成功マインド

夢を現実にするためのノウハウ

この記事は約 4 分で読めます。
1,392 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

まずは紙に書いて読み上げてみる

実現したい願望があれば、それを紙に書いてみるのがオススメです。
それだけなら誰でも手軽に出来ますし、何よりハードルが低いです。

それが出来たら、今度はそれを毎日のように大きな声で読み上げてみましょう。
そうすることで次第にその声が脳へと意識させ、計画が現実の行動に繋がっていき、その行動がいつの間にかいつもの自分とは違う自分へと変化させてくれるでしょう。

カードを貼りまくる

自分が、今一番気にしている事を一言、名刺くらいの大きさのカードにはっきり大きな字で書いておきます。
ポストイットも効果的ですね。

一言は端的な言葉で十分です。
例えば借金返済、就職、結婚などです。

それを数枚作り、普段目にする場所に1枚ずつ貼っておきましょう。
場所は机の上やいつも使っているパソコンなど、他の人に迷惑になったりしなければ、どこでもいいです。

プライベートな内容は、人目に付くとまずい場合もあるでしょう。
その場合は自宅のいつも目につく場所に貼ればいいのです。

また財布の中にも1枚入れておくのもアリです。
枕元にも置いてあれば寝る前にも目に留まります。

こうして常日頃から視覚に訴えられていると、いつの間にか脳に定着して自分の願いが無意識的に入り込み、その考えが行動に向かわせてくれるのです。

 

成功した気になってみる

成功したらどういう感覚になるのかを先にイメージすることも大切です。
例えば高級車の試乗でもしてみましょう。

それだけでも成功者のような気になったり出来るのです。
このように、自分が成功者になったらどういう気分になるのかを、イメージ・実践することで、脳は自発的に成功へのプロセスを歩み始め、さらに意識をすることで自分の行動も成功者に近づく行動へと変わっていくでしょう。

 

思い描き行動すれば求めるものが手に入る

七夕で願い事をかなえるために、短冊に願い事を書いたりしていた覚えのある人も多いでしょう。
でもこれだけでは不十分です。

そこに行動をプラスするのです。
例えばサッカーが上手くなりたいと願うだけでは、いつまで経っても上手くならないのと一緒で、そこに練習という行動を伴うわけです。

さらに、ただ漠然とサッカーが上手くなりたいと思い行動する人と、プロになると思い練習する人では、成長の度合いが違うのは当たり前のことです。
それはプロを目指す人は、プロのレベルがどこまでの練習を必要とするかをきちんと思い描き、計画し、それに基づいて行動するからです。

そのようにより具体的に思い描くことで、自分でも信じられない成長を感じることができ、求めるものへと一歩また一歩と歩を進めることができるのです。

 

楽しかった事を振り返る

人生息抜きや休息も必要でしょう。
そんな時は力を抜いて、一呼吸して瞑想でもしてみましょう。

無になったところで願望を声に出すと、それが全身に響き渡るかのように脳に深く刻まれます。
その時にセットで行って欲しいのは、目を一緒につぶってしまうことです。

人間は良くも悪くも視覚的な情報に非常に影響を受けるからです。
目をつぶることにより外部情報に邪魔されず、自分が思い描くことに集中できるのです。

この場合は楽しかったことですね。
逆に頭の中にいろんなことが駆け巡り、ごちゃごちゃしてしまっている時も、非常に効果的です。

朝、起きた直後や夜寝る前などがいいかもしれませんね。
僕自身も、日常的に実践しています。

その際、想像することは具体的でなるべく短い言葉にまとめましょう。
その方がイメージも湧いてきます。

このように、瞑想のついでに楽しかったことを思い出すという行為を習慣にしておくと、自分がなりたいと思う姿や、達成したいことなどを思い描く時にスムーズに移行できるようにもなります。

 

贅沢する日も必要

将来思い描いている成功者の姿には、いくら順調に近づいていても、すぐには実現出来ませんし、やがて疲れてしまうかもしれません。
けれど、それに悲観したり、自分はダメなんだと思う必要はありません。

むしろそうなって当然なのです。
なぜなら今までの自分とは違うことをやっているからです。

違うことをやっているからこそ、今まで感じたことのない不安や疲労を感じたり、壁にぶつかっていると感じるのです。
そこで月に1度くらいはちょっとだけ贅沢をしてみましょう。

そして成功者になるとこんな事が出来る、あるいはもっと贅沢が出来るはずと俄然やる気が湧いてくるのです。
例えば高級レストランで、美味しい料理を食べてみるなどです。

いつもとは違うカフェに行き、少し高いコーヒーを頼んでみたり、いつもは頼まないスウィーツを頼んでみるなどでもいいのです。
実際に成功者の真似事をする事で、成功者になる前のリハーサルをした気にもなれるのです。

こうなるとあとは真っ直ぐ成功者への道を進むだけとなるのです。

 

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*