1. TOP
  2. ビジネスノウハウ
  3. 起業することを決めたあなたへ[成功マインドとリスクヘッジ編]

起業することを決めたあなたへ[成功マインドとリスクヘッジ編]

ビジネスノウハウ ビジネスマインド 起業
この記事は約 12 分で読めます。 401 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする

起業家に必要な成功マインド

これまで、あなたが起業後にやるべき様ざまなノウハウをお伝えしてきました。
ですが、起業にはノウハウよりも大切なことがあります。

そう言うと、自己資金、信用、人脈、経験、家族の理解、健康・体力…といった答えが返ってきます。
もちろん、それらはどれも起業に必要なことであり、何かが欠けると失敗リスクが高まります。

ただ、それよりも大切なことがあります。
それは成功マインドです。

事業計画の変更を迫られたとき、経営に行き詰まったとき、トラブルが起こったときにどんな対応をすれば良いか、それぞれの目的に合わせてゴールを設定し、それを実行に移す行動は成功マインドを持っていないとできないのです。

実を言うと、ビジネスで成功する人としない人では決定的に違うことがあります。
それは、無意識に「自分はデキる人間だ」「このビジネスは必ず成功する」といったポジティブな思考ができることです。

あなたはこうした思考を持つことで、あなたは自然と信用を得て人脈を広げたり、健康管理ができたりするようになるのです。
では一体、どうすればそのマインドを持つことができるのでしょうか。

そのあたりを詳しく探っていきましょう。

成功者の思考をモデリングする

成功マインドを持つには、実際に成功している人の思考をマネするのが最短ルートです。
ですから、まずは実際に成功している人のマインドがどんなものかを知りましょう。

ちなみに、ひとつ事例をご紹介すると、成功者は次のようなマインドを持っています。
「貧乏人は答えを知りたがり、成功者は答えを生み出す」

これは、貧乏人はノウハウにこそ答えがあり、それを知ることで成功できると思い込んでいるのですが、そんなものは存在しないのです。
そもそもノウハウやメソッドというものは成功している人が習慣的に行い上手くいっている方法をまとめたものに過ぎず、それがあなたにとっての正解であるとは必ずしも言えないのです。

成功者たちは「自分には無理だ」「自分の能力はこのくらいかな」と制限をかけることをしません。
自分は必ず成功すると思っているため夢や目標を達成する手段を見つけることができます。

ビジネスにおいて何が正解かなんて誰にもわかりません。
でも成功者の視点は存在します。

その視点を意識せずともできる人は成功者になれると言えます。
このように、成功者の思考を「それは違う」なんて思わず「そうなんだ」と徹底的に落とし込むことが成功マインドが手に入ると言えます。

起業家として必要なものを手に入れる

マインドが整ったら、いよいよ起業家として必要なものを手に入れる行動に出ましょう。
起業家に必要なものとは、冒頭でもお伝えした自己資金、信用、人脈、経験、家族の理解、健康・体力・・・といったことです。

お金の問題は多くの人にとって悩ましいことだと思います。
ですが、成功マインドを持っていれば、必然的に節約や貯蓄を増やして自己資金を確保することができるでしょう。

また、信用や人脈という点についても、目先のことではなく将来的な関係を考えた行動をとるでしょうから、自然と取引先やお客さんに信用され、それがいざというときの人脈となる可能性は高いと言えます。
こうした経験を積む中で、あなたは何をするにも健康第一という考えを持つようになるはずです。

よく病気などでトップを辞任するニュースがありますが、やはり体は資本です。
そして、その健康管理もやはり成功マインドでいるからこそ、健康的な生活を心がけるようになるのです。

このように、マインドがしっかりしていれば、失敗するような行動をとる方がおかしいと考えるようになりますから、あなたは自然とビジネスを成功に導くことができます。
あなたの起業を成功させるためにも、ぜひ成功者のマインドをモデリングしてくださいね。

情報はこうして精査する

これまでお伝えしているように、起業とは成功者が語っているほど楽なものではありません。
特に、資金や人脈がなく経験も浅いといった状況だと、夢物語で終わってしまうことだってあります。

ですが、そんなハードルを乗り越えてこそ、あなたの起業は成功します。
それで、起業するときにはマインドが大切で、その上で資金や人脈、経験や家族の理解、さらには健康などが必要になってくるとお伝えしました。

ただ、それらを手に入れるとき、気をつけなければいけないことがあります。
それは情報の精査です。

起業に関する情報はインターネットで検索するとたくさん出てきます。
ですが、起業を取り巻く状況は年々変化しています。

10年前に起業した人と5年前に起業した人では、融資限度額や補助金・助成金の種類だって異なります。
もちろん、現在の状況も5年前に比べて変わっているところがあります。

ですから、古い情報や間違った情報を鵜呑みにして、事を進めるとせっかく情熱を持って取り組んだことが水の泡になってしまう可能性もあります。
そういう意味でも情報の精査は必要不可欠です。

情報とは何か?

そもそも情報とは何でしょうか。
辞書みたいに解説すれば、発信者から何らかのツールを使って伝達される知識ということになります。

ただ、あなたが求めるものは、起業に必要な知識であったり、売上を上げるための方法だったりするはずです。
ですから、知り得た情報が目的と合っているか照合することが大切です。

それで、インターネット上にはさまざまな情報が公開されています。
そのため、どの情報が正しいかわからないという人もいるでしょう。

そこで、正しい情報の調べ方をお伝えします。

正しい情報の見つけ方

現代はSNSも普及していることで、数多くの人が情報を公開しています。
そのせいもあって匿名での投稿も多く、情報の真偽がわからないことも多いのが現状です。

では一体どうすれば正しい情報を見つけることができるのでしょうか。
まず、信頼性が高いのは実名で意見を公表しているケースです。

科学は常に進歩しているので必ずしも大学教授や専門家が正しいとは言えませんが、専門家が実名で公開している情報は信頼できることが多いと言えます。
次に、出典元や参考文献が異なるのに、複数のサイトで言われているような内容です。

こうした情報は大多数の方が同じように思う内容なので、消費者の需要をリサーチするときに役立ちます。

他では情報を疑うことです。
世の中に感情を掻き立てられるようなサイトは山ほどあります。

ですから、その手のサイト情報を鵜呑みにしないためにも「このデータは本当なのか」と疑うことも必要です。
よく同じデータなのにランキングなどの数字が異なる場合があります。

これは、同じカテゴリーのサイトをいくつか比較するとすぐに見つかります。
こうした違いを見つけたときは、データの入手方法が異なるか、サイトを制作した側が意図的に情報を操作している可能性も考えられます。

現代は情報が氾濫していますから、正しい情報の元で行動することが必要不可欠です。
起業家である以上、ビジネスのリスクは常に存在します。

でも間違った情報を元に行動すれば、そのリスクはどんどん高くなります。
あなたはせっかく起業という決心をして自らビジネスを始めたのですから、こうしたリスクは減らしたいですよね。

ですから、起業で失敗しないためにも情報はきちんと精査してくださいね。

万が一のときは?リスクヘッジについて

これまで、あなたが起業を成功させるためのさまざまなノウハウや起業家として持つべきマインドについてお伝えしてきました。
おそらく、これから起業しようというあなたも万全の準備心がけていることでしょう。

しかし、ビジネスというのは生物です。
食べ物と同じでどんなものにも賞味期限があります。

そのため、常に市場の変化を読み取らなければいけません。
もちろん、そういったことも十分わかっていると思いますが、それでも変化の流れに乗り遅れたり、災害など予期せぬ事態でピンチに陥ったりすることもあります。

そこで、万が一のときのために、日頃からどんなことをすれば良いかを解説します。

複数のキャッシュポイントをつくる

リスクを回避する方法のうち最も有効なのは、収入の柱を複数立てておくことです。
収入の柱とはビジネスモデルや売り方のことでキャッシュポイントとも呼ばれます。

そして、そのキャシュポイントをいかに増やすかが安定的な収入につながるのです。
身近な例でいうと、アップルはiPhoneやMacbookというデバイスを販売していますが、購入後もさまざまなサービスを受けることができて、継続的に課金されるアプリもたくさん用意されています。

つまり、一度購入したお客さんには、長くつかってもらえるようなサービスを提供することで、安定的な収益を得ることができる仕組みというわけです。
これは、マーケティングで言うリピート戦略というものです。

ただ、アップルの事例はキャッシュポイント増やす方法のひとつにすぎません。
個人に販売していたものを法人にも販売したり、エリア限定の商品を通販で全国規模にしたりと方法はたくさんあります。

では一体、どうすればキャッシュポイントを複数つくることができるのでしょうか。
そのあたりを探っていきましょう。

基本的なキャッシュポイントの作り方

キャッシュポイントを増やすといっても、他のビジネスに参入するわけではありません。
他のビジネスに参入するのは、あくまで今やっているビジネスが上手くいかないときや、余裕があって会社を大きくするようなときです。

ですから、まずは今のビジネスの価値はそのままで、見せ方を変えていくのです。
例えば、CDで販売している音楽を、インターネットでダウンロード配信するようにしたり、ライブを開催したりしてお客さんを増やすのです。

音楽を提供するというサービスの価値は同じですよね。
でも、異なるパターンで販売することで、インターネットユーザーや臨場感を味わいたいライブ派の客層にもサービスを購入してもらえるというわけです。

こうした施策を講じることで万が一のリスクを回避できるのです。

上手くいかないときは…

ただ、一生懸命頑張ったけど上手くいかないことは誰にでもあります。
ビジネスは早いもの勝ちなところがありますから、あなたがターゲットの欲しがる商品を生み出しても、同業者に先を越されたらどこかで頭打ちになる可能性は否めません。

そんなときはどうすれば良いのでしょうか。
これまで起業は甘くないということをお伝えしてきたので、あなたはそれでも頑張って続けることが良いと思うかもしれません。

もちろん、安定的な需要があり、ライバルが少なければ改善の余地はあります。
ですが、毎月売上が下がったり、年商が一定以上伸びないというときには、あきらめて別の事業に切り替えることもひとつの選択肢です。

ムリして続けることで支出が増えるよりは潔く撤退することも起業家にとっては大切な決断です。
そういう意味では撤退ラインを決めておくことも重要です。

ビジネスにリスクは付き物ですが、そのリスクを少しでも軽減できるようにすることも経営者としての心構えと言えます。

事業主がケガや病気に見舞われたりした時のリスクヘッジ

キャッシュポイントを増やしたり撤退ラインを決めたりする以外にも、リスクを回避する方法はあります。
例えば、保険に入ることです。

苦労して起業したのに、病気やケガなど不測の事態が起こったらせっかくの努力が水の泡と消えてしまいます。
そんなときに利用できるのが保険です。

せっかくビジネスが軌道に乗っても、事業主であるあなたが病気やケガで働けなくなったら、休業を迫られるかもしれません。
そして、その間は医療費だったり、家族の生活費だったりと支出に対しての収入がないため資金が減っていきます。

そうなると、病気やケガが治っても資金がないからビジネスを再開できないといった事態にもなりかねません。
そこで、あなたが個人的に保険に入ることもリスク回避の方法です。

もしかするとなあなたは、すでにたくさんの資金をビジネスに投入しているから、保険に入る余裕なんてないと思うかもしれません。
しかし、保険料の安い万が一の保証をしてくれる掛け捨ての保険もありますから、何かしらの対策はとっておいたほうが良いと言えます。

災害に見舞われたら

こうして考えると、起業家は会社員以上に健康への気遣いが必要です。
でも、どんなに気をつけていてもどうにもならないこともあります。

それは、火災や地震といった災害です。
ビジネスの内容にもよりますが、在庫を抱える工場が火事になったら、多額の損失は免れません。

また、地震で建物が倒壊してしまったら、仕事場がなくなってしまいますから、やはり営業は難しいでしょう。

もちろん、事務所を借りるなど不動産契約には火災保険や地震保険に入ると思います。
ですが、個々の商品や備品に直接、損害保険をかけることも大切です。

災害が起こっても支払いが免除されるわけではありませんから、こうした保険も考えておくべきでしょう。

予備資金の確保

病気やケガ、災害といったことは一般的に見舞われることが少ないですよね。
ですが、起こってしまうと重大なことでもあります。

ただ、いくら保険をかけているから安心といっても、念には念を入れておくことが起業家として必要な行動です。
例えば、予備の資金を確保しておくことです。

利益が出たら、雇用や設備投資・新商品の開発につかうお金は全体の何パーセントと決めておき、残りは万が一の資金として貯蓄しておくのです。
経理作業において貸倒引当金というものがありますが、それと同じ考え方です。

起業を甘く見てはいけません。
ビジネスでは何が起こるかわからないのです。

ひいきにしてもらっていた取引先が突然、倒産して予定していた入金がなくなったなんてことは決して珍しい話ではないのです。
だからといって、従業員に給料は払えませんというわけにはいかないですよね。

会社員と事業主ではそれだけ責任の重さが違うのです。
活躍している起業家を見ると、それは華やかな世界で自由な生活に見えますが、あくまでそれはこれまで紹介してきたノウハウを実践しマインドがしっかりしていることが前提です。

あなたも起業を決めたのなら、こうした現実ときちんと向き合い経営者としてビジネスを成功させることで、社会的責任を果たしていることになるのです。
リスク回避をしっかり行い起業を成功させてくださいね。

いつでも「優良」な情報を「無料」で受け取る方法

今後日本では企業や政府による正社員の「副業促進」の動きがますます加速するといわれています。

「HappyLife」では、サラリーマン・主婦向けの副業・起業情報の他、
ライフハックなど、生活を豊かにする情報をどんどん掲載していきます。

最新情報を受け取りたい方は、是非「HappyLife」の無料メールマガジンにご登録ください。

 

お申し込みはコチラから

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Life|InfinitusValueが運営するサラリーマン、主婦向けの情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Life|InfinitusValueが運営するサラリーマン、主婦向けの情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ぴろし

ぴろし

1986年生まれ。福岡出身。大学卒業と同時に2009年に上京。大手ITメーカーで営業をしながら、2015年2月から副業で物販ビジネスを始める。同年4月には第一子も生まれ1児の父となる。これからは自分が大黒柱として家計を支えばければならないという思いに感化されつつ、大学卒業当時から目標として掲げていた「30歳までに独立起業」を意識し始める。その後必死に独立起業の夢の実現に向けて副業として物販事業を拡大。2015年7月には初めて副業収入で月収100万円を達成し、物販ビジネスを始めて丸1年後の2016年2月に初めて副業収入として月収200万円を達成する。そして晴れて2016年12月に退社。2017年1月に法人設立を果たす。この経験を活かしサラリーマンや主婦が副業で稼ぐ力を身につけるための情報を得る場所として当サイトの運営を開始し、様々な副業情報や、普段の生活をお得にする情報を発信中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • Hanone(ハノネ)~毎日キレイ 歯の本音メディア~に掲載されました

  • スマートトラッキング電動歯ブラシが[moovoo]さんで紹介されました

  • 『スマートトラッキング電動歯ブラシ』東京インターナショナルギフトショー2018に出展

  • 1日1時間からの副業、何をする?何からすべき?

関連記事

  • 起業することを決めたあなたへ[集客とビジネスパートナー編]

  • 「大切なこと」を見失わない力を身に着けよう!

  • 週末起業を軌道にのせるテクニックとは

  • 「できる人」になるための習慣

  • 良質な人間関係を築こう

  • 実践に必要不可欠な「意志の力」をトレーニング!