ダイエットと筋トレ 美・健康 美容と健康

糖質さえ抑えれば飲んで食って運動しなくても痩せてしまう

この記事は約 4 分で読めます。
1,202 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お酒もたっぷり飲み干せる

お酒のアルコールにはそれ自体のカロリーは高いのですが、アルコールのカロリーについては脂肪として蓄積されることはありません。
それでもカロリーだけを気にして我慢しているダイエットもあり、それでは禁酒も余儀なくされていたりもします。

糖質制限をしていれば、もちろんそんなことはしなくて良いのです。
お酒で問題になるのはお酒の中に糖質が含まれているかどうかにあります。

具体的にはビールや日本酒などの醸造酒であれば、原料の麦や米の糖分が含まれています。
また果汁などとシェイクされた甘いカクテルなども糖分は高くなっています。

赤ワインも醸造酒で原料もぶどうですので糖分が高そうです。
ですが、ワインにはそれ以上に肥満を抑制するポリフェノールがたくさん含まれていますので例外的に飲めるお酒になっています。

これに対し焼酎、ウイスキー、ブランデーなどの蒸留酒には糖分は含まれていません。
このようなお酒に種類さえ限定すれば、アルコール自体は十分楽しめますのでそれほどの苦痛にはならないでしょう。

脂肪燃焼運動などはしなくて良い

街中を重そうな身体を引きずるようにしてジョギングしている姿を見ると、それだけでダイエットするのは悲しくさえあるものです。
それが糖質制限ダイエットでは一切、不要なのです。

そもそも運動を少々したところで、消費したカロリー分の脂肪が燃焼してくれていると思っていたら間違いです。
運動で体重が減るのは、脂肪をエネルギーとして消費させるのではなく、筋肉が動くことによってブドウ糖をエネルギーとして消費させることにあるのです。

ブドウ糖が減ってくれれば、肥満を引き起こす原因となっているインスリンの分泌を抑えていくことになります。
それなら、わざわざ運動などしなくても最初からその糖質を摂取しなければインスリンの分泌などもさせずに済む訳です。

美味しいものを腹いっぱい食べられる

ダイエットと聞けばお腹が減っても空腹に耐え忍んでいる姿が連想されていたものです。
食べていても目の前に美味しいものが並んでいながら途中で止む無く中断するような悲壮感が漂うようでは継続するにはつらすぎます。

糖質制限ダイエットでは何と言っても特筆できるのが、カロリーの高い食品でもたくさん食べられることです。
脂のこってりしたステーキだろうが、がっつり食べられるのはとてもダイエットしている感覚とは遠く離れたものでしょう。

毎回の食事で美食を完食していながらのダイエットは、まさに誰もが待ち望んでいたダイエットであるはずです。
人間本来の持っている基本的な欲求である食欲を満たしていられますので、続けられないはずも無いのです。

これ以上、楽なダイエットは無い

こうしてみると、糖質制限ダイエットがいかに理論的にしっかりしたダイエットであるかは理解できるものでしょう。
しかもこれまでのダイエットのような変な気合をいれたりする必要も全くありません。

必要なのは押さえるべきポイントだけをしっかり押さえる心がけレベルのものだけなのです。
飲み食いする対象に糖質が極力入っていないものを選択していれば後は何でもありと覚えておきましょう。

お酒だってガンガン飲んでいられますから、飲み会に行っても遠慮したりせずに楽しいひとときが過ごせるものです。
ただ、糖質を摂らないと言う注意だけをしていれば全ては自由と言えます。

食品ごとに表示されているカロリーなどを気にして足し算して合計数値を気にしたりなどと言う面倒もありません。
運動だって時間と強度を掛け算して消費カロリーを気にしながらすることもないのです。

これだけシンプルで楽なダイエット法なのです。
誰もが手軽に取り組んで挫折することもなく目標も達成されるのは明らかでしょう。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*