成功マインド

成功する人としない人のたった一つの違い

この記事は約 3 分で読めます。
3,609 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたが描く理想の人生をすでに手に入れている人を、あなたは成功者と呼ぶと思います。
でも、その成功者は生まれたときから幸せな人生を歩んでいたのでしょうか。

もちろん、最初から貴族のように何不自由ない煌びやかな人生を送ってきた人もいると思いますが、それはごくごくわずかしかいません。
それに、巨万の富を得ているMicrosoftのビルゲイツやFacebookのマークザッカーバーグも生まれたときから成功者と呼ばれてきたわけではありません。

では一体いつどこで、私たち人間は平凡な人生と成功する人生に差がつくのか?

 

成功者とは

それは、成功するために始めた新しい習慣が定着するかどうかにかかっています。
毎年、新年を迎えると多くの人が

「今年こそはダイエットに成功したい」

「今年はもっと年収をアップさせたい」

と抱負を語ります。

しかし、半年後、1年後に振り返ったとき、その抱負を叶えている人はほとんどいないと思います。

「ハードルが高すぎた」とか

「自分には才能がなかった」と

どこかで妥協して挫折する人があなたの周りにもたくさんいると思います。
実を言うと、新しいチャレンジが続かないのは潜在意識が影響しています。

過去に同じような経験をしたことがないため、成功イメージがわかず結果の出ない日々に疲労感を覚えてあきらめてしまうのです。
でも成功者は継続して結果を出すから成功者と呼ばれるわけです。

 

戦略を立てる

実はそこに秘密があります。
多くの人が何かを始めても三日坊主で終わるのは戦略がないからです。

ビジネスには事業計画がありますし、医師には病気に対する治療計画があります。
それと同じで人生の成功にも綿密な計画が必要なのです。

つまり、戦略的に行動すれば新しい習慣は定着するのです。
誰でも新しいことを始めるときは不安があります。

それまで経験したことがないわけですから「失敗したらどうしよう」といった感情は当然つきまといます。
でも、「やってみたら意外と楽しかった」や「最初だから多少辛いのは仕方ない」といった感じで、2〜3日は我慢が効きます。

問題はそこから2週間くらいの期間です。
やはり慣れないことをしているだけあって、潜在意識は「だるい」「疲れる」「やっぱりやめようかな」とネガティブな言葉で過去のあなたに引き戻そうとします。

ここを乗り越えるかどうかが、その後のすべてを決めると言っても過言ではありません。
ダイエットや英会話もそれと同じ原理で、ある突然始めたせいで反動がくるのです。

ですから、こうしたことがあなたにも起こることを把握しなければいけません。
そして、反動がきたときの対策を立てることでストレスを感じる期間を乗り越えるのです。

新しいことを始めたら感情が揺れ動くということを最初からわかっていれば慌てたり、不安になることもありません。
こうして一定期間を過ぎると、今度は逆に新しく始めたことを続けない方がスッキリしない状態になります。

朝のランニングを始めて3週間が経つけど、今日は雨だからお休みと家でジッとしているとイライラしたり、心がモヤモヤしたりして結局ジムのランニングマシンで走るといったことが起こります。

このように一定期間続けることで、あなたの潜在意識が書き換わり制限がなくなり行動が定着します。
成功する人としない人のたった一つの違いは、この一定期間を戦略的に過ごせるかどうかが鍵を握ると言えます。

 

 

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*