1. TOP
  2. ビジネスノウハウ
  3. 起業することを決めたあなたへ[起業前に解決すべき問題]

起業することを決めたあなたへ[起業前に解決すべき問題]

ビジネスノウハウ ビジネスマインド 起業
この記事は約 6 分で読めます。 342 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする

さて、ここまで起業についてさまざまなノウハウとマインドについてお伝えしてきました。
ただ、それでもまだ不安を抱える方もいると思います。

そこで、あなたが起業前に解決すべき不安をQ&A形式で解決していきます。

Q1 資本金はいくらにすれば良いですか?

会社法が改正されて以来、資本金1円で会社が設立できるようになったことはご存知だと思います。
ですが、資本金1円ということは初期費用が1円ということでもあります。

そのため、銀行からの融資に影響があるなど弊害もあります。
では一体、資本金はいくらが適正なのでしょうか。

それは、5つのポイントを押さえて決めると良いかもしれません。
1つ目は運転資金を考えて決めることです。

起業してすぐに仕事を受注しても、入金は翌月や翌々月といったケースが大半です。
そのため、入金までの経費を考慮すると、3~6ヶ月の運転資金は必要と言えます。

ですから、資金繰りの計画をしっかり立てて、資本金が不足しないように計算すると良いでしょう。

2つ目は信用面から考えることです。
会社は法務局に行けば誰でも簡単に謄本を調べることができます。

資本金が極端に少ないと債権者からの信用が低下する可能性があります。
ですから、ある程度の金額は必要と言えます。

3つ目は資金調達を考慮して決めることです。
例えば、銀行の融資を受ける場合には自己資金が必要となります。

その自己資金が資本金となりますから、資本金が少ないとやはり融資額も少なくなってしまいます。
融資額が少ないということは銀行からの信用が低いことでもありますから、やはり資本金は多い方が良いと言えます。

4つ目は許認可を受けるための資本金です。
例えば、建設業の創業許可は資本金が500万円以上ないと受けられないので、あなたが行う事業を考えて資本金を決めることが大切です。

5つ目は税金の負担を考えた決め方です。
税法上、会社設立から1期目と2期目は消費税の納税義務がないのですが、資本金が1000万円以上あると、1期目から消費税の納税義務が発生するのです。

このように、ケースバイケースではありますが、資本金ひとつをとってもその決め方はさまざまですから、よく考えて資本金を決めましょう。

Q2 自治体でも開業資金を融資してくれるのは本当ですか?

これは本当です。
現在は、一億総活躍時代として政府も起業を推進しています。

ですから、女性向けや高齢者向けなど、独立・起業のための融資制度を持つ自治体は少なくありません。
まずは開業するエリアを管轄している役所に聞いてみると良いでしょう。

Q3 出資を受けたいのですが、どんな注意点がありますか?

出資は株主になってもらうということです。
なので、出資といっても資金を全額出してもらうようだと、経営権がないのであなたは社長として雇われているのと同じになってしまいます。

ですから、出資額は最高でも49%を超えないようにすることで会社の経営権を維持することができます。
とはいえ、出資額が20%や30%を越えると重大な決議に影響を与える可能性がありますから、出資してもらう額には十分注意しましょう。

このように、起業とは非常に奥が深く終わりのない道を進むようなことです。
ですから、これでもかというくらい調べて準備しても、あなたの知らないことやぶち当たる問題はまだまだたくさんあるのです。

ただ、そうしたことを少しでも起業前に知っておくことで、失敗するリスクを回避し、あなたのビジネスを成功に近づけることができるのです。
不安を感じたり、疑問に思うことはできる限り、起業前に解決することが良策と言えます。

Q4 自分は大卒ではないのですが、経営者になるには学歴が必要ですか?

経営者になることと就職活動をすることは全く違います。
ですから、学歴はあまり関係ありません。

むしろ、さまざまな人生経験や経営者としての感覚が大切と言えます。
有名大学を首席で卒業という人が経営破綻といった話も決して珍しくはありません。

また、松下電器(大手電機メーカーのパナソニックの前身)の創業者、松下幸之助氏は高校も大学も出ておりません。
経営はあくまでお客さんに喜ばれる商品・サービスを提供することで利益を生み出すことが一番重要です。

そういう意味では、学歴は関係ないと言えます。

Q5 フランチャイズ起業を考えていますがメリットは何ですか?

起業するとき、すぐにお客さんを獲得できる利点からフランチャイズへの加盟を考える方もいると思います。
実際に、フランチャイズには知名度が高いことやビジネスのノウハウ、安定的な仕入れ先といった経験の浅い人でもすぐに利用することができます。

ですから、ある意味、ビジネスが成功することがパッケージ化されていると言っても過言ではありません。
しかし、ブランド力を利用するということは、あなた独自の経営をすることは難しいと言えます。

ビジネスの方向性やシステムの利用方法など、経営におけるほとんどのことがマニュアル化されていますから、自由にビジネスを展開する人にとっては不向きかもしれません。
フランチャイズで起業する場合は、自身の性格や目的をよく照合して始めると良いでしょう。

Q6 法人手続きを自分自身でやることは難しいでしょうか?

現代はインターネットの普及により、誰でも簡単に法人手続きのための書類をダウンロードすることができます。
また、その記入方法などもインターネットで検索すればたくさん出てきます。

ですから、それをマニュアルとして自身でやること自体は難しいとは言えないと思います。
ですが、各手続きについて知識がないと、いちいち内容を調べなければいけませんから、とても時間のかかる作業になります。

また、仕上げた書類を提出した後も、書き方や内容に不備があると何回もやり直しをさせられます。
そう考えると、あなたがもし素人ならば専門家である司法書士や行政書士に相談・依頼することも検討するべきです。

起業を決めて、開業スケジュールが決まっているのに、その作業が進まずにスケジュール通りいかなくなるリスクも十分考えて行動することが大切です。


最後に・・・

さて、いかがだったでしょうか。
起業するということは、本当にさまざまなことを1人でこなしていくことです。

もちろん、あなたが1人でできないことや苦手なことはビジネスパートナーをつくったり、専門家に依頼したりするの必要でしょう。
ただ、誰かに任せるとしてもその知識はやはり必要です。

ですから、起業と聞くと成功者が活躍しているイメージを持つと思いますが、外見ほど華やかなものではないのです。
これまでお伝えしてきたようなノウハウやマインドをしっかり身につけて、実践することで成功者と呼ばれるのです。

ぜひ、こうした心構えを忘れることなく起業を成功させてくださいね。

いつでも「優良」な情報を「無料」で受け取る方法

今後日本では企業や政府による正社員の「副業促進」の動きがますます加速するといわれています。

「HappyLife」では、サラリーマン・主婦向けの副業・起業情報の他、
ライフハックなど、生活を豊かにする情報をどんどん掲載していきます。

最新情報を受け取りたい方は、是非「HappyLife」の無料メールマガジンにご登録ください。

 

お申し込みはコチラから

\ SNSでシェアしよう! /

Happy Life|InfinitusValueが運営するサラリーマン、主婦向けの情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Happy Life|InfinitusValueが運営するサラリーマン、主婦向けの情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ぴろし

ぴろし

1986年生まれ。福岡出身。大学卒業と同時に2009年に上京。大手ITメーカーで営業をしながら、2015年2月から副業で物販ビジネスを始める。同年4月には第一子も生まれ1児の父となる。これからは自分が大黒柱として家計を支えばければならないという思いに感化されつつ、大学卒業当時から目標として掲げていた「30歳までに独立起業」を意識し始める。その後必死に独立起業の夢の実現に向けて副業として物販事業を拡大。2015年7月には初めて副業収入で月収100万円を達成し、物販ビジネスを始めて丸1年後の2016年2月に初めて副業収入として月収200万円を達成する。そして晴れて2016年12月に退社。2017年1月に法人設立を果たす。この経験を活かしサラリーマンや主婦が副業で稼ぐ力を身につけるための情報を得る場所として当サイトの運営を開始し、様々な副業情報や、普段の生活をお得にする情報を発信中。

この人が書いた記事  記事一覧

  • Hanone(ハノネ)~毎日キレイ 歯の本音メディア~に掲載されました

  • スマートトラッキング電動歯ブラシが[moovoo]さんで紹介されました

  • 『スマートトラッキング電動歯ブラシ』東京インターナショナルギフトショー2018に出展

  • 1日1時間からの副業、何をする?何からすべき?

関連記事

  • あらかじめ転職を前提にしたライフプラン

  • 転職にあたり確かめるべき価値観

  • 起業することを決めたあなたへ[マインドと資金偏]

  • 日々の充実=少しの挑戦×自然体

  • 「できる人」になるための習慣

  • 夢を叶えるために、夢を語る!