1. TOP
  2. ビジネスノウハウ
  3. その他の副業
  4. 副業の始め方を徹底解説!初心者は何から始めるべき?効率的な探し方も紹介

副業の始め方を徹底解説!初心者は何から始めるべき?効率的な探し方も紹介

その他の副業 ビジネスノウハウ ビジネスマインド
この記事は約 12 分で読めます。 4,597 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
1日1時間からの副業、何をする?何からすべき?

会社員として頑張っているけど、なかなか給料が上がらない。
少しでも収入が増えれば良いのになあ、と思ったことはありませんか。

報酬の良い別の勤務先を探すのも一つの方法ですが、転職は場合によってはリスクを伴うときもあります。
まずはハードルが低い副業から始めてみてはいかかでしょうか。

もちろん、「ノウハウのない者がいきなりサイドビジネス!?」というご不安もあると思います。
ということで、ここでは初心者向けの副業の始め方をみていきましょう。

副業を始めるにあたっての心構え

一言で副業といっても、ワークスタイルは様々と言えるでしょう。
人により空き時間が1日1時間であったり、週末の土日だけであったりするためです。

また、副業を始めるにあたっての心構えの基本となるのが、「本業に支障をきたさない」です。夢中になり過ぎて収入のベースとなる本業が疎かになっては本末転倒と言えます。

「じゃあ、何から始めれば良いの?」ということになりますが、答えは簡単明瞭。
自分が持っている特技や資格、好きなことを仕事にするのです。

イラストレーターやハンドメイドも対象

副業を始めるにあたり、全てがゼロからのスタートとなれば、お金も時間も予想以上に掛かります。
好きなことや得意なこと、持っている資格を活用することで、副業のスタートダッシュにかかる無駄が省けるのです。

「英語の資格を持っていて、英文を読むのが得意だ」という方は翻訳がおすすめでしょう。
報酬だけではなく、国と国を結びつけるやりがいのある仕事です。

有資格に関係する仕事に限らず、副業としてイラストレーターで活躍している人、ハンドメイド作品をフリマサイトなどに出品して収入を得ている方もいます。

どちらも本業とは関係のない、得意なことや趣味を副業の対象としています。
もちろん作品に対する責任はありますが、好きなことを対象としているため、精神的なストレスが少ないのです。

一歩を踏み出す

負担を感じることのないビジネスであることは、副業を始める条件となります。
ただ、難しく考える必要はありません。ようは自分の出来る範囲で行い、成り立てばそれで良いのです。

ぼんやりとでもイメージが浮かび上がったら、まずはいろいろ考えこまずに一歩を踏み出してみましょう。あれこれと現実的なことを考え込んでしまうと、行動を起こす気が失せてしまうかもしれません。

会社では事業を起こすのに、上司を納得させる面倒な計画書が要求されます。
この点、自由に実行に移せる、とくに自分一人でおこなう副業は気楽なものです。

リストアップを活用

「特別な資格や特技もないし、好きなことと言われても……」という人もいるかもしれません。
このような場合には、リストアップが有効でしょう。

幼少時代や学生時代まで振り返って、先生や周囲の人によく褒められていたことをリストにしていきます。
どんな些細なことでも構いません。思うがままに書き上げてください。
自分では忘れていた、気づかなかったことが浮かび上がってくるでしょう。書き上げたリストの中から、ビジネスに適したものを選択し、じっくり考えれば良いのです。

お金と時間の無駄遣いには注意

気軽な一面を持つ副業ではあるものの、お金と時間の無駄遣いには注意が必要です。

確かに起業するよりも初期投資は少ないですが、稼いだ報酬を無駄にしていては意味がありません。もちろん、頑張ったご褒美や生活を充実させる資金としてお金を使うのは良いのです。

ただ、副業は最初からなかなか上手くはいかないものです。
無駄に浪費していては、資料や材料など必要物を仕入れる資金が足りなくなる場合も起こり得ます。

同様に時間の無駄遣いにも注意するべきです。
資格や趣味でスタートした副業ですから、基礎知識は十分にあるはずです。
ただ、より大きく報酬を得ようとした場合、それまでのスキルや資格では対応が出来なくなることもあります。

そのため、更なるスキルアップに向けて資格取得に乗り出す訳ですが、落とし穴に注意です。
専門的な知識を仕入れなければと気合を入れ過ぎるのは要注意。心意気は立派ですし、人生においては決して無駄にはならないでしょう。
しかし、なかには難度の高い資格にチャレンジすることが目的となってしまう人がいます。
これでは無用の時間を浪費するため本末転倒、副業においてはマイナス要素にすぎません。ワンステップ上がるには、何が必要なのかを考えるべきでしょう。

普段の生活からも無駄を省く

お小遣い程度で十分と言う方なら問題はないのですが、副業でより多くの報酬を得ようとした場合、1日1時間程ではとても時間が足りないのが実情です。

得意としているカテゴリでも、次々と案件が舞い込めば、時間はあっという間に経過してしまうでしょう。
そのため、目的の金額を稼ぐには普段の生活からも無駄を省く必要があります。
1日の生活を振り返り、省ける対象はないかを考えてみるのがポイントです。なんとなくつけたテレビをだらだらと眺めていたり、無意識にスマホやタブレットに触れたりしていませんか。

ちょっとだけの時間でも、トータルすると大きな無駄に繋がっているというケースはよくあることです。

惰性だけの会社の飲み会であれば、できるだけ避けたいものです。
もちろん、コミュニケーションによる人脈作りは、副業においても無駄にはなりません。しかし、上司や仕事の愚痴を言い合うだけの飲み会は無駄、余計なコミュニケーションと言えます。
人付き合いは大切ですが、副業を軌道に乗せるには意識の変化も必要です。

最初は小さく確実に

副業の種類を問わず、初めから大きな稼ぎを狙うのはリスクがあります。
特技や趣味を武器にしているとは言っても、初心者ですからなかなか上手くはいかないものです。

遠回りに感じるかもしれませんが、最初は小さく確実に行きましょう。

翻訳を請け負う場合やウェブライターとして記事を書く場合などは、数多く契約した方が報酬が増えることに間違いありません。しかし、力量が伴わなかったとき問題が発生します。

迫る納期に焦り、クライアントが要求する翻訳水準に達さなかったり、大量の記事を書こうとして内容が粗くなったりします。これでは、信用を失い継続的な仕事にはなりません。
一つの契約を確実にこなす。それこそが継続に繋がり、他のクライアントからも声を掛けられるベースとなります。

イラストやハンドメイドなども同様です。自分の力量を自覚しておく必要があります。

一つの契約、一つの作品を丁寧に仕上げること。
確かに稼ぎは少ないですが、最初はこういった確実性を優先するべきでしょう。

先人の知恵を借りる

自分の商品や作品に自信があっても、SNSやホームページで紹介するとき、どのように書けば良いのか分からないというときもあるでしょう。とくに副業初心者ならばなおさらです。

経験者が近くにいればアドバイスを受けることも出来ますが、誰もいないときは見知らぬ先人の知恵を借りましょう。つまり、既に商品を販売している方の手法を真似るわけです。
お客様に対しての紹介文や写真の撮り方はとても参考になるでしょう。ただ、参考とするのは良いですが、コピペは厳禁です。紹介文一つをとっても作品同様オリジナリティがなければ、お客様は残ってはくれません。

より税金のことを意識する

副業で得た収入も税の対象です。
会社員で本業だけの場合はほぼ無関係と言える確定申告ですが、他に所得が発生した場合には申告が必要です。

通常、副業は雑所得扱いですが、規模が大きくなれば事業所得として計上されるので、会社員としての所得と合算されます。

副業は会社に把握される?

同じような給料の他の人に比べて住民税の金額が高い場合、会社側へ副業をしていることがばれることがあります。

これを避ける方法として、確定申告の際、住民税の徴収方法を普通徴収へと切り替えるという方法があります。
切り替えることで、会社を通さず直接住民税の納付書が自宅宛に届けられるため、会社に知られることがなくなるのです。

副業から起業へ

事業所得という段階までくると、独立や起業を考える方もいるかもしれません。副業から起業へ、サクセスストーリーとも言えますが、一層の覚悟や戦略が必要となるでしょう。

会社員という世間的にも安定したポジションを捨てる訳ですから、副業を始めたときとはわけが異なり、収入も含め様々な環境が不安定になります。

価格設定やリピーターの確保、ホームページ、SNSなどを使った宣伝、あらゆることに意識を向ける必要があります。

価格設定とサービス

売り手の心理として、価格設定を低くすれば商品が売れると思いがちです。お客様のなかにも価格の安さがサービスだと感じている人も少なからずいるでしょう。

ただ、オリジナリを謳う商品の場合、妙に低い価格設定では不安を与えるケースがあります。
粗悪な素材を使っているのではと勘ぐられたり、実は何処かから仕入れた物なのではと疑われたりする可能性が伴うのです。

そのため、自信のある商品は、相応の値段を付けたほうがお客様も安心します。

それでは、サービスとは何でしょうか。
実際に購入される前のサンプルやお試し商品もサービスの例と言えるでしょう。
アイデア次第でサービスは無限に作り出すことが出来ます。

ノウハウの提供もその1つです。
自分でもハンドメイドをしてみたいという方には、基本的な手ほどきをしてみるのも良いでしょう。
講習会を開くことでファンはもとより、新たな顧客獲得の可能性も広がります。

イラストのファンには、動画で作成の工程を見せるのも手です。
もちろん、技術の全てや商品の秘密を公開する必要はありません。

サービスの一環として、基礎的な部分だけをお伝えするのです。

リピーターの確保

規模の大小に関わらず、事業を進めていくうえで欠かせない存在が、安定した客層であるリピーターと言えるでしょう。新規顧客の開拓も確かに必要ですが、継続的に購入してくれる固定客は有難いものです。

1人の固定客が事業にもたらす効果は侮ることが出来ません。
固定客の家族や親類、その子供たちまでお客様となり、リピーターとなる可能性があるからです。

だた、馴染みのお客様の存在は諸刃の剣でもあります。
口コミひとつで客離れが始まる可能性を秘めていることを心得ておくべきでしょう。

継続的なリピーターの確保は、ハードルが高いものです。
従来の質を落とさない、マンネリ化しないアイデアを打ち出す、固定客ならではサービスを心掛けるなど、副業時代よりもパワフルなルーティーンワークが要求されます。

宣伝・情報発信の充実

自信を持った新作の発表や在庫切れの補充など、宣伝や情報発信は経営においての必須事項です。
詳しい商品情報を掲載するホームページは、今では無料で簡単に誰でも作れるようになっています。
オリジナルで個性のあるホームページから情報を発信すれば、顧客にも楽しさが伝わります。

もちろん、ホームページ制作を請け負う会社はいくらでもありますから、依頼してもかまいません。
それでも、掲載する内容、文章は自分でも確認し、手を抜かないようにしましょう。

ホームページは、いかに検索されやすくされるかを考えながら制作するべきものです。
そのために、情報は常に最新で充実したものであることを意識しましょう。

発信する側の都合の良い宣伝ばかりを並べても、集まる人は多くありません。
それよりも、商品がどれだけニーズにマッチしているのか、有益なものなのかを知らしめることに専念するべきです。

情報を生きたものにするためにも、ホームページにプラスしておきたいのがブログ機能。
これが随時更新されていれば、よりレアで新鮮な情報源として認められるのです。

SNSというコミュニティツールは、機動性が溢れると共に多くの方が利用しています。
新しいイベントやアイデアを瞬時に多くの人へ拡散することができるため、現代ビジネスにおいての必須アイテムと言えるでしょう。

ブログ機能をツイッターやフェイスブックなどのSNSを介しての情報発信もできるようにリンクさせるのも有効な方法です。ただ、個人情報の問題もあるため、プライベートとパブリックのアカウントを別々にしておくと良いでしょう。

運営スタイルの整理とパートナーの確保

副業から起業を経て運営スタイルが固まってきたら、業務内容を整理し文書化することをおすすめします。
運営スタイルの整理をすることで、お金の流れや労力の効率性を再確認でき、改善点も明らかとなります。

また、体系化することで手引書とすることが可能です。
シンプルにまとまった手引書があれば、不測の事態や事業拡大で自分の手が回らなくなった際に人に業務を頼めますから、安心感もあります。

実務を人に任せて収入を確保し、支出は人件費だけとする戦略も視野に入れられます。
一歩進んで、文書だけでなく、業務の全容を一目で把握できるようなフローシートを作るのも効果的です。

パートナーの存在

事業規模が拡大するにつれて、全ての業務を一手に背負い込むのに限界が生じ始めます

そのため、自分を手助けしてくれるパートナーの存在は心強く、経営のためのアドバンテージとなりうるでしょう。選択肢のなかには、家族や友人、知人も挙げられますが、より業務に適した人材を雇いたいものです。

しかし、能力が高いだけでは歯車は回りません。共通の価値観を持っていることがポイントと言えるでしょう。
もちろん、人間性も重要視するべきです。「自分はパートナーに過ぎないから」と頼りにされるばかりでは困りますし、独断専行も困ってしまいます。

いろいろな人と出会うように心がけ、話をしてフィーリングが合う人にするのがベストではないでしょうか。
当然、相手となる人物にも生活がかかっています。ビジネスのやりがいを含め、相手にとってどれだけのメリットがあるのかを伝えるべきです。

相談相手の必要性

ビジネスパートナーとは別に相談をする相手がいるのも大きなアドバンテージと言えるでしょう。
一方向に目が行きがちな自分たちとは違った視点からアドバイス、時には指摘をしてくれるからです。
同業者を含め第三者の存在は心強いものです。

副業時や起業時においても言えることですが、ビジネスにトラブルの発生はつきもの。
良き相談相手の必要性は欠かせないと言えます。

収入が上がれば、税金対策として税理士の方のお世話になる場面も出てくるかもしれません。
また、法律面の相談に弁護士の方の力添えが必要となるケースも考えられます。
そのため、税理士や弁護士と知り合っておくのも良いでしょう。

副業は避けて通れない!?

終身雇用制度が崩壊し、政府が経済対策を講じるも一部にしか恩恵が行き渡らない現状。
リストラや減給に加えて、年金の支給情勢や社会保障の切り詰めなど,生活に関わる問題は山積みです。

自分の生活水準の維持や向上には、勇気を持って自ら立ち上がるしかないのかもしれません。
そのため、副業は避けて通れない道と言えるのではないでしょうか。

最後のハードルは家族

副業を始めるに際して、最後のハードルは家族かもしれません。
独り身ならば、思い切ってスタートも切れるでしょうが、家族がいる場合ではなかなか思い切れない場合もあります。

避けては通れないと言えども、副業を始めるには少なからずリスクが伴います。
同時に時間的にも家族へ影響がないとは言えないでしょう。

家族の理解がないと、ストレスやプレッシャーとなり、高いパフォーマンスを発揮することができません。
ポイントは小さな成果を収めることでしょう。ささやかでも実績を重ねることで、家族の理解も得られるはずです。

まとめ

独立や起業までを見据えた場合はハードルも高くなりますが、お小遣いを稼ぐ・生活費の足しにするというスタンスならば、副業は気楽におこなえます。好きなこと得意なことを武器に一歩、歩みを進めてみてはいかがでしょうか。

Happy Lifeライターぴろしがおすすめする2020年の副業はこちら

\ InfinitusValue新製品予約受付開始!! 新感覚の電動歯ブラシ /

CTA

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Life|InfinitusValueが運営するサラリーマン、主婦向けの情報メディアの注目記事を受け取ろう

1日1時間からの副業、何をする?何からすべき?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Life|InfinitusValueが運営するサラリーマン、主婦向けの情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ぴろし

ぴろし

1986年生まれ。福岡出身。大学卒業と同時に2009年に上京。大手ITメーカーで営業をしながら、2015年2月から副業で物販ビジネスを始める。同年4月には第一子も生まれ1児の父となる。これからは自分が大黒柱として家計を支えばければならないという思いに感化されつつ、大学卒業当時から目標として掲げていた「30歳までに独立起業」を意識し始める。その後必死に独立起業の夢の実現に向けて副業として物販事業を拡大。2015年7月には初めて副業収入で月収100万円を達成し、物販ビジネスを始めて丸1年後の2016年2月に初めて副業収入として月収200万円を達成する。そして晴れて2016年12月に退社。2017年1月に法人設立を果たす。この経験を活かしサラリーマンや主婦が副業で稼ぐ力を身につけるための情報を得る場所として当サイトの運営を開始し、様々な副業情報や、普段の生活をお得にする情報を発信中。

コメントを残す

*

この人が書いた記事  記事一覧

  • 旅行好きにおすすめのばれない副業“ハンドキャリー”とはどんな仕事?

  • 会社を辞めたいと思いつつ、辞められなくてズルズル会社通いを続ける?

  • せどり転売で主婦が活躍中!!副業にもおすすめな理由。

  • 旅好き・出張が多い人にオススメのマイレージカードとゴールドカード特集

関連記事

  • 「重要な問題」に集中して、成果をあげよう!

  • 物販は副業におすすめ!?転売ビジネスが稼げる理由

  • 起業することを決めたあなたへ[成功マインドとリスクヘッジ編]

  • 転職で押さえておきたいポイント

  • 転職に際し心がけるマナー

  • 国内物販(転売)でおすすめの販売プラットフォームについて