Amazon物販

Keezon(キーゾン)【月間販売個数確認ツール】の使い方

この記事は約 5 分で読めます。
803 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Keezon(キーゾン)の使い方

Amazon物販をしていく中で、2020年6月までは多くの方がモノレートを使ってリサーチをしていたかと思います。モノレート閉鎖後、代替ツールとしてkeepaを導入したけれど、見方が違って戸惑った方は多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのがこの、keepaの月間販売個数カウントツール「Keezon」です。
keepaにkeezonを足すことで、グラフ変動を数値化して表示してくれるので、モノレートとまったく同じ見方をすることができます。

モノレートに慣れていた方や物販初心者の方は、是非今回の記事を参考に使ってみてくださいね。

Keezon(キーゾン)とは

keezon(キーゾン)はkeepaに月間販売個数を表示する拡張機能です。
この機能を使うことで、より効率よく商品リサーチを行うことができます。

モノレートが2020年6月にサービスを終了しました。
keezonを使うことで、モノレートの代替としてまったく同じ見方ができますので、keepaの折れ線グラフが読み取りにくい方には特におすすめできます。

Keezon(キーゾン)の使い方

keezon(キーゾン)自体は無料で利用できますが、利用するにはkeepaの有料版(月額約1,800円程度)に登録しておく必要があります。

keepaの使い方に関しては、以下の記事をご参照ください。
「keepaの使い方」記事URL

Keezon(キーゾン)の導入方法

Chromeウェブストアから「キーゾン」を検索。「Chromeに追加」をクリックします。

登録が完了したら、Chrome画面右上のアカウントをクリック。「オプション」を選択してください。

「こちら」にアクセスをし、表示されている「Private API access key」をコピーして「Keepa API キー」に入力、「設定を保存する」を押して保存してください。
これで登録は完了です。

keepa商品ページに月間販売個数が表示される

keezon(キーゾン)を登録しkeepa商品ページにアクセスすると、月間販売個数が表示されます。

種別ごとに

  • 過去1ヶ月・・本日から1ヶ月前の日付まで
  • 過去2ヶ月・・1ヶ月前の日付から2ヶ月前の日付まで
  • 過去3ヶ月・・2ヶ月前の日付から3ヶ月前の日付まで

の数値を表示しています。

その商品が、どのくらいの期間でどれだけの個数売れているかが一目瞭然です。

補足データとして、ASINやJANコードも表示されています。仕入れリサーチをする際に、商品外箱等に記載されたJANコードとの照合がとれるので非常に便利です。

また、keezonを登録しておくことで、Amazon商品ページにも同様に月間販売個数が表示されるようになります。
わざわざkeezonを開いて検索しなくても商品ページでひと目で確認できることで、リサーチの効率化に繋がりますね。

keepa商品ページにランキング・価格詳細データが表示される

「調査日」「ランキング」「新品出品者数」「新品Amazon値」「新品出品者最安値」「中古出品者数」「中古最安値」の詳細履歴が表示されています。

keepaの折れ線グラフと同じ内容ですが、何月何日にいくらで売れたのかがさらにわかりやすく表示されています。

KeezonWEB

keezon(キーゾン)は拡張機能版だけでなく、WEB版でもグラフを確認することができます。

KeezonWEBの使い方

https://keezon.net/item/index
こちらにアクセスしてWEB版が表示されたら、ASINもしくはJANコードで商品検索を行います。

するとこのように、月間販売個数や価格詳細データが表示されます。

会員情報編集

ログイン後に「会員情報編集」から設定内容の編集を行うことができます。
パスワード変更の際は、現在のパスワードと新しいパスワードを入力することで変更できます。

スマホでのKeezonWEBの使い方

スマホでもkeezon(キーゾン)を使いたい場合は、WEB版がリリースされていますので登録しておきましょう。

https://keezon.net/
スマホから「Keezon WEB」に入り、登録のメールアドレスとパスワードを入力します。

WEB版が表示されたら、ASINもしくはJANコードで商品検索を行います。

keepaのグラフや価格詳細データが表示されます。

まとめ

keezon(キーゾン)の便利な使い方を簡単に説明しました。いかがだったでしょうか。

keepaにkeezon(キーゾン)を足して利用することで、過去1ヶ月〜3ヶ月間の月間販売個数がひと目でわかるようになりますので、仕入れをする際の「どの価格で売れるのか」の相場の判断にとても役立ちます。

グラフを読み取る手間が省けますので、より効率的なAmazon物販を行うためのツールとして取り入れてみてください。

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*