副業

海外輸入で売って稼ぐ! 副業をもう一つの収入の柱とする! 基礎編2

この記事は約 4 分で読めます。
1,502 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

バイマで売るための必須ノウハウ2

バイマで出品した商品が売れるためには、やっておいた方が良いことがあります。
その一つは、前述したブランドランキングを上手に活用して、正しい方法での仕入れを実践することだとお伝えしました。

とはいえ、皆さんが出品した商品ページが購入者から見てそそらないものだとしたら、やはりそのページは閉じられてしまいます。
ある統計データによると、ページを開いてその先を読むか閉じるかの判断は2〜5秒と言われています。

つまり、売れる商品は商品ページが鍵を握るといっても過言ではありません。
では一体、売れる商品ページはどのように作るのか?
その方法をご紹介します。

 

バイマで売れる商品ページとは?

ビジネス初心者が陥りがちな失敗例は、商品タイトルをとりあえず英語名で入力し商品コメントを最低限しか記載しないことです。
これは出品者側にしてみれば作業が簡単になるので良いかもしれませんが、購入者側にしてみれば説明不足なので不親切に感じてしまいます。

インターネットで完結してしまうビジネス。
だからこそ、実際の店舗と同じくらいこだわる必要があります。

お客様の不安をできるだけ無くしてあげることが、結果的に価値提供となり、最終的に自分への報酬となって返ってくるのです。

つまり、商品のタイトルやコメントはブランドの正式表記や型番、色、サイズ、どんなキーワードで商品検索するか?
どんなときに使うか?など消費者目線で考えることが大切です。

次に、出品価格の設定ですが、あなた以外にもあなたと同じブランドを出品している人がいる場合も当然あるので、最安値での出品が最も売れるでしょう。
とはいえ、最安値に設定して赤字になってしまうようでは本末転倒です。

そこで、扱うブランドや他のパーソナルショッパーとのバランスを考えることが重要です。
モノの値段には適正価格というものがあります。

たった一人の無茶な値下げにより、その価格の公平さが失われ、あれよあれよ言う間に値下げ合戦に陥りかねません。
そうなってしまっては、結局は自分の首を締めてしまいます。

しっかりと自分の利益を残すためにも、適正価格を保つことを心掛けてくださいね。
話は戻りますが、インターネットで服や靴を買う場合、誰でも気になるのが実際のサイズ感です。

サイズは人によって数字通りにフィットしない場合もよくあります。
ですから、購入する側が安心して注文できるように細かく表記してあげることが受注の鍵を握ります。

 

モデリングの効果

モデリングという言葉を一度は聞いたことがあるかもしれません。
これは物販ビジネスに限った話ではないのですが上手くいっているものの真似をすることです。

誤解のないように申し上げますが、真似することとパクることは異なりますので、注意してください。
さて、バイマでモデリングをする場合、売れているパーソナルショッパーを参考に出品すれば良いのですが、大切なのはその人と同じように出品できているかということです。

ブランド、カテゴリー、キーワードなど中途半端なモデリングは逆に失敗します。
例えば、「あの有名女優も愛用している・・・」といった商品コメントがあったら、あなた自身が扱うブランドで有名人の愛用者を探して同じコピーを使うことがモデリングです。

こうしてページ全体を人気のパーソナルショッパーに寄せていくことで、あなたの商品ページはアクセスが増えて売上が伸びるという好循環を生むのです。

 

意外と大事な出品数

売れる商品ページを作ったらもう一つ大事なことがあります。
それは出品する商品の数を増やすことです。

バイマは1つのアカウントで最大5000品まで、プレミアムバイヤーやショップアカウントなら1万品まで出品することができます。
単純計算ですが、出品数が100品より1000品という人の方がアクセス数は増えます。

たとえ上限の5000品は無理でも、出品数を上げることが利益を伸ばす行動と言えます。
もちろん5000品も出品する時間がない、という人もいると思いますが、バイマではBUYER ASSISTという出品ツールがあり効率よく出品数を増やすことが可能ですから、コツコツと実践することで、出品数は確実に上がります。

このように、バイマには賢く売るための方法があるので、副業でも稼ぐことができるのです。

 

 

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*