ライフスタイル 旅行

神社で愚痴を言ってもバチは当たらない!神様のカウンセリングとは?

この記事は約 4 分で読めます。
2,814 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

よく「神様に向かって愚痴や悪口を言ったらバチが当たる」なんて言う人がいますが、果たして本当でしょうか。
確かに、神社など神聖なる場所で愚痴を言ったら縁起が悪そうに感じるかもしれません。

ですが、どんな人間にも感情があり、いつも完璧な人間などこの世にいません。
神様は、私たち人間には感情があり、ときには泣いたり怒ったりすることがあるということをわかってくれています。

ですから、神社で愚痴を言ってもバチは当たらないのです。
とはいえ、神社に来て、ただ愚痴を言ったり、弱音を吐いたりするだけで運気が上がることはありません。

そこで、愚痴や泣き言を言いたいときの神社の利用方法についてお伝えします。

神社はカウンセリングルーム

そもそも愚痴や弱音を吐きたいというのは、何か嫌な出来事があったときなはずです。
例えば、大事な商談でお客様を怒らせてしまったとか、交際相手と激しくケンカしてしまったみたいにです。

そんなときはむしろ、感情を抑え込むと余計にストレスがたまるものです。
ストレスを溜め込むこと心にも体にもよくありません。

では一体どうすれば良いか?
それは、神様に苦しみを取り除いていただくのです。

神社に来たら、まずネガティブな感情を思い切り吐き出してください。
あなたはおそらく、嫌な出来事を思い出して怒りや悲しみが湧いてくるとおもいます。

そうしたら、心の中で「上司のバカヤロー」とか「ダメ人間の自分にはもううんざり」と愚痴や泣き言を唱えてみましょう。
それで多少はスッキリ感を得ることができるはずです。

もちろん、これで終わりではありません。
ネガティブな感情を引きずると、さらにネガティブな感情を引き寄せてしまいますから、あなたはイヤな気持ちを神社に置いて行く必要があります。

役に立つのがお守りです

たいていどこの神社にもお守りを置いていますよね。
ですから、お守りを手に入れて嫌な感情をはねのけてもらいましょう。

異性とのコミュニケーションが上手くいかないなら恋愛成就のお守り、ビジネスが上手くいかないなら商売繁盛のお守りというように、神様に愚痴を言うことでイヤな気持ちを吐き出し、もう二度とネガティブな感情にならないように、お守りで結界をつくるのです。
こうして考えると、神社で愚痴や弱音を吐くことは神様のカウンセリングを受けているように感じるでしょう。

これこそが神社の役割なのです。
神様はいつでもあなたの味方です。

愚痴や弱音が出るということは「今のままではいけない」という気づきを得ることです。
ですから、もし嫌な出来事に遭遇してネガティブな感情になったら、迷わず神社に来て神様のカウンセリングを受けましょう。

ゆっくりと深呼吸して、五感をフルに活用して一歩ずつ参道を進みます。
そして、拝殿についたら神様に嫌な気持ちを伝えます。

神様はあなたに様々なサインを送ります。
そこであなたは気づくのです。

これからどうすれば今の不満や不安を解消できるのか?を。
何も心配することはありません。

神様はあなたが正しい道を進むことを望んでいますから、あなたは人生を好転させる気づきを得ることができます。
このように、神社で愚痴を言ってバチが当たることはありません。

もし、あなたにバチが当たるとしたら、それは非人道的な行動をして他人を傷つけたときです。
当然、あなたはそんな悪いことはしないですよね。

日々の幸福を感謝しながら暮らしていれば、あなたの運気は必ず上がります。
神様のカウンセリングでぜひ苦しみを追い払ってくださいね。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*