成功マインド

会社の成果主義との向き合い方

この記事は約 4 分で読めます。
1,023 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ランチタイムのあり方

職場におけるランチタイムは個人が解放される憩いのひとときと言う訳にはいかなかったりもします。
揃って社員食堂に行くのが習慣になっていたり、外食に出かけるようにしている職場もあるでしょう。

会社や上司の方針でランチタイムは仕事では得られづらい協調性を養える時間だとしての行動だったりするのです。
それも習慣になると当たり前のようにもなってしまい、その会社から転職したらランチは一人ぼっちになって寂しく感じたりもします。

転職先のランチタイムの状況はどうなのか、それも意外に貴重な情報にもなります。
傾向としては、ランチはそれぞれが食べられる時間に一人で食べられるようでないと、ビジネスがしづらくなるようです。

外資系企業では個人単位に仕事が任される風潮があるからです。

成果主義に傾く会社

年功序列社会は崩れ去りつつあります。
成果主義の端的に競争に強い組織を作れると言うメリットを押す声が高くなっているのです。

これまでの年功序列社会ではいくら成果を出してもそれが収入に反映するのは数十年も先になっていたのです。
これでは転職する訳にも行きませんので、どうしても会社間の人材交流も滞りがちになってしまいます。

国際社会の流れもあり、会社は生き残る為にも成果主義の導入は避けられません。
周囲の会社が続々と成果主義を導入していると能力の高い人材を奪われてしまいますので、自社も導入せざるを得なくなるのです。

ただこの成果主義の導入は会社にとって難しくもあり、上手にこなせていない会社も多いです。
いたって平等な扱いをしてくれる理想的な会社になれば、成果に応じて速やかに収入が得られるようになります。

そんな条件を求めて転職してくれる動機にもなるのです。

成果主義の対応

では成果主義の中でどう振る舞うのが効率が良いのかと言うと、それは株で短期運用をするイメージを持つ事です。
短期運用は1回のトレードでの利益は小さいがローリスクですのでチャレンジもしやすいものです。

それに対し年功序列主義では先の長い長期運用となります。
日本の会社の成果主義はまだ道半ばで成果主義も建前だけであったりもして納得出来ない事もあるかもしれません。

それならそれなりに臨機応変に対処するのが得策ともなります。
せっかくの成果主義を楽しまない手は無いと思って転職するのも間違いではないのです。

年次の扱いを気にする

人事の扱いにおいて外資系企業では年次と言う概念はありません。
日本型企業では入社何年目だと言う年次が人事に影響をもたらしていたのです。

現在では排除されつつあるものですが、それも会社次第です。
転職者にあっては過去の職歴から換算されますが、それは不利になりがちです。

転職するなら年次を逆転出来るチャンスに恵まれている会社に転職するべきです。

評価システムを気にする

転職先の会社を決めるにあたってその人事評価システムがどうなっているのかは大問題です。
これまで受けてきた評価が一切無くなるのですから、一定の評価を得られそうな感触の持てる会社にしましょう。

会社によっては受け入れ時点で実質マイナス評価からスタートさせる事もあります。
その反対に期待をかけられてか最初からプラス評価をされている場合もあります。

それならプラス評価をされる会社が良いかと思えば、そうとも言い切れません。
期待に応えられないと大きくマイナスされるリスクも感じられます。

こうしてみるとなるべく標準的な扱いをしてもらうのが一番でしょう。
転職者を受け入れる会社も分け隔てなく評価をするようにもなりつつあります。

それでももっと個別に評価出来る人事体制であるべきですが、現状では対処出来ていない面があります。
会社がどれだけの評価能力があるのか、遠慮せずに聞き込んで出来る要求もしてみましょう。

あっさり通ったりもしますので得になります。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*