副業

アマゾンで成功するために大切な2つのこと

この記事は約 4 分で読めます。
1,543 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

昨今の時代背景から会社員の副業が当たり前になりつつある中、アマゾンの魅力に惹かれてビジネスを始めようと考える人は
少なくないと思います。
とはいえ、ビジネス初心者は成功体験がないので、利益を上げるイメージが湧きにくいこともあるでしょう。

そこで、ビジネス経験のない人が、アマゾンで成功するために大切な2つのことについてお伝えします。

すべてはリサーチが成功の鍵を握る

ビジネスが上手くいっている人たちの中で、よく「リサーチを制するものは成功する」と言う人がいます。
これはある意味当たり前の話ですが、需要のない商品をいくら出品してもそれが売れる確率は極めて低いですよね。

つまり、人の欲しがるものを出品する人が成功するわけですから、売れ筋商品をリサーチできる人はビジネスが軌道に乗るということです。
では一体、アマゾンで売れている海外商品はどんなものか?

そのリサーチ方法をご紹介します。
実を言うと、アマゾンで売れ筋商品を見つける方法は一つではありません。

海外商品を輸入してアマゾンで販売する人は、セラーリサーチをしている人が多いと言われていますが、リサーチ方法は他にもたくさんあります。
ちなみに、セラーリサーチとはあなたと同業者がどんな輸入品を扱っているのか?や、そこから波及する情報を頼りにするものです。

さて、セラーリサーチ以外では、例えば、アマゾンランキングを参考にする方法があります。
これはアメリカでは人気なのに日本では登録されていない、といった商品もあるので意外につかえます。

なぜなら、アメリカで流行ったものは、遅かれ早かれ日本でも流行るからです。
ですから、このアマゾンランキングの上位は売れ筋商品と言えます。

またランキングは、カスタマーレビューの良い商品を表すトップレートランキングや、最も多くほしいものリストに追加された商品を表すほしい物ランキングなどがあります。
つまり、ランキングのコンセプトがしっかりしているので、信頼できるデータとして十分参考になるということです。

他にもモノレートという販売個数を調べる方法もありますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

仕入れの重要ポイントを押さえる

アマゾンでのリサーチ力を身につけたら、次に必要なことは仕入れです。
そもそも物販ビジネスでは在庫を抱えるケース(在庫販売)と、在庫を持たないケース(無在庫販売)があります。

在庫販売は、予め売れ筋商品を仕入れて注文が入ったら出荷します。
一方で、無在庫販売は、注文が入ったら仕入れて出荷するわけですが、アマゾンにおいて、無在庫販売はハイリスクなのでオススメできません。

アマゾンで注文する人の中には、当日配送を重視している人がたくさんいます。
そのため、無在庫販売で仕入れが遅れたりトラブルがあると、顧客のニーズに対応できなくなります。

アカウント停止やショッピングカート獲得率の低下を防ぐためにも、無在庫販売は控えた方が良いでしょう。
それでは、実際に在庫を抱えるとして、売れ筋商品はどこから仕入れるのが良いのか?

実を言うと、中国には商品購入のプロがいるため、仕入れそのものを代行することができます。
中国と聞くと不安に思う人もいるかもしれませんが、仕入れを代行する中国人は日本語が話せますから
言葉の壁はありません。

事実、中国人とパートナーを組んで商品を仕入れアマゾンで販売することで、物販ビジネスとしては50%以上の高利益率を生み出すことが十分可能と言われています。

また、画像検索リサーチを活用すれば、自身で中国語のサイトから稼げる商品を仕入れることができます。
その他、アメリカのアマゾンで日本に直送してくれる商品を仕入れるのも低コストで効率的ですから、こちらも参考にしてみると良いかもしれません。

このように、リサーチと仕入れの大切さを実感することで、あなたはビジネススキルが上がっていくのです。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*