旅行

飛行機の上手な座席選びとは?

この記事は約 4 分で読めます。
1,078 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

飛行機は機材選びも重要とお伝えしましたが、チケット購入後に気になるのがやはり座席だと思います。
飛行機の利用経験が少ない人は、どの席に座っても快適さは同じと考えているかもしれません。

しかし、実際は座席位置によってかなりの差があると言えます。
とはいえ、その座席位置もさまざまです。

そこで、快適な空の旅を楽しむために上手な座席選びのポイントをお伝えします。

飛行機の座席の基本

飛行機は機材のサイズによって座席の配置が大きく変わります。
そのため、国内線と国際線でもメリットが異なります。

例えば、国内線はフライト時間が短いので、飛行高度が高くないので窓側の方が眺望を楽しむことができます。
でも、国際線ではその高度が高いので景色に変化がないため飽きがきます。

それに長時間フライトのため、お休みタイムには窓を閉めるように言われます。
またトイレに行こうとすると、通路側の人に断りを入れるなど、いくつかのストレスがかかります。

ですので、国際線の場合は通路側の方がメリットが大きいかもしれません。

最も快適な座席位置はどこか?

飛行機の座席は上級クラスが前方となります。
そのため、エコノミークラスの人は中方か後方の座席となります。

これについても、国内線と国際線で違いがあります。
国内線は入国審査もなければ機内食もありません。

ですから、後方の方が早く搭乗できるので、荷物スペースを確保したり、最後部のトイレが近いなどメリットがあります。
一方で、国際線は国内線のメリットがデメリットになる場合があります。

例えば、用意されている機内食が前方から順番に配られるため、希望のメニューが品切れに
なったり、主翼が近いことで比較的揺れが少ないといったメリットから後方よりも中方を好む人が多いと言われています。
また、人数が多く搭乗できる大型機では中方を選んだ方が、目的地で早く降りることができます。

入国審査が長蛇の列になる国では、少しでも早く飛行機を降りられる中方はメリットが大きいと言えます。

優先事項の多い上級クラス

ここまで、座席選びにおけるメリットとデメリットをご紹介してきましたが、上級クラスならそういう細かいことを気にしなくても済むのが事実です。
でも、上位クラスはお金がかかるからと敬遠する人も多いと思います。

しかし、国内線に限れば、そういう心配は無用かもしれません。
例えば、JALとANAには格安で利用出来る上位クラスがあります。

JALはクラスJとファーストクラス、ANAはプレミアムクラスです。
JALのクラスJはお手持ちの航空券の料金にわずか1000円追加するだけで利用できます。

クラスJは通常の席よりも前後の間隔が20センチ広く、肘掛の幅は3倍も違います。
ファーストクラスは、前後の座席間隔が約50センチ広く、国内線なのにアルコールや機内食
が無料で楽しめます。

ファーストクラスは普通席に8000円の追加と、クラスJに比べると割高ですが、座席設備や
サービス内容を考えれば利用価値は十分にあると言えます。
JALのファーストクラス同様に、ANAにはプレミアムクラスがあります。

プレミアムクラスは普通席に9000円の追加が必要ですが、無料の機内食とお酒に加えて、
国際線のビジネスクラスで使用されているスリッパや高性能のヘッドフォンなど質の高いサービスを受けることができます。
このように、上級クラスを選ぶのも快適な空の旅を楽しむ手段の一つです。

こうして考えると、飛行機の座席選びは知らないと損することが多々あると言えます。
エコノミークラスでも快適さが異なることや、上級クラスの利用で乗り心地のストレスをなくすなど、座席選びには様々な方法があります。

あなたも飛行機を利用するときはこうした情報をよくリサーチして予約することで、乗り心地の良い座席を選ぶことができるのです。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*