Amazon物販

【せどり】バーコードリーダーアプリで仕入れも楽々!おすすめアプリ5選を紹介

この記事は約 5 分で読めます。
71 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

店舗せどりに取り組む方のなかには、「お店でお得な商品を探すのが楽しい」という理由で始めた方もいるのではないでしょうか。しかし、店舗で一つずつ商品情報を調べていくとなると、膨大な時間がかかります。この問題を一挙に解決できるのが、バーコードリーダーアプリです。

今回の記事では、せどりに使えるバーコードリーダーアプリについて紹介します。バーコードリーダーを購入すべきなのか、スマートフォンのアプリを使用すべきなのかを迷っている方は、ぜひご一読ください。

店舗せどりには、バーコードリーダーが必須

実店舗でせどりの仕入れを行なうなら、バーコードリーダーを必ず用意しておきたいところです。店舗せどりの場合は、バーコードリーダーをわざわざ購入しなくても、スマートフォンアプリで十分に対応できます。

バーコードを読み取るだけで商品情報を取得できるため、手入力で調べるよりも、リサーチの作業を大幅に効率化できます。売上アップのためにも、とにかくリサーチ量を増やして売れ筋商品を見つけていきましょう。

バーコードリーダーを使ったせどりの特徴、メリットやデメリットを知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

参考記事:
【初心者におすすめ】ビームせどりとは?基礎知識やメリット・デメリットを紹介

せどり用バーコードリーダーとして使えるアプリ5選

ここでは、バーコードリーダー付きアプリのなかから、特におすすめなものを5つ紹介します。「何を使えば良いのかわからない」という方は、無料で使えるものから試してみてください。

アマコード

アマコード(Amacode)を使えば、バーコード読み取りで商品価格や損益分岐点をスピーディーに調査可能です。商品情報もアマコード上で確認できるため、他のツールで調べ直す手間が省けます。

アマコードはiPhoneとAndroidのどちらにも対応していて、有料のPro版もあります。物販初心者にもおすすめのせどりアプリです。

プライスター

プライスター(pricetar)は、バーコードリーダー機能以外の機能も充実しています。ワンクリックで価格の自動変更が可能で、利益計算や在庫管理などの作業、売上や手数料、粗利益の計算もプライスターが自動で行ないます。

バーコード機能を使うためには、専用のスマートフォンアプリを使用します。iPhoneとAndroidのどちらでも使用可能です。

インターネットの使えるパソコンやタブレット端末など、インストール不要で利用できるのも良い点です。

せどりすと(iPhone用)

せどりすとには、商品バーコードの連続読み取り、検索機能、Amazonへの即時出品機能、リストの作成、CSV形式でのメール送信機能など、せどりに役立つ機能が充実しています。

せどりすとはiPhone限定のアプリで、有料版として“せどりすとプロ”や“せどりすとプレミアム”なども用意されています。

せどろいど(Android用)

せどろいどはせどりすとのAndroid版で、基本的な機能はほとんど同じです。無料で使用することもできますが、プレミアム会員に申し込むことで、せどろいどのプレミアム機能が利用できるようになります。

Amazonショッピングアプリ

Amazon公式のショッピングアプリでもバーコードリーダー機能を利用できます。検索方法は以下の3種類です。

  • 撮って検索:カメラで商品の実物を撮影して検索する
  • バーコード検索:バーコードをスキャンして検索する
  • 保存画面から検索:スマートフォンの画像イメージから検索する

このアプリが他のアプリと比べて優れているのは、バーコードがない商品でもカメラで認識できるという点です。

店頭でのリサーチをしているときに、バーコードのない商品を見つけることもあるはずです。そういったときのために、Amazonショッピングアプリの使い方もぜひ覚えておきましょう。

せどり用バーコードリーダーアプリなら、プライスターがおすすめ

無料アプリでもバーコードリーダー機能は使えますが、物販ビジネスに本気で取り組むなら、プライスターの利用を検討してみましょう。プライスターの特徴は以下のとおりです。

  • はじめの1ヵ月間は無料
    ※2ヵ月目以降は、月額5,280円(税込)
  • 「かんたん出品」機能で、出品業務を効率化
  • ワンクリックで価格の自動変更が可能
  • 売上、手数料、粗利益などを自動計算する売上集計機能も充実
  • 「サンクスメール機能」で、自動でお礼と評価をお願いするメールを送信可能
  • ユーザーの月間売上ランキングでモチベーションが続く
  • インストール不要、初期設定は3分で完了

無料で使えるアプリは機能が限られている場合が多いため、業務効率化を考えるなら、機能の充実したプライスターがおすすめです。月額料金はかかりますが、必要な投資は積極的に行なっていきましょう。

まとめ

せどりで商品を仕入れる際には、商品情報を確認し、綿密なリサーチをすることが大切です。特に店舗せどりをする際には、仕入れの際に現地で商品情報を得るためにも、せどり用バーコードリーダーアプリを用意しておくと便利です。

物販ビジネスでは、店舗せどり以外にも多数の稼ぎ方がありますが、スマートフォンやパソコンを駆使しながら、作業効率を最大限まで高めることが重要です。

アプリやツールのトレンドも、日々移り変わります。最新情報をチェックしつつ、効率化の工夫を積み重ね、せどりの売上アップを目指してみてください。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*