成功マインド

転職生活を展望してみる

この記事は約 4 分で読めます。
1,123 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

悩ましき30代前半

人間の吸収力は大体、30代前半を過ぎると下降していきます。
ところがそれまでにある程度の経験を積んで仕事のスキルも上がっているとまだまだ向上出来るとも思うものです。

この頃になると自分に比べて職場の年配の上司などの不甲斐なさが目に付いてしまいもします。
それでも給料は自分より高く不満も生じるかもしれません。

あるいは同期の同僚に比べて明らかに能力があるのに同じ給料である事にさえ不満も生じかねません。
そんな不満の生じない正しい能力評価など出来る会社の方が少ないものです。

そこで会社の人たちを変えさせようと言う試みも、前向きではありますがこれは難しいです。
転職と言う発想も生じますが、転職せずともそのまま自分を会社の実態に合わせると言う選択もあります。

ただそこでムキになって自分を曲げようとせずに、転職すると言う選択もあるのです。

定年そして老後を考える

転職先の会社で定年を迎えるかと言われれば、おそらくその可能性はかなり低くはなります。
それでも定年後の社員の扱いについての情報は、会社の社員に対する扱い方や会社の現状を感じ取ることが出来ます。

定年の条件が良い会社でもそこで定年を迎えるのと若くしてその会社を去るのとどちらにもデメリットとメリットがあります。
ですが、若くて余力のあるうちに転職しておけばメリットが大きくなると思えます。

定年後、年を取っても仕事はしておかないと楽しい老後にもなりません。
それでも収入の減少は気にしない訳にはいきません。

年金と合わせての金額と定例的な出費額を差し引いて余剰資金を投資に回したくもなりますが、これは安定性には欠けます。
また、健康無くしてお金を持っていても仕方無いでしょう。

元気に仕事に取り組んでいられるようにしたいものです。

自宅は職場の近くに

転職するに当たって退職金などの給料面での損失は被るものですが、引っ越しにかかる経費もかかるものです。
しかし引っ越し先を職場の近くにすれば、引っ越しに伴うメリットは大きくなります。

職場が自宅から遠ければ、通勤に時間も経費も労力もかかります。
手当をもらえるとしても、近いのに越した事はありません。

遠くても家賃が安いとか環境が良いとかのメリットもありますが、それ以上のメリットがあるのです。

家族は大事に

転職する度に引っ越しすれば、子どもが転校したり奥さんのご近所付き合いも面倒がかかります。
仕事も慣れるまでは残業が続いたりもしがちで帰宅も遅くなり負担もかけるでしょう。

メンタル的にも落ち着かず家庭サービスも滞りがちになるかもしれません。
収入も不安定となれば「こんなはずじゃなかった」と結婚を後悔されるかもしれません。

当面はそれだけの迷惑もあえてかける心づもりは持っておくべきでしょう。
それでも納得のいかない奥さんであれば、それは奥さんとしては問題があると思っても然るべきでしょう。

ただそこで離婚でもしようものなら、財産の分与もする事になりますし生活自体も不便になるはずです。
それは大きなダメージでもありますので、普段から自分の仕事に対する考えなどを話し合い、理解を得られるようにするのも大切です。

転職は少なめに

転職はすればするほど良いと言うものではありません。
勤続年数が長いほど退職金なども有利になるのです。

むやみに転職しても経験は幅広くはなりますが浅過ぎてもしまいます。
就職も成功し人生1回も転職していない人は羨ましくもありますが、1回でも転職している人に経験ではかなわない面があります。

そういう意味では転職は1回だけで十分とも言えます。
ただ最初から一度の転職で終わらせようとするのも焦って失敗する恐れが高くなります。

そこで2回くらいに抑えようとしておきましょう。
結果的に適正な転職回数などはありません。

その人それぞれのものでの良し悪しでしかないのです。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*