきたいと思います。

日本未発送商品を仕入れる方法とは?

海外のサイトで商品を探していると、商品の発送をアメリカ国内限定にするなど出品する側の在住国のみとしている販売者がいます。

こうした商品は一般的な方法では仕入れが不可能です。しかしながら、日本に発送していないわけですから、日本で販売すれば高値で売れる可能性があります。

日本未発送の商品を仕入れるには2つの方法があります。
一つは販売者に交渉することです。

日本人は交渉が苦手とよく言われますが、聞くのはただですからものは試しです。
レストランでメニューにない料理を注文するのをイメージしてみると良いでしょう。お店によってはサービスしてもらえることがあるように、交渉次第で発送となるケースもゼロではありません。

もちろん、海外サイトですからメッセージのやりとりは当然英語が必要になります。
この部分で心理的なハードルが高くなる人もいるかもしれません。ただ、翻訳サイトを使えば英文を読むことは簡単ですから、シンプルに「商品が気に入ったので日本に送っていただけませんか?」と問い合わせば良いのです。

商品を仕入れるための販売者とのやりとりは、ビジネスの経験値をアップさせるはずです。初めは抵抗があるかもしれませんが、経験値の積み重ねは将来の売り上げに繋がると心得るべきでしょう。それに、質問するだけなら無料ですから試してみない手はないと言えます。

転送サービスを利用してみよう!

さて、交渉の結果、やはり日本へは発送できないと言われた場合はどうすれば良いでしょうか?
実は海外仕入れには転送サービスという裏技があります。

これは転送会社に手数料を払って日本未発送の商品を送ってもらう方法で、転送会社は世界中にあります。

同じようなことを考える人は日本人だけではありませんから、仲介的な存在で中間マージンを生み出しているのです。

実際にどんな転送会社があるのか?

例えば、アメリカのオレゴン州に倉庫を持つUS-BUYERは最低5ドルから利用することが可能で、最大90日間商品を保管してもらえます。
もちろん、eBayやアマゾンにも対応しているので、日本未発送商品の仕入れには有効です。

またMyUSという会社は、日本人ユーザーを多く抱えていると言われていて、転送会社としては老舗で料金も良心的です。
出荷量が多ければ多いほど送料が安くなるシステムなので、低コスト化の魅力があります。

他では日本語で利用できる“はむはむ”便というサービスもありますが、こちらは手数料が英語サイトに比べて高めなのがネックです。

このように、転送サービスを利用することで、日本未発送の商品を簡単に仕入れることができるのです。

もちろん、転送サービスは手数料がかかりますから、その分の計算はしっかりと行う必要があります。
とはいえ、需要が確かな日本未発送商品は、大量発注すれば手数料を差し引いても十分な利益がでます。
効率の良い仕入れを目指すためには、できる限り多くの商品をまとめて注文するなど、送料を抑える工夫が必要と言えるでしょう。

軌道に乗った場合の注意点

新規で始めた方も経験を積むことで成長し、あなたのファンとも呼べるお客様も増えてくるでしょう。
そうなれば、物販ビジネスも軌道に乗り売り上げも予想以上に伸びていきます。

本業の稼ぎに迫るほど順調に売り上げが伸びるのは良いことなのですが、物販ビジネスをあくまでも副業と捉えた場合にはいくつか注意すべきことがあります。

本業の両立と確定申告です。

本業のバランスと確定申告

「少しでも収入が増えれば」と始めた副業も、軌道に乗ればより大きく手掛けたくなるのが人情でしょう。
人によっては独立を意識する方もいるかもしれません。

この段階で注意点として挙げたいのが本業とのバランスです。上手く両立できれば問題はありませんが、サイドビジネスにのめり込み、本業を疎かにしたというケースも良く耳にします。

給料という後ろ盾があるから副業で多少のリスクも取れることもまた事実。サイドビジネスが上手くいっているときほど、バランス感覚に気を付けるべきと言えます。
副業とどう向き合うかを問われるレベルまでに到達したと表現しても良いでしょう。

独立を意識するよりも以前に必要となるのが確定申告です。もちろん、給料以外の所得がなければ申告は必要ありません。

給料以外の経費を差し引いた所得が副業で20万円を超えた場合、確定申告が必要です。将来的に独立を目指している方ならば尚更、申告の仕組みに慣れておく必要があります。

おわりに

今回は、副業のなかでは在宅で行うことができる物販ビジネス、とくに購入が難しい商品を扱うことがおすすめとお伝えしてきました。
物販スタイルで薄利多売が好きという方もいるでしょう。もちろん、薄い利益で数をこなす戦略も間違いではありません。

しかしながら、薄利多売で稼ぎ続けることは多くの労力と時間を必要とします。基本的に空いている時間に行う副業には少々向いていない手法と言えるでしょう。

ここでお伝えした購入が難しい商品に的を絞り、隙間時間に大きく稼ぐ物販スタイルをおすすめします。

Happy Lifeライターぴろしがおすすめする2020年の副業はこちら

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*