ダイエットと筋トレ 美・健康 美容と健康

糖質をどうやって抑え込むのか、その実際

この記事は約 4 分で読めます。
783 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

糖質対策食生活のポイント

実際に肥満の原因となっている糖質を避ける食生活を具体的にイメージしてみましょう。
するとご飯やパン、麺類の主食を減らして肉や魚、豆などのたんぱく質や脂質を摂る食事が浮かび上がります。

1回の食事で目安となる糖分の上限も一応の目安こそありますが、それに従っても個人差がありますのでこだわるほどのものでもありません。
食事量を決められた量に減らされてはつらいものもありますが、そんなことは意識しなくても良いのです。

甘い物好きな人には問題あるかもしれませんが、糖質と言えばお菓子などの甘い物は厳禁となります。
ドリンク類でも甘いジュースは避けて各種お茶の類がおすすめです。

お菓子よりも大問題となるのが毎回の食事で欠かしていないであろう主食です。
ご飯、パン、麺類などの炭水化物になりますが、これを避けるようにするのです。

これまで欠かさず食していた主食ですから遮断したくはないものでもあります。
ご飯は食べるなら白米でなく玄米ご飯をパンは白いパンはなるべく避けましょう。

炭水化物の代わりに摂るべきはたんぱく質です。
牛乳などはたんぱく質が豊富ですが精製された牛乳ではなく成分未調整の豆乳がおすすめです。

野菜やキノコ、海藻も糖質は少ないのでおすすめです。
野菜でも芋類などは炭水化物に近いものがあります。

果実類にはビタミン豊富ではありますが、糖質が高いものがあるので要注意です。
ドライフルーツなどもお菓子のようなものです。

バターはカロリーも高い動物性脂肪だからと敬遠されていましたが、問題ありません。
マヨネーズも同様で、砂糖などの糖分が添加されていなければ大丈夫なのです。

アルコール類は種類によって違いがあり、醸造酒であるビール、日本酒は原料になっている糖質が含まれているのでいけません。
蒸留酒である焼酎、ウイスキー、ブランデーにつまみとしてナッツやチーズなどがすすめられます。

料理で使う油はオリーブオイルを基本にしましょう。
魚に豊富なDHAやEPAの摂取に努めるのも良いことです。

糖質制限食への道

朝食や昼食では糖質を摂ってもしっかりエネルギー源として消費してくれやすいので、まずは夕食だけ糖質摂取を控えるようにしてみましょう。
夕食になると糖質は消費されないうちに就寝してしまい、体内に留まって脂肪として蓄積されると言う経過を辿りがちだからです。

これで成果が出なければ、夕食に加えてさらに朝食か昼食のどちらかで糖質を控えます。
つまり糖質を摂る食事を朝食か昼食の1日1回だけにするのです。

これでも成果が感じられない場合やもっとすぐに痩せたければ3食全てで糖質を摂らないようにすることです。
これなら数日中に成果がはっきりと数値として実感できるかと思われます。

そしてそのまま1~2週間継続をすれば、身体に脂肪が溜まりにくくなってきます。
その後に糖質を摂る食事回数を徐々に増やしながら元に戻らないように体重のチェックをしながら体重を維持していきます。

痩せない体質である場合

しかしながら、これまでダイエットに励んできてもことごとく失敗してきた人もいます。
このような痩せない体質の人は、言わば燃費の良い身体を持っている人もいるのです。

原始時代からの少ない食料でも生きながらえる遺伝子を持っているいるのです。
基礎代謝量が低くても生命を維持する必要のあった時代もあったのですが、現代の溢れる食料の中では肥満を引き起こすことに繋がっているのです。

自分が痩せにくいタイプだと感じたら、糖質制限に加えて摂取カロリーを減らすしかありません。
それでも1割から2割くらいと少しずつ減らしてみるようにしましょう。

すぐに成果が出なくても体質による影響もありますし、また目標体重も人にもよります。
あくまでも自分に応じた糖質の制限と期間を確かめるように続けてみましょう。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*