ライフスタイル 旅行

お賽銭にまつわるエトセトラ

この記事は約 4 分で読めます。
1,242 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

神様と出会うことができる神社。
あなたは、神社で参拝するときの礼儀作法や神様との出会いに対する考え方を理解したと思います。

でも参拝のときに「お賽銭は投げていいの?」「お賽銭はいくらがいいの?」などまだまだ知らないことがあるのではないでしょうか。
そこで、お賽銭にまつわるエトセトラをお伝えします。

お賽銭は神様へのお供え物

神社にお参りするとき、賽銭箱にお金を入れて願い事をする人は多いと思います。
これは、お賽銭が神様へのお供え物という意味を持つと言われているためです。

ですから、心を込めてお供えすることで神様とご縁ができるのです。
しかし、貨幣がなかった時代は、当然ですがお賽銭は存在しませんでした。

歴史を振り返ると、その当時は海の幸や山の幸、お酒やお米などを供えていたそうです。
それが、貨幣の普及とともにお金を供えるようになったのが、お賽銭のルーツというわけです。

お賽銭は一体いくら入れれば良いのでしょうか?

よく「神様とご縁がありますように」という意味で5円玉を語呂合わせで入れる人は少なくありません。
また、大きな願い事だからと言って、大きな金額を入れる人もいます。

でも、お賽銭は神様へのお供え物です。
お供え物は神様に感謝の気持ちを示すものですから、多い少ないの問題ではないのです。

つまり、あなたが供えたいと思う金額を入れれば、それで神様とのご縁ができるのです。
ただ、語呂合わせではありますが、縁起のよい金額はあります。

例えば、「十分ご縁がありますように」という意味で15円(5円玉を3枚)や「よいご縁が
ありますように」という意味で20円(5円玉を4枚)などです。
5円玉は、真ん中の穴が「先を見通すことができる」という意味もあり、縁起がよい語呂合わせと考える人が多いと言えますね。

縁起の悪い金額がある?

5円玉がご縁という語呂合わせから縁起がよいとお伝えしましたが、逆に縁起の悪い硬貨もあるのです。
それは10円玉です。

10円玉も語呂合わせなのですが、遠縁と読むことができますよね。
そのため、縁が遠ざかるという意味から縁起が悪いと言われています。

他にも500円玉はお賽銭として避ける人が多いそうです。
これは、500円玉よりも大きい金額の硬貨がないからです。

硬貨がない=効果がないという語呂合わせです。
もしかすると、あなたは「そんなの何の根拠もないじゃん」と思うかもしれません。

確かに、科学的な根拠はないでしょう。
でも、こうした縁起を信じていると、自然と縁起を大切にするので、良縁を引き寄せることが多いのです。

昔から、神社は私たち日本人が聖なる場所として神様を祀っていたところです。
その言い伝えに従って行動することに科学的根拠はいらないといっても過言ではないでしょう。

お賽銭を投げるのはNG?

さて、お賽銭の金額がわかったところで、お賽銭の入れ方についてお伝えします。
以前、神社の正しい参拝方法をご紹介したとき、お賽銭は静かに入れましょうと申し上げましたが、お賽銭を投げ入れるのはNGなのです。

これは、お賽銭が神様へのお供え物だからです。
お供え物を投げるのは、人に物を渡すときに投げつけるのと同じですから失礼ですよね。

ですから、お賽銭は賽銭箱に近づき、そっと放り入れるのがマナーと言えます。
神様に日頃の幸福を感謝すると思えば自然とできますよね。

あなたも神社に行ったら、ぜひ縁起を意識したお賽銭を入れてみてくださいね。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*