副業

無在庫物販の特徴とは?メリット・デメリットも併せて解説

この記事は約 5 分で読めます。
421 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

物販ビジネスには数多くの手法がありますが、そのなかでも赤字リスクが少ないといわれる手法が“無在庫物販”です。ただし、無在庫物販にチャレンジするのであれば、有在庫転売との違いをしっかりと理解しておく必要があります。予想外のトラブルを避けるためにも、無在庫物販の特徴を事前に確認しておきましょう。

今回は無在庫物販の仕組み、メリット・デメリットについてわかりやすく解説します。

無在庫物販の仕組み

無在庫物販とは、「在庫を持たずに商品を転売する」という物販の手法の一つです。
一般的な物販では、自分の資金を使って商品を仕入れたのちに商品登録を行ないます。一方、無在庫物販の場合、実際の仕入れは注文が入ってから行ないます。

物販ビジネスに取り組む方のなかには、無在庫物販の仕組みをうまく活用して大きく稼ぐ方もいます。ただし、本格的に取り組む前には、無在庫ならではのメリット・デメリットを把握しておきましょう。

無在庫物販のメリット

まずは、無在庫物販の魅力について見ていきましょう。

少ない資金で始められる

無在庫物販は、少ない資金からでも始められるのがメリットです。クレジットカードを活用すれば、カードの支払いを請求される前に売上が入るため、資金ゼロからでも始められます。
資金繰りの心配をすることがないので、初心者でもビジネスに集中しやすいといえるでしょう。

在庫を抱えるリスクがない

有在庫転売では、売れない商品を大量に仕入れてしまい、在庫を抱えてしまうケースがあります。損切りのタイミングを失い、赤字を抱えて物販ビジネスを続けられなくなってしまう方もいます。

また、有在庫転売の場合は売れない商品を売り切るため、安い価格設定で出すこともあります。これ以上損失を出さないための措置ですが、結果的に赤字になることが多い苦しい決断といえます。

それに対し、無在庫物販では売れた商品しか仕入れないため、余分な在庫を抱える心配がありません。そもそも最初から利益が得られる販売価格で出品しているため、赤字になる可能性がほぼないのです。

発送や梱包の手間がかからない

有在庫転売では、「仕入れ→販売→受注→梱包→発送」という流れで作業が進みます。

一方、無在庫物販の場合は「販売→受注→仕入れ」という流れです。商品を仕入れたあと、仕入れ先から購入者へ直接商品が届けられるため、自分で梱包・発送を行なう必要がありません。

保管スペースを気にせず大量に出品できる

無在庫物販では保管スペースを気にせず、好きなだけ出品することが可能です。保管スペース用の部屋や倉庫を借りる必要がなく、温度管理などの手間もありません。

リサーチ段階で売れる商品を見つけたとしても、大型家電のようなサイズの大きい商品は取り扱いが難しいものです。しかし無在庫物販であれば、保管・管理について悩むことなく、儲けが出そうな商品をピックアップできます。

無在庫物販のデメリット

無在庫物販で失敗しないためにも、以下のデメリットを把握しておきましょう。

出品管理作業に時間がかかる

無在庫物販は、利益を出せそうな商品を大量に出品して、そのなかから需要のある商品を見つけていくスタイルです。商品が売れたら、すぐに仕入れができるようにしなければならないため、大量に出品すればするほど出品の管理作業に時間を取られてしまいます。

出品管理作業を効率化するには、需要のある商品を見つけて、それを繰り返し販売することがポイントです。売れる商品だけに絞って販売するようにすれば、それだけ出品管理作業の手間が省けるでしょう。

クレームやトラブルが多い

注文を受けてから商品を仕入れるため、発送に時間がかかってしまいます。購入者の手元に商品がなかなか届かず、クレームを受けることも少なくありません。

また、商品を仕入れることができず、キャンセル対応をせざるを得ないこともあるでしょう。「プレゼント用として用意したのに予定日に届かない」「せっかく注文したのにキャンセルされた」ということがあると、悪い評価を付けられてしまいます。

アカウント停止のリスクがある

無在庫物販は、通常の物販よりもアカウント停止の危険性が高いことを知っておきましょう。発送まで時間がかかりすぎたり、キャンセル対応が多発したりすると評価が下がり、アカウント停止の可能性が高まります。

そもそも、物販に利用しているサイト自体が無在庫物販を禁止している場合もあります。その場合には、購入者から通報されてアカウント停止に至るケースもあるため、注意が必要です。

無在庫物販を行なうこと自体は法律違反ではありません。ですから、安心して物販を続けられるようにサイトの規約を確認し、アカウント停止の可能性を少しでも減らしましょう。

まとめ

無在庫物販には、在庫リスクや赤字リスクを避けられるという大きなメリットがあります。しかし、クレームやトラブルを避けられるように努力をしなければ、アカウント停止など取り返しのつかない事態に陥るかもしれません。

無在庫物販を行なう場合は、デメリットや注意点を理解したうえで、サイトの規約違反に気を付けながら取り組むようにしましょう。

物販ビジネスには無在庫物販以外にも多数の方法があります。リスクの度合いを比較しながら、自分に合った方法を検討してみてください。

スキマ時間で始める副業Amazonビジネス

無料オンライン講座

副業初心者を応援する、
Amazonビジネスの
無料オンライン講座を開催中です。

スキマ時間を活用して副業が始められるとご好評をいただいています。

先着300名様限定 特別特典付き

ご登録いただいた方先着300名様に「複業
1年生が月10万収入を増やすためにまず読む本」
をプレゼント中です。

簡単登録!LINE友達追加で受講可能です。PC・スマホからお気軽にご参加ください。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*