Amazon物販

ビームせどりとは?初心者必見の基礎知識やメリット・デメリットを紹介

この記事は約 5 分で読めます。
273 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

“せどり”という言葉を聞いたときに、商品のバーコードにビームを当てて、掘り出し物を探している姿を思い浮かべる方も多いかもしれません。インターネット上で仕入れを行なう電脳せどりも人気がありますが、昔ながらの店舗せどりで利益拡大を目指す人も多数います。

今回の記事では、せどりの手法の一つである“ビームせどり”について、メリットとデメリットを解説します。「バーコードリーダーを店頭で使うのは、なんとなく抵抗がある……」という方には、別のもので代替する方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

そもそもビームせどりとは?

ビームせどりとは、店舗に陳列された商品のバーコードを一つずつスキャンして、せどりに必要な情報を取得していく手法のことです。数多くの商品のなかから利益の出る商品を見つけ出すためにも、商品ごとの相場や回転率などを手早く調べていかなくてはなりません。

ビームせどりでは、専用のバーコードリーダーやスマートフォンアプリを使ってリサーチを行ないます。バーコードで読み取るだけなので、必要な道具さえそろっていれば誰でも簡単に情報を取得可能です。

物販初心者で手持ちの資金が少ない場合は、まずはハードルが低い本のビームせどりから始めてみることをおすすめします。

ビームせどりのメリット

ビームせどりには、下記のようなメリットがあります。

リサーチの時間を大幅に短縮できる

せどりで稼ぐためには、利益率と回転率を考慮しながら商品を選定していかなくてはなりません。バーコードを読み取って情報を着々と得ていくビームせどりであれば、商品1個あたりのリサーチ時間が短くなり、仕入れの効率が格段に上がります。

リサーチや仕入れにかかる時間を節約できれば、その分取り扱える商品数が増えて、利益を拡大できるというわけです。時間の余裕もできるので、複数の店舗をチェックできるようになるでしょう。

初心者でも取り組みやすい

仕入れる商品を決める際、どのジャンル・商品からリサーチを始めれば良いのか、初心者のうちはわからないかもしれません。しかし、ビームせどりであれば、リサーチ作業を大量に行なえるため、利益の出る商品を見つけやすいです。

従来は、新しいジャンルの商品に取り組む際に、ある程度ジャンルごとの専門知識と経験が求められました。しかし、ビームせどりであれば、商品知識がそれほどなくても相場や回転率をスムーズにチェックできます。

物販初心者でも比較的早めに利益を出しやすいのが、ビームせどりの魅力です。

ビームせどりのデメリット

続いて、ビームせどりのデメリットを確認しておきましょう。

ビームせどり禁止の店舗もある

せどり自体は法律で禁止されている行為ではありません。しかし、転売に良い印象を持っていない方もなかにはいます。バーコードの読み取り作業を迷惑行為と見なされて、出入り禁止になるケースもあるため注意が必要です。

たとえビームせどりを容認している店舗であっても、「周囲の人の目が気になってリサーチに集中できない」という方もいます。初めのうちは心理的抵抗があるかもしれませんが、混雑していない日時から始めてみて、少しずつ作業に慣れていきましょう。

有料アプリを使う場合は費用がかかる

ビームせどりで本格的に稼ぐなら、有料のスマートフォン用アプリも検討する必要があります。バーコードリーダー機能のあるアプリは多数ありますが、無料版は機能が限定されていることが多いです。

有料アプリでリサーチを行なう場合、その分の費用が追加でかかります。しかし、有料アプリを使用することでリサーチの効率化が図れるのであれば、利益拡大のために必要な投資といえるでしょう。

ビームせどりをやるなら、バーコードリーダーを購入すべき?

ビームせどりは効率的に稼げる方法ですが、バーコードリーダーの赤外線は目立ちやすく、店舗の迷惑にもなりかねません。バーコードをスキャンしている姿を目立たないようにしたいなら、ビームせどり用のスマートフォンアプリを使うのがおすすめです。

バーコードリーダー機能のあるスマートフォンアプリには、以下のようなものがあります。

  • アマコード
  • プライスター
  • せどりすと(iPhone用)
  • せどろいど(Android用)
  • Amazonショッピングアプリ

まずは無料版のアプリから試してみて、気に入ったら有料版を検討してみるとよいでしょう。各アプリの特徴を知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

参考記事:
【せどり】バーコードリーダーアプリで仕入れも楽々!おすすめアプリ5選を紹介

まとめ

店舗せどりで利益を得たいなら、ビームせどりのやり方を覚えて効率化を図りましょう。

最初のうちはアプリの使い方に手間取り、商品選定の判断にも時間がかかってしまうかもしれません。しかし、ビームせどりの手順に慣れてしまえば、テキパキと無駄なく作業を進められるようになります。

商品1個あたりのリサーチ時間が短くなれば、売上アップのチャンスも広がります。ビームせどりは副業初心者でも取り組みやすいビジネスですので、気になる方はぜひチャレンジしてみてください。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*