成功マインド

ビジネスで光る★自分になる ~企業編~

この記事は約 4 分で読めます。
1,377 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

後編は、実際に企業する方に向けての光る★自分へのステップをお伝えします。

 

まずは、自分の状況にあった方法で

たとえば新しい仕事を始める上でいきなり大きな事務所を借りるのはリスクがあり、費用を回収できない可能性もあります。
現在では様々なレンタルサービスが利用できます。

レンタルでは少し手狭になったり、もっと場所が欲しいと思えるほど繁盛したあとで別の物件を探しても遅くはありません。
いきなり完璧を目指すと挫折してしまったり想像以上に辛くなってしまうかもしれませんので、自分が落ち着ける場所を作るということを念頭に置くことが大事なのです。

 

定期的に情報を発信できる場所を確保する

SNSは人に自分のことを知ってもらういい場所ですが、文字数制限などもあるので、たとえば料金体系やサービス内容を詳しく書くのには向いていません。
SNSとブログなどを併用していくことがおすすめです。

最初のうちは、コンテンツも少なく、見に来てくれる人もあまりいないかもしれません。
記事作成を日課にして続けていけば、アクセス数は増えますし、業界全体にアンテナを巡らせるいい練習にもなります。

書いた記事にあまり反響がなくても、それを反省として次に活かすことができます。
量が質を生みますので、たくさんの記事を書きながら試行錯誤することがアクセスアップに繋がります。

 

SNSを使う時間を決める

パソコンやスマートフォンなど、SNSはいろんな場所から見ることができます。
そのため、いつも気になって見てしまうという方も少なくありません。

しかし、人の反響は大事ですが、そればかり重視する人生になってしまうと幸せからは遠くなってしまいます。
いくら仕事が楽しくてずっと続けていたいと思えても、休息は必要です。

どうしても気になってしまうという方は、使用時間を決めて利用するといいでしょう。
SNSは使い方さえきちんと守れば、効果的に自分をアピールできる絶好のシステムです。

マナー等も含めて確認しながら、しっかりと利用していきましょう。

 

すべての情報が大事というわけではない

ネットにはいろいろな情報が転がっています。
情報収集は確かに大切ですが、極端に不安を煽るようなネガティブな情報をスルーすることも自分の気持ちを守る上では重要です。

第一線で活躍している人を見て憧れを感じるならどんどん見ていくと良いのですが、「こんなんじゃダメだ」「私にはできない」と思うようなら、いっそのこと見ないでおくというのもひとつの手です。

他の楽しいことを思い出したり、家族や友人と会話して気分を紛らわせましょう。

 

相場を知ること

メニュー料金を決めるには、ここでも情報収集が役立ってきます。
まずは同じようなことをしている他の会社のサイトなどをいくつも回って価格帯を知り、相場を調べます。

それから自分のサービスの価格を設定していきます。
このときにあまり安く設定しすぎると、確かに最初のお客様の食いつきは良いかもしれませんが、のちのち自分の首を締めることになりかねません。

もちろん高ければ良いというわけでもなく、適切な価格を設定することが大切です。
もし「希望の値段をもらうほどサービスに自信がない」
という場合は、最初は低めの価格から始めてみるのもおすすめです。

値上げはなかなかしにくいことですので、元々の料金から割引という形なら実践しやすいでしょう。
料金が決まったら、次にわかりやすいメニュー表を作りましょう。
知り合いに見てもらってダメ出しを受け、誰でもパッと見て分かるような表が作れたら言うことなしです。

 

チラシ、名刺はさっそく作る!

チラシは、自分を知ってもらう最初の取っ掛かりになるものです。
紙面サイズには限りがありますので、写真などで気持ちを惹きつけてから、SNSやブログなどを見てもらうようにしましょう。

といっても、いきなり業者にチラシや名刺をプリントしてもらうのは、予算上厳しいという方も多いかもしれません。
そんなときは、手書きで作ることもできます。

特に名刺は、いま持っていないからといって出会いのチャンスを逃すのは、とてももったいないことです。
どんなものでも良いのでひとまず作っておき、いつも持ち歩くようにしましょう。

 

おわりに

今回はビジネスで自分を輝かせるためのいくつかのステップをお伝えしました。
これからビジネスを始めるという方はよかったら参考してみてください。

 

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*