Amazon物販

中古カメラ転売、仕入れのコツは?Amazonのおすすめカメラカテゴリも紹介

この記事は約 5 分で読めます。
388 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
中古カメラ転売仕入れ

自宅で転売やせどりを行なう場合は、商品の保管スペースに気を配らなくてはなりません。倉庫を借りるとなると手間や費用面の負担も増えるため、高価でサイズの小さい商品を優先的に選んだほうがよいでしょう。

この条件に当てはまるのが、「中古カメラ」です。

今回は、中古カメラの転売がなぜおすすめなのか、詳しい理由を解説していきます。Amazonの初心者向けのおすすめカメラカテゴリもご紹介しますので、ぜひご一読ください。

中古カメラ転売の4つのメリット

中古品の転売では、扱う商品によって利益の出方が大きく変わってきます。ここでは、中古カメラ転売のメリットについて見ていきましょう。

商品力が高いので売れやすい

カメラは流行に左右されにくく、価格の相場が一気に落ちることはありません。商品そのものの価値が安定しやすく、他のカテゴリと比べて売りやすいといえるでしょう。

また、カメラにはマニアが多いため、10年前のモデルでも飛ぶように売れるケースがあります。

偽造品が出品されにくい

中古品の出品で気を遣わなければならないのが、偽造品の選別です。偽造品と知らずに出品すると、出品用アカウントの凍結・閉鎖につながりかねません。

カメラは精巧に造られているため、そもそも偽造品が出回りにくいのがメリットです。中古カメラを仕入れる場合は、本物か偽物かを見極めるといった手間が省けます。

専門用語が多く参入障壁が高いため、競合が少ない

カメラは横文字が多い分野ということもあり、興味がない方にとっては知識を得るのが難しいかもしれません。しかし言い換えれば、他の分野よりも参入障壁が高く、転売のライバルも少ない傾向にあります。

最初にしっかりと勉強しておく必要がありますが、仕入れが簡単なカテゴリよりも儲けやすいため、物販初心者にもおすすめです。

単価の幅が広い

カメラ関連の商品は、安いもので数百円、高いもので数十万円と、単価の幅が広いという特徴があります。そのため、自分の資金量に合わせて仕入れを調整できます。

資金量の少ない物販初心者も、資金に余裕がある中・上級者も、中古品転売でしっかり稼ぎたい方はカメラカテゴリにぜひチャレンジしてみてください。

【中古カメラ転売】初心者にはデジタルカメラの仕入れがおすすめ

カメラといえば、デジタル系(一眼レフカメラ・ミラーレス一眼カメラ・コンパクトデジタルカメラなど)とフィルム系の2種類があります。現在は写真を保存しやすいデジタルカメラを使う方が大半ですが、カメラ愛好家のなかにはフィルムカメラを好んで使う方もいます。

物販初心者が中古カメラ転売で扱うなら、デジタルカメラからチャレンジしてみるとよいでしょう。デジタルカメラは利用者が多く、商品を仕入れやすく回転率も高いため、物販を始めたばかりでも比較的利益を出しやすいでしょう。

フィルムカメラに関しては、マニアを対象とするため利益率が高くなるものの、仕入れの難易度が高いのがネックです。そもそも、中古カメラの流通量が少ないため、フィルムカメラの商品を探すのに時間がかかります。

中古カメラ転売のおもな仕入れ先

転売用の中古カメラを仕入れるなら、中古カメラ販売店・リサイクルショップ・フリマサイト・オークションサイトなどを利用してみましょう。

実店舗に足を運ぶ場合は、直接目で見て商品のコンディションを確認できるというメリットがあります。店頭に並んだカメラを実際に見ながら、全体の相場観をつかむとよいでしょう。セール時期をうまく活用すれば、お得に仕入れることも可能です。

インターネット上で仕入れる場合は、商品の写真や説明文を見ながら、仕入れる価値がある品物かを判断しなくてはなりません。フリマサイトやオークションサイトの場合は、出品者の評価・レビューも確認しながら、慎重に仕入れを行ないましょう。

個人の出品者の場合は価格設定が甘い場合があるため、利益率の高いお得な商品を見つけられるかもしれません。

【カメラ転売】Amazonで売れやすいカメラカテゴリ一覧

Amazonで売れやすいカメラカテゴリは、以下のとおりです。

  • デジタル一眼レフカメラ(ボディ・レンズ・レンズキット)
  • コンパクトデジタルカメラ
  • ミラーレス一眼カメラ(ボディ・レンズ・レンズキット)
  • ビデオカメラ
  • アクセサリ類・備品

レンズキットを仕入れる際には、レンズが純正のものかを必ず確認しておきましょう。純正のレンズセットでなければ、Amazonで商品登録できません。

例えば、純正のボディと非純正のレンズの組み合わせはNGです。純正の組み合わせでない場合は、ばら売りで販売する必要があります。赤字リスクが高くなるため、ヤフオクやメルカリなど、個人出品者・転売業者から仕入れる際には、特に気を付けましょう。

まとめ

カメラをプライベートで使う機会が少ない方は、最初のうちは専門用語を覚えなければならないため、慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。しかし、リサーチをしているうちに必要な知識は身に付きます。

カメラ転売のようなライバルが少ない市場に飛び込むことこそ、利益を拡大するコツといえるでしょう。大切なのは、「利益を出せる商品を仕入れて、確実に売り切ること」です。物販を始めたばかりの方も、ぜひ中古カメラ転売にチャレンジしてみてください。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*