副業

物販ビジネスの始め方|最初にするべきこととは

この記事は約 6 分で読めます。
144 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
物販ビジネスの始め方|最初にするべきこととは

今よりも余裕のある暮らしを実現するために、副業として取り組める物販ビジネスに興味を持つ方も増えています。せっかく挑戦するのであれば、最短ルートで利益を出していきたいものです。

物販ビジネスを始めるにあたって、最初に何から始めれば良いのでしょうか。今回は、「物販ビジネスに本格的に参入したい」という方のために、物販ビジネスの始め方、押さえておきたい考え方のポイントを解説します。販売や仕入れに活用できるサービスもいくつかご紹介しますので、ぜひご一読ください。

物販ビジネスとは

物販とは“物品販売”を略した言葉で、その名のとおり物品を販売して利益を得るビジネスのことです。メーカーや商社、仲卸業者などから物品を仕入れて、自分のショップで販売します。なお、小売店やフリマサイトから物品を仕入れる転売も、物品販売の一つに含まれます。

物販ビジネスの種類

物販ビジネスの種類には、国内転売・輸入転売・輸出転売・無在庫転売の4つのパターンがあります。

  • 国内転売
    一般的に“せどり”と呼ばれる物販ビジネスです。店舗に出向いて商品を仕入れる“店舗せどり”と、インターネット上で商品を仕入れる“電脳せどり”の2種類の方法があります。
  • 輸入転売
    中国の大手ECショッピングモール(タオバオ、アリババなど)から商品を安く仕入れ、日本国内のネットショップで高く販売します。
  • 輸出転売
    国内で仕入れた商品を、海外に向けて高値で販売します。人気アニメの限定グッズなど、希少性の高いアイテムは海外でも人気が高いです。
  • 無在庫転売
    自分のネットショップに注文が入ってから商品を仕入れるため、在庫管理や保管スペースの確保を心配する必要がありません。ただし無在庫転売を禁止しているECショッピングモールもあるので、必ず事前に規約を確認しておきましょう。

物販ビジネスの始め方:まずは不用品から

物販ビジネスの初心者は、まずは不用品販売から始めてみるのをおすすめします。部屋の片付けのついでに、値段の付きそうな物品がないかを探してみてください。自分にとっては不用品でも、それを欲しがっている人が意外といるものです。

商品を販売する流れをひととおりこなすことで、物販ビジネスの基礎的な部分を理解しやすくなります。頭のなかでイメージするだけでなく、実際に商品の登録・発送・顧客対応に慣れておくことが大切です。

最初の不用品販売は、集客力の高いヤフオク!で行なうのがよいでしょう。ヤフオク!では即決形式・オークション形式の2種類から出品方法を選べます。評価が少ないアカウントのままでは売れにくいため、最初のうちは利益を出すよりも、購入者から高評価をもらうことを優先しましょう。

物販ビジネスは考える順番が大事

物販ビジネスは考える順番が大事

不用品販売で物を売る感覚に慣れたら、不用品以外の物販にもチャレンジしていきましょう。物販ビジネスを成功させるためには、以下の内容を順番に考えていくことが大切です。

どこで売るか

せどり初心者の大半が、最初に「何を売るか」を考えます。しかし、たとえ売れやすい商品を見つけたとしても、販売する場所によって客層や需要が大きく異なる点に注意が必要です。物販ビジネスを始めるなら、「どこで売るか」を最初に考えましょう。

販売場所を決める際には、「プラットフォームを利用するのか」「個人のネットショップで販売するのか」を選択する必要があります。早めに利益を出したいのであれば、Amazonや楽天市場など、集客力の高い大手ECショッピングモールを選ぶのがおすすめです。

何を売るか(商品リサーチ)

販売場所が決まったら、その場所に合った商品をリサーチしていきます。大切なのは、その販売場所の客層を把握したうえで、顧客のニーズに合致する商品を用意することです。

商品のリサーチ方法は販売場所によって異なります。例えば、ヤフオク!の価格相場を調べるならオークファンを使うのがおすすめです。「売れ筋商品のはずなのに、なかなか売れない」という場合は、販売場所に合った商品なのか、再度見直す必要があります。

仕入れ先の選定

販売場所を決めて商品リサーチを済ませたら、最後に仕入れ先を検討しましょう。店舗に出向くか、ネットショップ、フリマサイトなど幅広い選択肢があります。

他のライバルと差を付けるためには、インターネット上での“検索力”が最も肝心です。自力で目的の情報にたどり着けるよう、日頃から検索力を磨いておきましょう。

販売、仕入れサービスに登録しよう

最後に、物販ビジネスを始めるなら覚えておきたい販売・仕入れサービスをご紹介します。集客のしやすさを優先するなら、以下のECショッピングモールを利用するのがおすすめです。

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • au PAY マーケット
  • ポンパレモール
  • Qoo10

ブログやTwitter、Instagramなど、SNSなどから集客可能な方は、以下のようなネットショップ運営サービスで出店するのもよいでしょう。

  •  MakeShop
  • カラーミーショップ
  • BASE(ベイス)
  • STORES(ストアーズ)

フリマアプリやオークションサイトも物販ビジネスには欠かせません。個人のユーザーが非常に多く、お宝商品が眠っていることも多いです。仕入れにも販売にもフル活用できます。

  • メルカリ
  • ラクマ
  • ヤフオク!

まとめ

物販で大きく稼ぐためには、「どの物販ビジネスに取り組むか」が非常に重要です。仕入れをどこで行なうのか、海外とのやり取りが必要なのか、在庫を抱えるリスクがあるのか、物販ビジネスの種類によって大きく異なります。それぞれの特徴を調べたうえで、自分に合った方法を選択しましょう。

物販で成功するためには、販売場所や商品リサーチ、仕入れ先の選定も非常に重要です。おおまかな流れやコツをつかむために、まずは気軽にチャレンジできる不用品販売から始めてみてはいかがでしょうか。

スキマ時間で始める副業Amazonビジネス

無料オンライン講座

副業初心者を応援する、
Amazonビジネスの
無料オンライン講座を開催中です。

スキマ時間を活用して副業が始められるとご好評をいただいています。

先着300名様限定 特別特典付き

ご登録いただいた方先着300名様に「複業
1年生が月10万収入を増やすためにまず読む本」
をプレゼント中です。

簡単登録!LINE友達追加で受講可能です。PC・スマホからお気軽にご参加ください。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*