Amazon物販

FBA大型商品の見分け方と納品方法を詳しく解説

この記事は約 6 分で読めます。
229 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

仕入れた商品をまとめてAmazonFBA倉庫に納品しようとすると、商品により納品先の倉庫が分かれてしまったことはありませんか?

商品カテゴリー別に,、受け入れ倉庫は分けられていますが、特に注意したいのは「大型商品」

大型ですから、送料もその分かかってきます。

FBA倉庫までの送料は出品者負担ですから、しっかり理解して仕入れをしておかないと、納品をしたら利益がなくなってしまった!なんてことになり兼ねません。

そこで今回は、大型商品の見分け方とその納品方法について詳しく解説していきますので、是非仕入れや納品の参考にしてみてください。

FBAの大型商品とは

AmazonFBA倉庫へ商品を納品する際は、標準サイズ商品と大型商品を同梱して送ることはできません。商品サイズや商品カテゴリーごとに管理する倉庫が分類されているからです。

では、大型商品とはどのくらいのサイズでしょうか。
Amazonでのサイズ要件は以下の通りとなっています。

商品のサイズ区分

大型商品のサイズ区分

45cm × 35cm × 20cm(長さ×幅×高さ)より大きく、重量が9kg超

一方、標準サイズの要件は以下の通りです。

小型/標準商品のサイズ区分

商品1点の三辺が45 × 35 × 20cm(長さ×幅×高さ)より小さく、重量が9kg未満

大型より大きい特殊大型サイズもあります。

特殊大型商品のサイズ区分

95cm × 70cm × 51cm(長さ×幅×高さ)より大きく、合計寸法が260cm以内であること
重量が50kg未満

※25kgを超える商品は、一時的に特殊大型商品に分類されます。

サイズ区分でのフルフィルメントセンターの分類

FBA納品時、購入者の需要分布とFBA倉庫の在庫バランス等により、最適なFBA倉庫が選択されます。

下の表は、各FBA倉庫が対応している商品のタイプとサイズを示しています。

以上のように、商品のサイズにより納品先FBA倉庫は違ってきます。

では、その大型商品の見分け方について見ていきましょう。

大型商品の見分け方

余分な送料を発生させないためにも、仕入れの段階で大型商品を見分けて利益計算をすることが必要です。その3つの方法をお伝えしますね。

商品のサイズ区分で見分ける

まずは、商品区分の定義を確認しましょう。

商品サイズは、以下のように分けられています。

この時、3辺のうち1辺でも超えると大型商品となりますので、注意してください。

標準サイズの商品とは、完全に梱包した状態で、
重量が9kg以下であると同時に、以下の範囲内に収まる商品を指します。

・ 45cm(最長辺)
・ 35cm(中間辺)
・ 20cm(最短辺)

これらの寸法を上回る商品は、すべて大型サイズとみなされます。

FBA料金シミュレーターで確認する

次にFBA料金シミュレーターを使って確認していきます。

FBA料金シミュレーターを開き、商品名やASINで商品を検索します。

商品が表示されたら、Amazonから出荷商品価格に販売価格を入力して、計算をクリックします。

すると、各手数料が計算されて表示されます。

フルフィルメント by Amazonの手数料の料金横の「▽」を押してみてください。
配送代行手数料が表示されます。

配送代行手数料(2021年6月16日出荷分よりの料金)

小型・・・290円
標準・・・381〜603円
大型・・・589円〜1,756円
特大型・・・2,755円〜5,625円

この商品の配送代行手数料は、975円。
上の料金設定に照らし合わせると、大型商品であることが確認できます。

AmazonSellerアプリで確認する

大型商品の確認は、外出先でもできるといいですよね。
AmazonSellerアプリでは、FBA料金シミュレーターと同じ確認をすることができます。

iPhoneの方はこちらから、Androidをお使いの方はこちらGoogle Playからアプリをダウンロードしてください。

アプリを開き、商品登録から商品名やASINを入力、商品を検索します。

商品が表示されたら、右端の「▷」から商品の詳細へ。
料金シミュレーターの画面になりますので、Amazonから出荷手数料出荷作業手数料を確認してください。

料金の見方は、前項と同じです。

配送代行手数料(2021年6月16日出荷分よりの料金)

小型・・・290円
標準・・・381〜603円
大型・・・589円〜1,756円
特大型・・・2,755円〜5,625円

※配送代行手数料は頻繁に更新されますので、定期的に確認をしてください。

大型商品の見分け方がわかったところで、その商品の納品方法をお伝えしますね。

大型商品の梱包納品方法

大型商品の梱包に関しては

【いくつかまとめて160サイズのダンボールに入る場合】

標準サイズの商品の納品と同じです。

商品外箱に商品ラベルを貼り、ダンボールに梱包して、ダンボールに送り状と配送伝票を貼り付けFBA倉庫に納品します。

【商品が1つだけの場合やダンボールに入らない大きさの商品の場合】

ハンディラップやプチプチで商品外箱を包み、その上から商品ラベル及びBOX商品開梱厳禁シールを貼ります。

さらにその上にハンディラップ等を一巻きし、そこに送り状と配送伝票を貼り付けてFBA倉庫に納品します。

FBA納品時の梱包方法FBA納品時にかかる送料等も別途記事にまとめていますので、是非ご参照ください。

まとめ

大型商品とは
「45cm × 35cm × 20cm(長さ×幅×高さ)より大きく、重量が9kg超」に該当する商品

見分け方は
・商品サイズ区分を確認する
・FBA料金シミュレーターの配送代行手数料で確認する
・AmazonSellerアプリの出荷作業手数料で確認する

【大型商品の出荷にかかる手数料は・・・589円〜1,756円】

納品に関しては
・一つのダンボールにいくつかの商品を同梱でいる場合は、標準サイズ梱包方法と同じ
・商品が1つだけの場合やダンボールに入らないサイズの商品は商品外箱をそのまま利用
ハンディラップやプチプチで包み、納品する

以上、大型商品の見分け方と納品方法について解説してきました。

送料がかかるからと敬遠しそうな大型商品も実は、利益のとれる商品がたくさんあります。
この記事を参考にうまく利益をとってAmazon物販で稼いでいってくださいね!

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*