副業

副業におすすめの国内物販の鍵となる販売プラットフォームについて

この記事は約 8 分で読めます。
8,816 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

勤め先の給料以外で収入を得ることは決して難しいことではありません。 勤務時間以外に仕事をすれば良いのです。 そこで、副業となるわけですが、前回で述べたように国内物販がおすすめです。

サラリーマン・OLの特典を活用

アルバイトやパートも副業として有効な一手です。 ただ、極端な言い方をするとこの形態、自分の時間を売っている、浪費しているとも言えます。

自分が持っている特典を活用しましょう。

勤め人は信用がある

お気づきの人もいるかもしれませんが、勤め人の特典は、そう、信用です。 信用があるからこそ、クレジットカードが作りやすいのです。

国内物販に必須

クレジットカードは国内物販において必須のアイテム。 店舗仕入れにしろ、ネット仕入れにしろ、物販には資金が必要です。もちろん、少額資金で回転させる手法もありますが、より大きな成果を求めるならば、資金力の確保は欠かせません。また、仕入れに熱くなりすぎて生活費が足りないという場合のリスク回避にも対応可能。身分や収入がしっかりとした人ならではの特典と言えるのです。

販売プラットフォームの利用にも

仕入れ商品を販売するとき基盤となるのがプラットフォーム。販売プラットフォームの選択が、国内物販におけるキモです。プラットフォームを利用する際にも、クレジットカードの情報登録が必要となるケースが基本。なので、クレジットカードは必須なアイテムと言えます。

選択一つで大きく変わる

販売プラットフォームの選択は、とっても大切なポイント。 副業が本業に支障をきたすようでは本末転倒。万が一、国内物販が軌道に乗らず副業が失敗しても、本業があれば、贅沢は出来なくとも生きていくことは叶います。

失敗は経験値とも言います。失敗を糧に再び副業をということも可能となるわけです。

可能な限り外注化

本業に支障を与えず、副業を継続させるために必要なこと。答えは簡単、自分でおこなう副業の手間を減らせば良いのです。

後ほどより詳しく述べていきますが、物販副業は手間がかかります。仕入れに商品登録、梱包や発送、集客も忘れてはいけません。これらの作業の多くをカバーしてくれるプラットフォーム選びがキモなのです。

ここからは、物販ビジネスのノウハウをお伝えしていきましょう。

販売プラットフォームの種類

国内で物販する際にどのプラットフォームで販売していけばいいかという点ですが、私が今思いつく限り以下のようなプラットフォームが有名どころとして日本には存在しています。

モール型

  • amazon
  • ヤフーショッピング
  • 楽天

オークション型

  • ヤフオク
  • 楽天オークション
  • モバオク

フリマ型

  • メルカリ
  • ラクマ
  • paypayフリマ

このなかでもサラリーマンやOL、主婦のように時間に制約がある方が副業として国内物販に取り組むことを想定した場合、

私なら迷わずAmazonというプラットフォームの利用をおすすめしています。

ネット上のプラットフォームに出店する理由

何度も言っていますが、ビジネスで最も難しい「集客」をプラットフォームがおこなってくれることで、私達ビジネス初心者でも圧倒的なスピードで、結果を出していくことができます。どれだけいい商品を作っても、お客さんがいなけれ商売は成り立ちません。ビジネスをするうえではそれぐらい『集客』が重要なのです。

Amazonなどのプラットフォームに出店するということがどういう状態なのかをわかりやすく伝えると、こんなイメージです。

都内で最も人通りの多い超一等地に、超格安で路面店を出店し、そこに全国からお客さんが押し寄せてくる。状態。

これは、やばいです。不良在庫どころか、売れすぎて在庫補充が追いつかないような状況に陥るわけです。もちろん売れる在庫を置いていればの話ですが……

こういった状態を低コストかつ短期間で構築できるからこそ、インターネット上のプラットフォームに出店するわけです。

では、なぜAmazonなのか?

これからAmazonをメイン販路として国内物販(転売)に皆さんは取り組んでいくわけですが、これは具体的に言うと、Amazonにセラー(出品者)として登録をして販売 をしていくということです。

そこで、なぜ私がAmazonをオススメするのか?まずその理由からお伝えしましょう。

Amazonを利用することのメリット

  • 日本最大級の爆発的な集客力
  • 他プラットフォームに比べ圧倒的に手間が少ない
  • 売れる商品の幅が広いから仕入れが楽
  • FBAを利用することで半自動化が可能

⇒商品説明の記載、写真撮影、顧客対応などがほぼない。

⇒価格差がある商品が見つけやすい。

⇒FBAを利用することで、商品の保管・発送、お客さんとのお金のやり取り、返品対応も全部Amazon側がやってくれます。

  • 薄利多売や大量販売が可能
  • 仕入れの判断が簡単(後ほど詳しく)
  • 大口契約でも費用がとてつもなく安い

数少ないデメリット

  • オークション形式で販売、売り切ることが不可能
  • 売上金の入金サイクルが2週間に1回

⇒オークションだと落札から最短1日で入金されます。

  • 出品者評価が溜まりにくい
  • 販売手数料が商品カテゴリーによっては高い

⇒例えばDVDなんかは15%かかります。ということで、資金回転を最大化したり、不良在庫のリスクヘッジをするためにヤフオクを使い、基本はAmazonメインでビジネス展開していくスタイルが一番効率がいいですね。

メリットを見てわかるように時間のないサラリーマンや主婦が一番気になる手間が最大限省かれている点が、私がAmazonをおすすめする一番大きな理由となります。

Amazon販売では外せないFBA

先程のメリットのとこでも少し触れました、このFBAという仕組みですが、こちらについて詳しく触れていきますね。

FBA = Fulfillment By Amazon

参考:Amazon出品サービス概要より抜粋

FBAの主なサービス概要

FBAとはAmazon出品(出店)サービスを利用している出品者の

  • 商品保管
  • 受注処理
  • 入金管理
  • 注文商品の梱包、出荷(24H365D)
  • お客様への配送(24H365D)
  • 返品対応

これら最も手間のかかる作業をAmazonが全て代行してくれるサービスのことです。

これ本当にヤバすぎる仕組みです。しかもかかる費用も1個数百円(送料込み)レベルです!安すぎます。 また、FBAを利用することで、お客様の元にはAmazonから商品が送られてきます。もしあなたがAmazon利用者ならわかると思いますが、Amazonで商品を買うと 「Amazonで買った翌日(早いと買った当日)とかに商品が手元に届いた!」みたいな経験ありませんか?まさにあの経験を僕らが提供してあげられるのも、FBAサービスの魅力です。

そして、Amazonから商品が届くということは、Amazonの信用力、ブランド力、安心感が加わるわけです。しかも、即日配送というスピード感も。それでいて数百円で済みます。本当に最高すぎる、感謝の言葉しか見つからない神サービスです。

FBAを使ったマルチチャネルサービス

FBAを使うことを前提に、仕入れをして商品をまとめて倉庫に納品さえすれば、あとはお客様との個別連絡、入金、梱包、発送の全てをAmazon側がやってくれるので、家の中が商品でごった返すなんてこともなくなります。

さらにもっと言うと、今後ヤフオクや他のプラットフォームに販路を広げていくにしても、FBA倉庫に納品さえしておけば、「マルチチャネルサービス」により、Amazon以外で売れても、その購入者のもとにAmazonが商品を送ってくれるということもできます。つまり、Amazonを軸にレベルに合わせてどんどん物販ビジネスを広げていくことも可能です。

結論を言うと、「しっかりとした仕入れ」さえできれば、圧倒的に稼ぐことができます。写真撮影や個別のお客さんとのやりとり、入金管理や商品保管や個別の発送作業もやる必要がないのです。そのため副業にも最適です。

仕事中に売れても、また海外に旅行中でも、一切慌てる必要はありません。「受注しました」というお知らせメールでニヤニヤしてれば、あとはAmazonが勝手に対応してくれているわけです。私が大手ITメーカーの営業をしながら、圧倒的に効率的に大きな金額を稼げたのは、まさにこのFBAのおかげなのです。

つまりあなたが忙しいサラリーマンだったり、時間のない主婦であれば、私と同じように、このFBAをうまく活用して大きく稼ぐことが可能だということです。

どうですか?ワクワクしてきましたか?次はあなたが稼ぐ番です!それでは次はいよいよAmazonに出店するための準備をしていきましょう!

おわりに

副業でおこなう国内物販における販売プラットフォームの重要性、お分かりいただけたでしょうか。しっかりとした身分と収入の特典を活かし、ビジネスチャンスをモノにする。難しいことではありません。

神のようなサービスが味方となるのですから、一歩踏み出さないのは、勿体ないのです。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメント

  1. 長塩 康弘 より:

    最近 転売ビジネスをやってみたいという思いが強くなり、色々と自分なりに調べ始めたところです。
    思わずコメントを残したくなった最大の理由は「ありがとうございます」と本心からお伝えしておきたかったため…
    経験談に基づいた要点・アドバイスを読者の私たちに知ってもらいたいという想いが伝わりました。
    あらためて、「ありがとうございます」

    1. ぴろし より:

      こちらこそ最後まで読んでいただきありがとう御座います!

コメントを残す

*