成功マインド

数十秒で行動できる人になる

この記事は約 4 分で読めます。
1,512 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

悩んでばかりいても、なかなかアクションを起こすことが出来ないものです。
やるべきことをいつも先延ばししてしまう方もいるのではないでしょうか。

一方では、たった数十秒で決断し行動する人がいます。
これでは人生に大きな差が出て来てしまうのも仕方ないことです。

 

行動出来る人になるために

何も考えずに行動することがいいことではありませんが、敢えて散々悩む思考の癖を取り除くことであなたの人生が変わるかもしれません。
そこで思考の癖を認識することが大切です。

やらなければいけないことがあるのに、なぜ自分は先延ばしにするのかなど、一度自分の行動パターンをしっかり振り返る必要があります。
困難と出会ったとき、いくつかの思いが葛藤し合い考えが堂々巡りをして解決することが出来ないから、思考が停止してしまうことになります。

よって行動にストップをかけてしまいます。

 

一度葛藤をメモに書き出してみる

では何に対して葛藤しているのでしょうか。
メモに書き出すということは、書き出すことで心の中の葛藤を掃き出すことです。

このメモを有効活用して、今まで心の中で考えていた主観的な葛藤を排除し客観的に見つめてみましょう。
そして冷静に判断しなおす作業をします。

そうすることによって、葛藤は解決することができ目指すべきゴールを明確にすることが出来ます。
そこには整理された机上の葛藤の結果があるので混乱が起こることはなく、不安な思いも次第に消えていくでしょう。

メモに書き出して並べ替えたりしてみることで、自分はとても複雑なことに悩んでいたんだということも判るでしょう。
そんな葛藤が、心の中のメモのない場所で出来ると考えている方がおかしいのです。

心の中で整理して、右へやったり、左へやったりしているうちに自分の考え自体の記憶が薄れてしまったりして整理できないことに不安を感じていたりします。
整理されれば、やるべきことがおのずとわかってくるはずです。

どのような順番で何をしていかなければならないかということもわかってきます。
整理でき、自分で納得できればあとは行動するのみです。

 

実際に葛藤をどう解決していく?

実際にいちいちメモを取るなんてことが出来ないケースもあるでしょう。
その時しなければならないのは、真摯に向き合い自分自身と対話することです。

そのような方法によって心のねじれの問題は解決出来ると信じてください。
心の上辺ではなく、奥底に問いただして何を要求しているのか自分に聞いてください。

会社に行きたくないという願いに、なぜ、どうして、何を解決出来れば会社に行きたいと思うかなどを、全部聞いてください。
叶えることが出来ないのなら他の解決策を模索してください。

大事なのは自分の心としっかり対話することです。心の中でストライキを起こしている別の自分がいます。
ストライキを起こしている人の要求をしっかり聞かないでは、物事は絶対に解決することは出来ません。

 

自分一人で解決しようとしない

行動に移さない人は時間がないというかもしれません。
しかしそのような人たちは時間があっても結局は行動できない人たちなのです。

だからと言って、考えずに行動すれば良いということではありません。
行動を始める前に、数十秒立ち止まって他の解決策がないかを考えてみてください。

数十秒で解決策を見付けることは難しいことかもしれません…
自分一人では難しい問題なら、人間・物・お金・知識・情報・ノウハウ、他力も有効的に活用できないか考えてみましょう。

間接的に自分の力を引き出すものがあるのでは、ということをいつも意識して生活をしましょう。
そのときこそ数十秒での解決策に成功出来るでしょう。

 

 

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*