海外輸入

キーワードは海外!誰でも簡単にできるオリジナルインポートビジネスとは?

この記事は約 4 分で読めます。
755 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「物販ビジネスをやってみたいけど資金が足りない」
「稼げる副業を探しているけど見つからない」

「海外と取引したいけどネットや英語が苦手」
そんな悩みを持つ人も多いと思います。

確かに、ビジネスを始めようとすると、どうしても資金の壁にぶつかることがあります。
また、資金に余裕があってもスキルに自信がなく結局失敗に終わる場合も少なくありません。

でも、誰でも簡単に、しかも少ない資金で始められて、成果を出せるビジネスがあれば、やはり試してみたいと思うのが人の性ではないでしょうか。
そこで、海外から商品を輸入して日本国内で販売するという、至ってシンプルなビジネスモデルで稼げるノウハウをご紹介します。

為替差を利用すれば確実に稼げる!

ご存知の方もいるかもしれませんが、一般的に海外のモノを日本で買う場合、複数の業者が絡むため中間マージンが発生し価格が高くなります。
しかし、ある方法を活用することで、それらの商品を現地と変わらない価格で仕入れることが可能なのです。

そして、それを日本国内で販売することで、国内の小売店より高い利益を生み出すことができるのです。
実際に、

「有名ハリウッド映画のDVDが輸入価格より8900円高く売れた」
「世界中で人気のブランド服を中国から3800円安く仕入れることができた」

といったことがすでに起こっているのです。
そして、このオリジナルインポートビジネスはインターネットですべて完結し、ビジネス初心者でも簡単に稼ぐことができます。

「毎日平凡な会社員生活に飽き飽きしている」
「景気も良くないし将来を考えると不安ばかり」

「家族のためにもっと収入を上げたい」
とはいえ、いきなりビジネスを立ち上げて失敗するのは怖いという人のために、まずは副業や時間のあるときに始められるのがこのビジネスの特徴です。

ですから、安心してこのビジネスの世界に飛び込んでみてください。
あなたのビジネスに対する価値観が180度変わります。

オリジナルインポートビジネスの全体像

それでは、オリジナルインポートビジネスの全体像を公開します。
このビジネスはeBayやタオバオといった海外のサイトで商品を仕入れ、ヤフオクやアマゾンなど日本のサイトで販売するという、ビジネスのすべてがインターネット上で完結する流れです。

物販ビジネスを始めるとき、特にビジネス初心者が成功するために必要なことは、ビジネスに対するマインドと仕組みづくりです。
そもそもインターネットでモノを売るということは、年中無休・24時間営業といっても過言ではありません。

そのため、商品は効率よく販売しないといけません。
ですから、一番最初にモノを売るということについて、正しい知識とスキルを手に入れるという思考を持つことが大切です。

次に、成功の鍵を握るのがリサーチ力です。
あなたが海外サイトを活用してどんなに安く仕入れても、それが人気のない商品だったら意味がありません。
つまり、売れる商品を見つけることが重要です。

もちろん、初心者がいきなり売れる商品を、ホイホイとリサーチできるなんてことはないと思いますが、リサーチを続けることで、世の中の需要を発見することができます。
そして、売れる商品を見つけたらいよいよ仕入れです。

この仕入れこそがオリジナル物販ビジネス最大の魅力です。
仕入れと聞くと何だか大変そうと感じる人もいると思いますが、あなたがやることは単なるネットショッピングと変わりありません。

リーサチで発掘した売れ筋商品を海外のサイトで買うだけです。
ただ、仕入れがいくら単純な買い物だとしても、海外のサイトを利用する以上英語ができないから無理、と思う人も多いでしょう。

でも、実はその思い込みこそがこのビジネスに参入する障害となっているのです。

商品の輸入に英語は不要?

日本人の多くは英語に苦手意識があると言われています。
「英語がわからないから海外旅行をしない」

「英語ができないから輸入ビジネスは無理」
とあなたは思うかもしれませんが、そんな心配は杞憂に終わります。

なぜなら、これからご紹介するビジネスのノウハウに英語は必要ないからです。
「えっ!本当?」と感じたのならこのビジネスを始めることをオススメします。

あなたが日常的に使用しているモノで海外からの輸入品というモノはたくさんありますし、誰でも簡単に稼ぐことができますので、せひ参考にしてみてくださいね。

それでは、このビジネスで成功するマインドを手に入れ、仕組みづくりを始めていきましょう。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*