セルフマネジメント ライフスタイル

なぜ人は感情に流されるのか?

この記事は約 4 分で読めます。
2,213 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

心の声はあらゆる手段をつかってあなたの身体にサインを送ります

その代表例が不安や恐怖といったネガティブな感情です。
胸にグサッとささるような恐怖感や、頭の中がグルグル回るような不安感です。

これらは何かモヤモヤするなといった程度のものから、強烈に感じるものまで様々ですが、その恐怖や不安が的中する可能性はあなたが想像するよりも低いのが現実です。

しかし、私たち人間は面白いもので、その恐怖や不安が実際に起こると信じやすい生き物と言われています。
これは、人間が進化の過程で飢餓から逃れるために、脳に埋め込まれたという理由から生まれた理論です。

発想の転換

それで、この恐怖や不安に対して一番してはいけないことがあります。
それは、恐怖や不安を助長する行動です。

例えば、一人暮らしのアパートの家賃が払えなくなったら、ドラマでよく見るような怖い人が自宅に押しかけてくる様な想像から恐怖や不安を感じるとします。
そのときに、「ああどうしよう、このままでは大変なことになる」と思うか、「どうすればこの状況を回避できるか」と考えることで、結果は180度変わってきます。
大切なのは後者の考えをしっかり汲み取ることです。

心の声は「家賃をしっかり払ってお金に困らない生活をしたい」と言っているはずですから、リラックスした状態で考えれば答えは必ず見つかります。
ですから、まずは恐怖や不安に対する考え方を変えることが大切です。

はっきりしないモヤモヤ感

よく「恐怖や不安はないけど何かモヤモヤする」という人がいます。
実を言うと、このはっきりしないモヤモヤ感も、あなたの心の声が身体に送るサインなのです。

例えば、英語が話せるようになりたいと思って英会話教室に通っているけど、何か違う気がして「本当にこれで良いのか?」と感じるようなケースです。
英会話教室の営業マンに乗せられてワクワク感を覚え、その勢いで入会してしまった。

そんな場合に、こうしたモヤモヤ感が生まれます。
つまり、感情で行動したときです。

心の声は、楽しい、嬉しい、幸せといった感情とは異なります。
ですから、感情のまま行動してしまうと、心が「それは違うよ」と身体にサインを送るのです。
はっきりしないモヤモヤ感は人生の軌道修正を行うきっかけかもしれません。

心の声を優先せよ

このように、感情とは非常に厄介な存在であることがわかります。
恐らくあなたにも新しい取引先とのミーティングだったため、緊張していつもの仕事のパフォーマンスを発揮できなかったり、名誉心が邪魔をして正しい投資判断ができなかったり、というような経験があると思います。

でも、例に挙げた緊張や名誉心は感情であり心の声ではありません。
あなたが優先すべきは心の声です。

人生では毎日たくさんの選択と行動が伴いますが、各場面ごとに何かしらのサインが送られてくるはずです。
縛られていた何かから開放される感覚、閉ざされた空間へ押し込められる感覚、これで良いのか?という疑問など、それらはすべて心の声が発信するサインです。

サインが送られてきたら、一度立ち止まってみてください。
いましている行動は正しいのか?

この選択は間違っていないか?
そうすることで、あなたは自分が本当に求めていることが何なのか気づくことができます。

心の声に従うことはあなたを成功へと導き、人生に充実感を与えることでしょう。
それは、あなたがどんなに難しい壁にぶち当たっても、どうすれば幸せになれるかを真っ先に考えるため、困難な状況を乗り越えることができるという意味です。

ただ、心の声が発するサインはあなた自身にしかわかりません。
他人は決して気づいてくれませんし、教えてもくれません。

ですから、感情や周囲の環境に流されることなく、心の声をしっかり聞くことが
思い通りの人生を歩むのに最も効果的と言えるのです。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*