ビジネスノウハウ

eBayでしっかり落札してガッツリ収入に繋げよう!!!

この記事は約 4 分で読めます。
1,219 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

eBayで商品を落札するポイント

海外仕入れで有用なツールであるeBayですが、実際に入札から商品の受け取りまでの流れで、効率的な進め方や注意すべきことがあります。
eBayの基本的なルールはヤフオクとあまり変わりません。

オークション形式と即売形式があり、商品を落札したら出品者の情報が通知され、相手からインボイス(請求書)が届きますのでそれを確認してペイパルで決済するという流れです。
注意すべきことは原則キャンセルができないことです。

入札は契約の一種なのでeBayでは落札代金を払わないなど、一方的なキャンセルはペナルティを課せられる場合があります。
また出品者から悪評がつく可能性が高いので、売れ筋商品を見つけても入札は慎重に行う必要があります。

 

欲しい商品を見つけるステップ

eBayには莫大な商品が出品されているため、商品はカテゴリーごとに分類されています。
まずトップページのAll Categoriesにカーソルを当てると大カテゴリーが表示され、各カテゴリーを選択すると中カテゴリーが表示されます。

こうしてツリー状になっているカテゴリーを細分化すると欲しい商品を見つけることができます。
とはいえ、数多くのカテゴリーがあるので欲しい商品をキーワード検索した方が効率的な場合もあります。

ただ、eBayのキーワード検索は英語なので日本語のイメージをどのように英語表現すれば良いかわからないという人もいるでしょう。
でも安心してください。

キーワードの入力欄にカテゴリーに相当する単語を入れれば、その単語から波及するキーワードがプルダウン形式で表示されます。
そこから適当な組み合わせを選べば、探している商品が見つかるかもしれません。

キーワード検索に慣れてきたら、探したい商品の条件を細かく指定できるAdvanced Searchを使うのも良いでしょう。
ヤフオクでも条件を指定して検索する方法がありますが、Advanced Searchはその機能をレベルアップしたようなものなので、マスターすれば欲しい商品をすぐに見つけることができます。

さらに、除外する単語や金額の範囲、出品者や商品の現在位置、海外発送が可能かどうか、といった条件に見合う商品だけを指定した順番に並べ替えて表示してくれるなど、非常に優れた商品検索ツールと言えます。

 

My eBay  〜あなただけのコンシェルジュ〜

題名が洒落たイタリアンのメニューみたいになってしまいましたがそこはご愛嬌で笑

eBayにはあなたが作業する内容を一元管理できるMy eBayというマイページがあります。
入札前のオークションを監視するウォッチリスト、入札中のオークションの監視、落札代金の支払い、eBayからの連絡など、サイト内で行う処理の大半を管理する機能が集約されています。

あなたが会社員で副業から始めるという場合には、時間に制約があると思います。
ですからこのMy eBayが、あなたのコンシェルジュとして活躍してくれますからぜひ使いこなせるようにしていきましょう。

 

わからないことは出品者に確認しよう

ヤフオクに慣れている人なら、eBay出品者の商品説明はアバウトに感じるかもしれません。
そのため、商品の状態や細かい部分で不明なことは出品者に質問することをオススメします。

大抵の出品者はネガティブなことでも隠さず教えてくれますから、わからないことの確認は必要不可欠です。
ましてや、あなたは仕入れた商品を販売するので商品トラブルは絶対に避けたいところです。

それに出品者への質問はとても簡単で、詳細情報ページのAsk a question(質問する)をクリックすると専用のフォームが開くので、フォームに従って質問するだけです。
また、質問は日本人同士のような相手を気遣う文章は却ってなる分かりづらくなるため、シンプルに用件を伝えるだけの方が良いです。

値引き交渉など遠慮なく気軽にすると良いでしょう。
値引きを求めることは出品者に購入の意思を見せることですから、悪評につながることはありませんし、値引きが難しければそういう回答がくるだけです。

いかがだったでしょうか。
このようにeBayでは落札にあたって、様々なキーポイントがあります。

海外から商品を仕入れるだけに落札は慎重に行いたいという人は多いはずです。
商品検索や出品者との駆け引きなど参考にしてみてください。

 

 

 

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*