Amazon物販

【Amazon物販のメリット・デメリット】Amazon物販のコツ

この記事は約 7 分で読めます。
57 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
【Amazon物販のメリット・デメリット】Amazon物販のコツ

Amazon物販ビジネスは、Amazonの圧倒的な集客力やFBAというシステムにより

副業でも始めやすい
収益をあげやすい

と人気のビジネスです。

ですが、何もせずに出品して売れるかといえばそうではありません。

今回はAmazonで商品を販売していくコツやAmazon物販のメリット・デメリットについて徹底解説していきます!

Amazon物販ビジネスのメリット

2021年4月現在、Amazonを利用(閲覧含む)しているのは5,120万人と圧倒的な数字を誇っています。

自ら集客しなくてもこれだけの見に来てくれる人のいる市場。
Amazonは商品を販売するのに適した場所だと言えます。

では詳しくAmazonで商品を販売するメリットについてみていきましょう。

集客力が非常に高いので売れる商品を出品すれば自動的に売れていく

Amazonの月利用者数が5,120万人
平均利用回数は35回

自分で店舗を立ち上げてもこれだけの人を集めることはまずできませんよね。

この高い集客力をもつAmazonを利用することができるが、Amazonで商品を販売する最大のメリットです。

なぜなら、そこに「売れる商品」を「売れる価格」で出品しておけば勝手に売れていってくれるからです。

広告等を利用して自分の販売商品をアピールする必要はありませんね。

次のメリットはこれもAmazonのシステム、「FBA」です。

FBAを利用することでより売れやすくなる

FBAとは、Fulfillment by Amazonの略で、

注文を受けた商品の梱包から発送、決済までのすべてをAmazonが代行

してくれるAmazon独自のサービスです。

利用するのも非常に簡単です。

仕入れた商品を梱包してFBA倉庫に送る。これだけで注文管理や決済、24時間体制の配送といった時間をとられる作業をすべてAmazonが行ってくれます。

ですので、副業や時間のとれない人でも始めやすいビジネスになります。

そしてそのAmazonで出品する費用。
これも低価格なのがAmazon物販のメリットでもあります。

Amazonの出品の費用が安い

Amazonで商品を販売するには、Amazonでの出品者アカウントを作成月間登録料を支払うだけ。これだけで商品の販売を開始することができます。

月間登録料は以下の通り

Amazonには「小口出品」と「大口出品」の2つの販売プランがあります。

販売数が少ない人向けの「小口出品」プランは、1商品につき100円の基本成約料がかかります。

月に50点以上販売する人には「大口出品」プランがお得です。

月の販売数関係なく登録料4,900円のみでAmazonでの商品販売が可能です。

他のECのモール、楽天市場での安いプランで月に19,500円。しかも年間一括払いなので、Amazonでの販売のし安さがうかがえますね。

さて、Amazonでの販売のしやすさをお伝えしてきましたが、販売していく中で大事なことは売り上げた商品代金の回収があります。入金サイクルですね。

こちらもAmazonは非常に早いです。これもメリットの一つですね。

入金のサイクルが早いので資金を回転させやすい

一般的なECモールでの売上金の入金は1ヶ月程度かかりますが、Amazonの入金サイクルは14日。2週間に1回です。

また、申請により最短で1日での入金をすることも可能ですので、資金繰りの苦しい時にも非常に助かります。

以上、Amazonで商品を販売するメリットをみてきました。

ここまで見るとAmazonで商品を販売しない手はないと思うかもしれませんが、デメリットもしっかりとおさえておきましょう。

Amazon物販ビジネスのデメリット

Amazonの参入障壁は非常に低く、誰もが始めやすいです。
よって、その中での競争も起きやすいデメリットもあります。

価格競争が激しい

Amazonでは商品の安さが商品の売れ行きを左右します。
そして1つの商品に対して相乗り出品をしますので、出品者数の増加により価格競争が起きることがあります。

そのために、価格の相場や出品者数を考慮した仕入れリサーチが必要になります。

keepaを使った「売れるものを仕入れる」リサーチ法

販売手数料が高い

Amazonでは、売れた商品についてそれぞれに8〜15%の販売手数料が発生します。

Amazon販売手数料

売れた分だけ手数料がかかってきますので、このあたりも事前に理解と計算をした上で仕入れをする必要があります。

いくら集客力のあるAmazonでも、出品しただけでは売れないし利益はとれないということになりますね。

では、そんなAmazonの中で商品を売れるように販売するコツを見ていきましょう。

Amazonで商品を販売するコツ

メリットでお伝えしてきましたが、Amazon物販は手軽に始めることができるビジネスです。
ですが、ただ販売しただけでは商品は売れず不良在庫を抱えることになってしまいます。

そうならないために、Amazonで商品を販売するコツを詳しくみていきます。

売れる商品を販売する

まずは、販売する商品は「売れる商品」であることが大事です。
「売れるだろう」ではまったく売れません。

そのためには過去の販売実績データを読み取り、「売れる商品」であることを確認した上で仕入れをしましょう。

Amazon物販に必須のツール keepaの使い方

keepaを使った「売れるものを仕入れる」リサーチ法

「売れる」商品を仕入れて販売しても売れないケースがあります。

それは、「売れる価格」で販売していない場合です。

売れる価格で販売する

売れる価格とは?

よく初心者の方に見受けられるのは、このくらい利益をとりたいからこの価格で販売する。

また、過去この価格帯で売れていたから同じ価格で売れるだろう。

これでは、いつまで経ってもその商品が売れることはありません。

新品は基本的に「カート価格」での出品が売れる条件になります。

では、「カート」とは?

Amazonにはショッピングカートボックスといって商品ページに表示されている「カートに入れる」ボタンのことで、商品ページに表示された出品者を「カートをとっている」状態と言います。

新品を購入する際に、出品者を見に行って購入することはしませんよね?

ですので、このカートをとっている出品者から新品は売れていきます。

売れる価格=カート価格となります。

カート獲得率を上げる条件

カートをとるにもFBAを利用した方が、カートはとりやすくなります。

FBAを利用する

FBAを利用することのメリットはお伝えしてきましたが、

FBAを利用することでPrimeマークがつきます。

Primeマークがつくことのメリットは、

売れやすくなります!

AmazonPrimeの商品は
注文した当日もしくは翌日に商品が手元に届く。
配送料は無料。

これと、

AmazonPrime以外の
注文から商品到着までに数日を要する。
配送料も別途かかる。

これでは、どちらが選ばれるでしょうか。
当然Primeですよね。

商品によっては、Primeではなく自己発送がいい場合もありますが
まず売れるためにはFBAを利用し、Primeであることが必須になります。

まとめ

Amazonでの販売についてメリット・デメリットと販売のコツをお伝えしてきました。

【メリット】
・Amazonの集客力が非常に高い
・FBAを利用できるので作業の効率化が図れる
・Amazonの出品費用が安い
・入金サイクルが2週間に1回と早い

【デメリット】
・価格競争が激しい
・販売手数料が高い

【Amazonで商品を販売するコツ】
・「売れる商品」をデータから読み取る
・「売れる価格」新品はカート価格で販売する
・FBAを利用してPrimeで販売する

ぜひこの記事でメリット・デメリットをしっかりとおさえた上で、販売のコツをつかんでAmazon物販ビジネスにチャレンジしてみてくださいね!

  • 気に入ったらブックマーク!はてブする このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!Twitterを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*