Amazon物販

AmazonFBA在庫の返送/所有権の放棄方法

この記事は約 6 分で読めます。
191 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

AmazonFBAで商品を販売していると、商品の返送/所有権の放棄依頼の作成を行う必要がでてきます。

今回の記事では、そのケースと返送/所有権の放棄方法について詳しく解説していきます。

まず、どの様な時に在庫商品の返送/所有権の放棄が必要になるのでしょうか。

返送所有権の放棄を行う場合

AmazonFBA倉庫に納品した商品を返送/所有権の放棄を行うのは以下の場合になります。

・返品された商品が「販売不可」だった場合

・在庫になっている商品の「コンディションを変更」する場合

・「長期在庫保管手数料」の請求が発生する場合

・他販路での販売に変更する場合

それぞれ見ていきましょう。

返送された商品が「販売不可」だった場合

Amazonで商品を販売していると、販売不可在庫は必ず発生します。

例えば新品で販売した商品が、何らかの理由で開封されて返品返送された場合等ですね。

こういった場合はいくつか確認方法があります。

Amazonからのメールで確認する

販売不可在庫が発生した際のAmazonからの通知メールは以下です。

ここに記載がありますように、30日以内に返送処理をしなければ商品を廃棄されてしまいますので、Amazonからのメールは常に確認するようにしておきましょう。

Amazonセラーセントラルで確認する

Amazonセラーセントラルにログインし、在庫からFBA在庫管理に入ります。

画面右側の販売不可を選択すると、数字の入っているところが販売不可在庫として計上されているのが確認できます。

フルフィルメントレポートで確認する

Amazonセラーセントラルにログインし、レポートからフルフィルメントに入ります。

左端の支払い/ペイメント返金レポートをクリック

レポート期間を設定しレポートの生成を行います。
すると、指定期間内の販売不可在庫一覧が表示されます。

このレポートには購入者の返品理由が表示されます。

上記は一部で、この理由は固定選択理由ですから、詳細が知りたい場合はテクニカルサポートへの確認をおすすめします。

在庫になっている商品の「コンディションを変更」する場合

商品登録の際、コンディションを間違えて出品、FBA納品してしまった後はコンディションの変更ができません。「中古」を「新品」と登録してしまった場合等ですね。

コンディション違いのまま販売することは、返品やクレームにつながりますので避けたいところ。こういった場合は、一度手元に返送処理をして、商品再登録をして再度FBA納品をしましょう。

「長期在庫保管手数料」の請求が発生する場合

FBAでは、毎月15日に在庫一掃チェックを実施し、チェック実施日に保管期間が365日を超えた商品については、長期在庫保管手数料(10cm✕10cm✕10cmあたり17.773円)が発生します。

在庫の保管日数を確認するには、Amazonセラーセントラルの在庫から在庫健全化ツールをクリックし、在庫保管日数をクリックします。

すると、出品中の商品の在庫保管日数と長期在庫保管手数料の見積もりが表示されます。

また、右端の在庫保管日数レポートを開くと在庫保管日数のレポートをダウンロードすることができます。

以上のように在庫の保管日数を確認し、長期在庫保管手数料の発生しそうな商品は事前に返送処理をしておくことをおすすめします。

他販路での販売に変更する場合

また他に、FBAに在庫保管している商品に突然規制が入り販売できなくなる事も起こることがあります。

その場合には、Amazonでの販売はできませんので、一旦返送をかけて他販路で販売することが必要になります。

Amazonにはマルチチャンネルサービスがあり、FBA倉庫にある在庫をAmazon以外で販売した商品を配送するシステムを利用することができます。

ただしこのサービスは、楽天市場やYahooショップ、PayPayモール等一部サイトでの利用に限られ、ヤフオクやフリマサイト等での販売は規約違反になることがありますので、しっかり販売先の規約を確認した上で利用してください。

返送/所有権放棄の手数料

返送/所有権の放棄手数料は、対象商品ごとに請求されます。
請求は、在庫商品が発送または廃棄された後に行われます。内容は、セラーセントラルのペイメントレポートに表示されます。

料金は以下の通りです。

上記の手数料には10%の消費税が含まれます。

返送/所有権放棄の方法

在庫管理ページから

在庫商品の返送/所有権放棄は、在庫管理ページで返送(廃棄)する商品を選択し、詳細の編集から返送/所有権の放棄依頼を作成を選択します。

返送(廃棄)内容を入力し確認をクリックします。

返送推奨レポートから

セラーセントラルレポートからフルフィルメント
返送推奨レポート返送/所有権放棄依頼を開始をクリックします。

販売不可在庫の返送/所有権の放棄ページから

販売不可在庫の返送/所有権の放棄ページで返送(または廃棄)する商品を選択し、選択中の商品を一括変更ドロップダウンリストから返送/所有権の放棄依頼を作成を選択します。

有効な出品情報がないFBA在庫を修正ページから

有効な出品情報がないFBA在庫を修正ページで返送(または廃棄)する商品を選択し、選択中の商品を一括変更ドロップダウンリストから返送/所有権の放棄依頼を作成を選択します。

以上で返送/所有権の放棄依頼処理は完了です。

通常、返送/所有権の放棄依頼には10〜14日営業日以内で行われます。
ただし、ホリデーシーズン(10、11、12月)や依頼が集中する際は、30日以上の日数が必要になる場合があります。

作成した返送/所有権の放棄依頼の配送ステータスを確認するには、

・セラーセントラルで、返送/所有権放棄依頼の詳細レポートに移動し、確認したい依頼番号をクリックします。

・すべての返送済み商品を表示をクリック。

・問い合わせ番号欄に、配送業者名とお問い合わせ番号が表示されますので、各配送業者のホームページから配送ステータスを確認してください。

まとめ

AmazonFBAに在庫として置いている商品を返送/廃棄するのは

・返送されて「販売不可」になった商品

・在庫になっている商品の「コンディションを変更」する場合

・「長期在庫保管手数料」の請求が発生する場合

・他販路での販売に変更する場合

等が考えられます。

配送は通常10〜14営業日以内で行われ、返送にかかる手数料は各商品ごとに請求されますが、5,000gの大型商品でも200円と、とても安く利用することができます。

在庫数が多くなると、FBAに預けっぱなしで無駄な費用がかかっていることもあります。
定期的な在庫管理と返送のシステムをうまく利用して、無駄な損失を抑えていきましょう!

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*