海外輸入

世界最大のオークションサイト”eBay”の魅力とは?

この記事は約 4 分で読めます。
1,380 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オリジナルインポートビジネスでは販売スキルを高めるとともに重要なのが、低コストで効率の良い仕入れです。
当然ですが、海外から商品を仕入れるということは、日本よりも商品の到着までに時間がかかります。

とはいえ、現地に直接買い付けにいくお金と時間を考えれば、インターネットですべて完結する仕入れは魅力的です。
そして、その仕入れツールとして数多くの人が利用しているプラットフォームがeBay(イーベイ)です。

eBayは世界中から商品が集まる世界最大のマーケットプレイスでeBayで取り扱われている商品は、5万種類以上と言われています。
それではeBayの基本的な仕組みをご紹介します。

eBayの仕組みはわかりやすい

eBayの仕組みはヤフオクなど日本のオークションサイトとほとんど同じです。
異なる点は、商品説明が英語、取引相手が海外在住、決済がドルなどの外貨建てといったところです。

英語や外貨と聞くと難しい印象がありますが、英語は中学生レベルで十分対応できますし、わからなくても翻訳サイトにコピペすれば問題ありません。
外貨もペイパルを使えば簡単に手続きできます。

それで、eBayを始めるには、受信可能なメールアドレスとクレジットカードの準備が必要です。
これは、eBayが会員制のサイトなので会員登録と本人確認をするためです。

また決済用にペイパルアカウントを開設すること、eBayの機能をフルに活用できます。
eBayは会員制といっても月会費や維持費は不要です。

商品を購入するときの落札手数料もかかりません。
つまり、利用手数料は実質無料ということです。

ただ、eBayで商品を落札=輸入となりますから送料・通関手数料・関税などが発生します。
日本のオークションサイトとの違いはこの程度ですから難しく考える必要はありません。

eBayで使われる基本的な用語

eBayの仕組は基本的に日本のオークションサイトと同じですが、海外サイトのため聞きなれない言葉もあると思います。
そこで、eBayでよく使われる用語をご紹介します。

  • Bid(入札)
  • Seller(出品者)
  • Current bid(現在の価格)
  • Reserve Price(最低落札価格)
  • Your maximum bid(最高入札額)
  • Watch List(ウォッチリスト)
  • History(入札履歴)
  • Shipping(送料)
  • Delivery(配送方法)
  • Return policy(返品規定)
  • About Me(自己紹介)
  • Feedback(評価)

日本では横文字もそこそこ浸透していますので、ネットオークションの経験がある人ならこれらの用語に「うんうん」とうなづけると思います。

簡単にできるeBayアカウントの取得

eBayのアカウントは簡単に取得できます。
まずトップページのRegister(登録)ボタンをクリックすると、会員登録ページに移行します。

会員登録は個人情報の入力の他、本人確認など、インターネットを使っている人ならお馴染みの内容ですから手続きは数分もかかりません。
そして、会員登録をしてアカウントが設定されたら、IDとパスワードでログインすれば入札できます。

eBayのアカウントを取得したら、決済のためのペイパルアカウントも取得しましょう。
それで、商品を落札したらペイパルで決済して、商品が届くのを待ちます。

商品が届いたら相手を評価して取引終了です。
このように、eBayはヤフオクの仕組みを知っていれば、誰でも簡単に取引することができます。

海外仕入れは一見難しそうなイメージがありますが、基本的なことは日本でも海外でも変わりませんので
eBay取引の一連の流れをしっかり認識して実践すれば、理想の商品をゲットすることができるでしょう。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*