副業

バイマで売れるための必勝法その1

この記事は約 4 分で読めます。
1,533 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

バイマでライバルに勝ち抜くためには差別化戦略が必要です。
でも初心者がいきなり差別化戦略と言われても、行動できないですよね。

ですから、まずはどんなブランドが売れているのかリサーチから始めることをオススメします。

売れ筋商品がわかるブランドランキング

バイマにパーソナルッショッパーとして登録すると、ブランドランキングというものを閲覧することができます。
アマゾンでもランキングがありますが、それと同じようにランキングから売れ筋商品を見つける方法です。

ただ、ここでひとつ問題があります。
単純ランキング上位の商品を仕入れれば売れる、というものではありません。

なぜなら、ランキング上位のブランドは、仕入れる人も多いため仕入れにはお金と労力がかかります。
人気商品だからといって思い通りに商品を仕入れることができなければ、せっかく注文が入っても赤字に陥るリスクがあります。

そこで重要なのがランキングのセグメント化です。

ブランドランキングの見方とは?

一言でブランドといってもその種類は様々です。
例えば、価格という点から見ても、3つのブランドに分類することができます。

  • PRADA、CHANEL、GUCCIなど誰もが知っている高価格帯のハイブランド
  • ハイブランドに並び有名なCOACHラルフローレンなど中価格帯のミドルブランド
  • ZARAH&Mに代表される低価格帯のファストファッション

価格だけでもこれだけ種類が分かれます。
また別の視点で捉えるとSTUSSYSupremeなどのストリートブランドや、NikePumaといったスポーツブランドという分け方もできます。

つまり、ブランドランキングの中でも、このセグメント化したブランド別のランキングを独自に出すことで、あなたにとって仕入れやすい売れ筋商品を見つけることができるのです。
売れ筋商品のリサーチはそれ以外に、日本在住で評価の高いパーソナルショッパーを探して、その出品リストから見つけるといった方法など、インターネットで検索すればたくさん出てきます。

ただ、どんなデータもその見方が大切なので、セグメント化というキーワードを忘れないでいただければと思います。

バイマで重要な仕入れルートの開拓

売れ筋商品を発掘したら、次にすることは仕入れルートの開拓です。
「海外ブランドだから現地に行けば安く手に入る」という発想をする人も多いと思います。

事実、PRADA、GUCCI、COACHなど、海外のアウトレットで格安に手に入るものはあります。
でも、会社員の副業レベルやビジネス初心者がいきなり実践するには、時間もお金もかかるため
ハードルが高すぎます。

そこで、効率的な仕入れができる手法が海外英語版の通販サイトでの購入です。
この方法はVAT(日本でいう消費税)が免除されるため、バイマの出品者の中で常套手段とも言われています。

また英語がわからなくても翻訳サイトで翻訳すれば、100%といかなくても内容は十分理解できます。
また注意事項としてバイマでは、買い付けしてはいけないサイトがあります。

それは、日本人向けに日本語で販売されているECサイト、個人間取引ができるマッチングサイトや個人出店可能なマーケットプレイス、それとバイマが禁止として指定しているWEBサイトや販売店です。
バイマではこうした仕入れに関するルールもありますので、出品資格停止などペナルティを受けないように公正な取引を心がけることも大切ですから、ルールはしっかり確認してくださいね。

もしかすると、ビジネス初心者には少し難しく感じたかもしれません。
しかし、バイマは海外ブランドという差別化が図られたサイトですから、すでに見込み客が集まっています。

ですから、あなたの頑張り次第で利益を出すことは可能です。
自分に合っている取引方法だと思えるなら、あきらめずに続けることをオススメします。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*